Check out what’s new from Firebase at Google I/O 2022. Learn more

Google アナリティクスを使用してクラッシュ レポートの指標を取得する

Google アナリティクスは Firebase の分析エンジンです。アプリ内でアナリティクスと Crashlytics を組み合わせて使用すると、問題を生成してクラッシュ データを細かくトラッキングするための機能を利用できます。たとえば、クラッシュが発生していないユーザーをトラッキングしたり、クラッシュの前の特定のイベントを追跡するパンくずリストや BigQuery を利用したりすることができ、アプリの主要な指標を可視化できます。

このガイドでは、Crashlytics が設定されているアプリにアナリティクスを追加する方法について説明します(アプリに Crashlytics をまだ追加していない場合は追加してください)。

ステップ 1: Firebase 構成ファイルを追加する

  1. [プロジェクトの設定] を開きます。[マイアプリ] カードで、構成ファイルが必要なアプリのバンドル ID をリストから選択します。
  2. [GoogleService-Info.plist をダウンロード] をクリックして、Firebase Apple プラットフォーム構成ファイル(GoogleService-Info.plist)を取得します。

  3. 構成ファイルを Xcode プロジェクトのルートに移動します。メッセージが表示されたら、構成ファイルをすべてのターゲットに追加するオプションを選択します。

プロジェクトに複数のバンドル ID がある場合は、Firebase コンソールで各バンドル ID を登録済みアプリに関連付けて、各アプリで固有の GoogleService-Info.plist ファイルを使用できるようにする必要があります。

ステップ 2: アプリにアナリティクス SDK を追加する

Swift Package Manager を使用して Firebase の依存関係のインストールと管理を行います。

  1. Xcode でアプリ プロジェクトを開いたまま、[File(ファイル)] > [Swift Packages(Swift パッケージ)] > [Add Package Dependency(パッケージの依存関係を追加)] の順に移動します。
  2. プロンプトが表示されたら、Firebase Apple プラットフォーム SDK リポジトリを追加します。
  3.   https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk
      
  4. Google アナリティクス用の Firebase SDK を追加します。IDFA の収集を行うライブラリ、IDFA の収集を行わないライブラリのいずれかを選択してください。
  5. 上記の作業が完了すると、Xcode は依存関係の解決とバックグラウンドでのダウンロードを自動的に開始します。

次に、Firebase モジュールを構成します。

  1. UIApplicationDelegateFirebaseCore モジュールと、アプリのデリゲートが使用する他の Firebase モジュールをインポートします。たとえば、Cloud Firestore と Authentication を使用するには、次のようにします。

    Swift

    import FirebaseCore
    import FirebaseFirestore
    import FirebaseAuth
    // ...
          

    Objective-C

    @import FirebaseCore;
    @import FirebaseFirestore;
    @import FirebaseAuth;
    // ...
          
  2. FirebaseApp 共有インスタンスを構成します。通常はアプリの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドで行います。

    Swift

    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];

Google アナリティクスを使用するようにアプリが設定されました。

次のステップ