Firebase 向け Google アナリティクスplat_iosplat_androidplat_cppplat_unity

Firebase 向け Google アナリティクスは、アプリの使用状況とユーザー エンゲージメントについて分析することができる、無料のアプリ測定ソリューションです。

Firebase は、無料で無制限の分析ソリューションである Firebase 向け Google アナリティクスが中核となっています。アナリティクスは Firebase 機能と統合されていて、Firebase SDK を使用して定義できる最大 500 種類の一意のイベントに対応可能な無制限のレポート作成機能を備えています。アナリティクスのレポートを見ることでユーザーの行動を明確に把握することができるため、アプリのマーケティングやパフォーマンス改善に関する意思決定を確かなデータに基づいて行うことができます。

iOS の設定 Android の設定 C++ の設定

主な機能

無制限のレポート アナリティクスでは、最大で 500 種類のイベントに関するレポートを生成できます。
オーディエンス セグメンテーション 端末データ、カスタム イベント、またはユーザー プロパティを元に、Firebase コンソールでカスタムのユーザーリストを定義することができます。定義したユーザーリストは、新機能や通知メッセージのターゲットとして、Firebase の他の機能で使用することができます。

仕組み

Firebase 向け Google アナリティクスは、公開した iOS アプリや Android アプリがどのように使用されているかを把握するのに役立ちます。SDK が複数のイベントやユーザー プロパティを自動的に収集するのに加え、カスタム イベントを定義して、ビジネスで重要な独自の指標を測定することもできます。収集されたデータは Firebase console のダッシュボードで参照できます。このダッシュボードでは、データに関する詳細な情報を確認できます。得られる情報には、アクティブ ユーザー数やユーザー属性をはじめ、最も購入されているアイテムを識別する詳細データなどがあります。

アナリティクスは、その他の数多くの Firebase 機能と統合されています。たとえば、Notifications Composer 経由で送信された通知メッセージに対応するイベントのログを自動で記録し、各キャンペーンの効果に関するレポートを作成できます。

アナリティクスでユーザーの行動を把握できるため、アプリのマーケティング方法に関する意思決定を、確かなデータに基づいて行うことができます。また、オーガニック チャネルと有料チャネルそれぞれで行うキャンペーンの効果を測定し、優良ユーザーの獲得に高い効果を発揮する手法の選別に役立てることもできます。カスタム解析を行ったり、データを他のソースと結合させたりする必要がある場合は、Analytics のデータを BigQuery とリンクさせて、巨大なデータセットに対するクエリや複数のデータセットの結合などといった複雑な解析を行うことができます。

他のサービスとの統合

BigQuery Firebase アプリを BigQuery とリンクさせ、アナリティクス データセット全体に対してカスタム解析を行ったり、他のデータソースをインポートしたりできます。
Firebase Crash Reporting アナリティクスはクラッシュが発生するたびにイベントをログに記録します。バージョンごとやリージョンごとにクラッシュ発生頻度を把握できるため、影響を受けるユーザーに関する洞察が得られます。また、クラッシュが複数回発生しているユーザーのリストを作成し、そのリストを対象に通知メッセージを送信することもできます。
FCM アナリティクスは、Notifications Composer 経由で送信された通知メッセージに対応するイベントのログを自動で記録したり、実行した各キャンペーンの効果に関するレポートを作成したりすることができます。
Firebase Remote Config アナリティクスのユーザー定義を使用して、複数のバージョンを用意することなく、ユーザー層ごとにアプリの動作や外観を変更することができます。
Google タグマネージャ Firebase 向け Google アナリティクスと Google タグマネージャを統合すると、アプリの配信開始後にウェブ インターフェースを使ってアナリティクスの実装をリモートから管理できます。

実装パス

アプリを Firebase に接続する Analytics の導入に難しい手順は必要ありません。新しいアプリや既存のアプリに Firebase SDK を追加すれば、自動的にデータの収集が開始されます。数時間後には、Firebase console で Analytics のデータを確認できます。
カスタムデータを記録する Analytics を使うと、e コマースの購入やゲームの実績など、アプリにとって意味のあるカスタム イベントのログを記録できます。
ユーザーリストを作成する Firebase console で、重要なユーザーのリストを定義することができます。
ターゲット ユーザー カスタム ユーザーリストを使うと、FCM や Remote Config などといった Firebase の他の機能でメッセージ、プロモーション、アプリの新機能などのターゲティングを行うことができます。

次のステップ

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。