Check out what’s new from Firebase at Google I/O 2022. Learn more

Firebase Crashlytics を使ってみる

このクイックスタートでは、Firebase コンソールで包括的なクラッシュ レポートを表示できるよう、Firebase Crashlytics SDK を使用してアプリに Firebase Crashlytics を設定する方法について説明します。 Android 向け Crashlytics では、クラッシュ、非致命的なエラー、「アプリケーション応答なし」(ANR)のエラーに関するレポートが生成されます。

Crashlytics を設定するには、Firebase コンソールと IDE の両方でタスク(Firebase 構成ファイルと Crashlytics SDK の追加など)を行う必要があります。設定を完了するには、強制的にテスト クラッシュを発生させて、最初のクラッシュ レポートを Firebase に送信する必要があります。

始める前に

  1. まだ Firebase を Android プロジェクトに追加していない場合は追加します。Android アプリをお持ちでない場合は、サンプルアプリをダウンロードできます。

  2. 推奨: クラッシュに遭遇していないユーザー数の表示、パンくずリストのログ、ベロシティ アラートなどの機能を利用するには、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にする必要があります。

    • 既存の Firebase プロジェクトで Google アナリティクスが有効になっていない場合は、Firebase コンソールで、 > [プロジェクトの設定][統合] タブで Google アナリティクスを有効にします。

    • 新しい Firebase プロジェクトを作成する場合は、プロジェクトの作成ワークフローで Google アナリティクスを有効にします。

ステップ 1: アプリに Firebase Crashlytics SDK を追加する

Firebase Android BoM を使用して、モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)で Crashlytics Android ライブラリの依存関係を宣言します。

Crashlytics でのエクスペリエンスを最適化するために、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にして、Google アナリティクス用の Firebase SDK をアプリに追加することをおすすめします。

Java

dependencies {
    // Import the BoM for the Firebase platform
    implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:29.3.1')

    // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
    // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics'
}

Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

(別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

dependencies {
    // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
    // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics:18.2.9'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics:20.1.2'
}

Kotlin+KTX

dependencies {
    // Import the BoM for the Firebase platform
    implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:29.3.1')

    // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
    // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-ktx'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx'
}

Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

(別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

dependencies {
    // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
    // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-ktx:18.2.9'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx:20.1.2'
}

ステップ 2: アプリに Firebase Crashlytics プラグインを追加する

  1. プロジェクト レベルbuild.gradle ファイルで、buildscript の依存関係として Crashlytics Gradle プラグインを追加します。

    buildscript {
        repositories {
            // Check that you have Google's Maven repository (if not, add it).
            google()
        }
    
        dependencies {
            // ...
    
            // Check that you have the Google services Gradle plugin v4.3.2 or later
            // (if not, add it).
            classpath 'com.google.gms:google-services:4.3.10'
    
            // Add the Crashlytics Gradle plugin
            classpath 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-gradle:2.8.1'
        }
    }
    
    allprojects {
        repositories {
            // Check that you have Google's Maven repository (if not, add it).
            google()
        }
    }
  2. アプリレベルbuild.gradle ファイルで、Crashlytics Gradle プラグインを適用します。

    apply plugin: 'com.android.application'
    apply plugin: 'com.google.gms.google-services' // Google services Gradle plugin
    
    // Apply the Crashlytics Gradle plugin
    apply plugin: 'com.google.firebase.crashlytics'
    

ステップ 3: 強制的にテスト クラッシュを発生させて設定を完了する

Crashlytics の設定を完了し、Firebase コンソールの Crashlytics ダッシュボードで最初のデータを確認するには、強制的にテスト クラッシュを発生させる必要があります。

  1. 強制的にテスト クラッシュを発生させるためのコードをアプリに追加します。

    アプリの MainActivity で次のコードを使用するとアプリにボタンが追加され、このボタンを押すとクラッシュを発生させることができます。ボタンには「Test Crash」というラベルが付いています。

    Java

    Button crashButton = new Button(this);
    crashButton.setText("Test Crash");
    crashButton.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
       public void onClick(View view) {
           throw new RuntimeException("Test Crash"); // Force a crash
       }
    });
    
    addContentView(crashButton, new ViewGroup.LayoutParams(
           ViewGroup.LayoutParams.MATCH_PARENT,
           ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT));
    

    Kotlin+KTX

    val crashButton = Button(this)
    crashButton.text = "Test Crash"
    crashButton.setOnClickListener {
       throw RuntimeException("Test Crash") // Force a crash
    }
    
    addContentView(crashButton, ViewGroup.LayoutParams(
           ViewGroup.LayoutParams.MATCH_PARENT,
           ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT))
    
  2. アプリをビルドして実行します。

  3. アプリの最初のクラッシュ レポートを送信するために、強制的にテスト クラッシュを発生させます。

    1. テスト用のデバイスまたはエミュレータからアプリを開きます。

    2. アプリ内で、上述のコードを使用して追加した [Test Crash] ボタンを押します。

    3. アプリがクラッシュしたら再起動します。これにより、Firebase にクラッシュ レポートが送信されます。

  4. Firebase コンソールの Crashlytics ダッシュボードに移動して、テスト クラッシュを確認します。

    コンソールを更新し、5 分経過してもテスト クラッシュが表示されない場合は、デバッグ ロギングを有効にして、アプリがクラッシュ レポートを送信しているかどうかを確認してください。


これで完了です。Crashlytics がアプリのクラッシュ、非致命的なエラー、ANR をモニタリングするようになりました。すべてのレポートと統計情報を参照して調査するには、Crashlytics ダッシュボードにアクセスします。

次のステップ