Firebase Performance Monitoring 自動トレース

トレースは、アプリにおいて 2 つの時点の間で取得されたパフォーマンス データのレポートです。Performance Monitoring SDK をインストールすると、次のトレースが自動的に提供されます。

  • アプリ起動トレース。ユーザーがアプリを開いてからアプリが応答可能になるまでの時間を測定します。
  • 画面トレース。画面のライフタイムを対象とし、遅いフレームとフリーズしたフレームを計測します。
  • アプリ バックグラウンド中トレース。アプリがバックグラウンドで実行されている時間を測定します。
  • アプリ フォアグラウンド中トレース。アプリがフォアグラウンドで実行され、ユーザーが利用できる状態になっている時間を測定します。

自動トレースの定義

Performance Monitoring は、アプリでのメソッド呼び出しと通知を使用して、自動トレースの開始または停止を判断します。

トレース名 iOS Android
アプリ起動 アプリケーションが最初の Object をメモリに読み込んだときに開始し、アプリケーションが UIApplicationDidBecomeActiveNotification 通知を受信した後に発生した最初のループに成功すると停止します。 アプリの FirebasePerfProvider ContentProvideronCreate メソッドを完了すると開始し、最初のアクティビティの onResume() メソッドが呼び出されると停止します。アプリがアクティビティによってコールドスタートされたのではない場合(たとえばサービスやブロードキャスト レシーバによって開始された場合)、トレースは生成されません。
画面 アプリが viewDidAppear: を呼び出したときに keyWindow のすべての UIViewController に対してそれぞれ開始し、アプリが viewDidDisappear: を呼び出したときに停止します。画面トレースは、正規のコンテナビュー コントローラをキャプチャしません。 アプリが onActivityStarted() を呼び出したときにすべての Activity クラスに対してそれぞれ開始し、アプリが onActivityStopped() を呼び出したときに停止します。
アプリ バックグラウンド中 アプリケーションが UIApplicationWillResignActiveNotification 通知を受信すると開始し、UIApplicationDidBecomeActiveNotification を受信すると停止します。 フォアグラウンドから切り替わる最後のアクティビティで onStop() メソッドが呼び出されると開始し、フォアグラウンドに切り替わる最初のアクティビティで onResume() メソッドが呼び出されると停止します。
アプリ フォアグラウンド中 アプリケーションが UIApplicationDidBecomeActiveNotification 通知を受信すると開始し、UIApplicationWillResignActiveNotification を受信すると停止します。 フォアグラウンドに切り替わる最初のアクティビティで onResume() メソッドが呼び出されると開始し、フォアグラウンドから切り替わる最後のアクティビティで onStop() メソッドが呼び出されると停止します。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。