Firebase Remote Config とアナリティクスを使用する

Firebase Remote Config と Firebase 向け Google アナリティクスの両方を含むアプリを作成すると、アプリのユーザーについて詳細に把握し、ユーザーのニーズにすばやく対応することができます。アナリティクスのユーザー プロパティを使用して、柔軟かつ正確にユーザー層のセグメントに対してアプリをカスタマイズできます。

Firebase 向け Google アナリティクスによるアプリの使用状況の分析については、アナリティクスの概要をご覧ください。

Remote Config およびユーザー プロパティ

Remote Config で、アナリティクスのユーザー プロパティを使用して条件を作成できるようになりました。これにより、定義したユーザー層のセグメントに対するアプリのカスタマイズが、以前よりも格段に正確にできるようになります。

Remote Config とアナリティクス ユーザーリストを使用する場合、ユーザー プロパティを使用するときにはない、いくつかの制限があります。具体的には、ユーザーはユーザーリストが割り当てられると、そのユーザーリストの永続的なメンバーになります。これに対して、ユーザー プロパティは特定のユーザーに対して一時的にのみ有効になるように定義できます。

たとえば、所要時間と難易度が異なるさまざまなエクササイズ アクティビティがあるエクササイズ アプリで使用するため、次のユーザー プロパティを Firebase 向け Google アナリティクスで定義できます。

  • Exercise_Interest
  • Preferred_Exercise_Duration
  • Preferred_Difficulty_Level

次に、これらのプロパティを使用する条件を(個別に、または組み合わせて)作成して、特定のユーザーに対してアプリの外観や動作をカスタマイズできます。たとえば、ランニングに興味を持っているユーザーには、アプリのロード中にジョギングする人の画像を表示するようにアプリを設計することができます。または、エクササイズの所要時間と難易度によってユーザー層のセグメントを定義して、アプリを起動したときに、カジュアル ユーザーには最初に短時間の簡単なワークアウトの提案を表示し、本格的なアスリートには 40 分間のランニングから始める提案を表示することができます。

ユーザーの行動にユーザー プロパティを変えるような変化があった場合、Firebase 向け Google アナリティクスによってこれらの更新が収集され、次回のフェッチ リクエスト後にアプリ インスタンスの動作と外観が変更されることがあります。あらゆる演算子を使用できるため、特定のユーザー プロパティ(またはプロパティの組み合わせ)を持つユーザーを除外したり含めたりするルールを作成できます。

また、他の Remote Config ルールとユーザー プロパティに基づくルールを組み合わせて、カスタマイズしたアプリの動作を、次のようにユーザー層に配信することができます。

  • ヨガが好きで(Exercise_Interestyoga に完全一致)、Android 搭載端末でアプリを使用していて(OS type == Android)、カナダにいる(Device in region/country == Canada)ユーザー
  • ウェイト リフティングまたは減量に興味があり(Exercise_Interestweight が含まれる)、英語 UI(Device language ==English)の iOS 搭載端末でアプリを使用しているユーザー(OS type == iOS

次のステップ

ユーザ プロパティの詳細については、以下のガイドをご覧ください。

ルールを組み合わせることで条件を作成する方法については、Remote Config のパラメータと条件をご覧ください。

プロジェクトに Remote Config の条件を追加するには、条件を追加または編集するをご覧ください。パラメータ、ルール、条件は Firebase コンソールで作成できます。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。