チュートリアル:AdMobの広告頻度を最適化する

ステップ1:AdMobを使用して、テスト用の新しい広告ユニットのバリエーションを作成します


はじめに: Firebaseを使用してAdMobの広告頻度を最適化する

ステップ1:AdMobを使用して、テスト用の新しい広告ユニットのバリエーションを作成します

手順2: FirebaseコンソールでA/Bテストを設定する
ステップ3:アプリのコードでRemoteConfigパラメーター値を処理する
ステップ4: A / Bテストを開始し、Firebaseコンソールでテスト結果を確認します
ステップ5:新しい広告フォーマットを展開するかどうかを決定する


開始するには、最初に新しい広告ユニットを作成してから、アプリのコードに広告を実装する必要があります。

このチュートリアルでは、テストケースの例としてインタースティシャル広告フォーマットを使用します。ただし、このチュートリアルを読むときは、同様の手順に従って、他の広告フォーマットのフリークエンシーキャッピングを実装およびテストできることに注意してください。

広告ユニットを作成する

新しいインタースティシャル広告ユニットを作成する方法を示すAdMobUI

  1. AdMobアカウントで、新しいインタースティシャル広告ユニットを作成します。

  2. 周波数上限を設定します。

    1. AdMob UIの[詳細設定]を展開し、フリークエンシーキャップを有効にします。

    2. テストする広告の頻度を指定します。既存の広告ユニットで使用されている頻度よりも高い頻度を選択してください。

    たとえば、既存のインタースティシャル広告ユニットでユーザーあたり10分あたり4インプレッションが表示されているが、上限をユーザーあたり10分あたり6インプレッションに増やすことができるかどうかをテストするとします。

    比較する広告ユニット全体で、継続時間(つまり、「10分あたり」)の一貫性を保つことをお勧めします。ただし、他の広告ユニットの設定はこの特定のチュートリアルでは重要ではないため、アプリに適した設定を選択してください。

    新しい広告ユニットのフリークエンシーキャップを設定する方法を示すAdMobUI
  3. さらに高い周波数上限をテストするために別のインタースティシャルユニットを追加する場合は、上記の手順を繰り返します。このチュートリアルでは、ユーザーあたり10分あたり8インプレッションの別の広告ユニットを作成しました。

広告ユニットを実装する

新しい広告ユニットIDとSDKを統合するための手順を表示するAdMobUI

各広告ユニットを作成すると、AdMobは広告ユニットの一意の広告ユニットIDを提供します。アプリに広告を実装するために必要になるため、AdMobアカウントでこの広告ユニットIDを見つける場所を覚えておいてください。

画面の指示に従って、Google Mobile Ads(AdMob)SDKを統合し、新しい広告ユニットをアプリに実装します。

2つの新しいインタースティシャル広告ユニットを作成すると、この特定のアプリのAdMobアカウントに3つの広告ユニットが表示されます。このチュートリアルの次の手順では、同じ広告プレースメントを使用したA/Bテストでこれらの各広告ユニットを使用するようにFirebaseを設定します。

アプリのすべての広告ユニットを表示するAdMobUI




はじめステップ2 :FirebaseコンソールでA/Bテストを設定する