Firebase Test Lab for Android plat_android

Google データセンターでホストされている端末上でアプリをテストします。

Firebase Test Lab for Android は、Android アプリをテストするためのクラウドベースのインフラストラクチャを提供します。1 つの操作でさまざまな端末と端末構成についてアプリのテストを開始できます。ログ、動画、スクリーンショットなどのテスト結果は、Firebase console のプロジェクト内で確認できます。アプリのテストコードを記述していない場合でも、Test Lab によって自動的にアプリを実行し、クラッシュを探すことができます。

テストを実行する

主な機能

実際の端末でテストする Test Lab を使用して、Google データセンターにインストールされ、動作している端末上でアプリを動作できます。Test Lab は、特定の端末構成(固有の Android API レベルと固有のロケール設定を実行している Nexus 5 など)でのみ発生する問題を検出するのに役立ちます。
アプリテストを記述していない場合でもアプリテストを実行する Robo テストを使用してアプリの問題を検出できるので、アプリテストを記述していない場合でもアプリをテストできます。Robo テストは、アプリのユーザー インターフェースの構造を分析してから調査し、ユーザー アクティビティを自動的にシミュレートします。アプリのインストゥルメンテーション テストを記述すれば、Test Lab でそれらのテストも実行できます。
ワークフローの統合 Test Lab は、Android Studio、Firebase console、gcloud コマンドラインと統合されます。継続的インテグレーション(CI)システムで Test Lab を使用することもできます。

仕組み

Test Lab は、Google データセンターで動作している端末を使用してアプリをテストします。テストに使用される端末は、最新の Android API レベルや指定したロケール設定でフラッシュされた実際の製品端末なので、現実世界のさまざまな端末と端末構成に対してアプリのロードテストを実行できます。

データセンター内の端末

データセンターの物理端末

Test Lab では、Firebase console、Android Studio、または gcloud コマンドライン インターフェースからアプリを実行するように記述された EspressoRobotium、または UI Automator 2.0 インストゥルメンテーション テストを実行できます。Robo テストを使用して Firebase console または gcloud コマンドラインからアプリを自動的に実行することもできます。

Robo テストは、ログをキャプチャし、関連する注釈付きスクリーンショットのセットを表示する「アクティビティ マップ」を作成します。さらに一連のスクリーンショットから動画を作成し、実行したユーザー操作をシミュレートして表示します。詳しくは Robo テストについての記事をご覧ください。

実装のプロセス

インストゥルメンテーション テストを実行する場合は、アプリ固有のテストを記述します。 アプリのインストゥルメンテーション テストを作成する場合は、テスト結果がわかりやすくなるように、必ずアプリテスト プロジェクトに Test Lab スクリーンショット ライブラリを追加してください。
テスト環境とテスト マトリックスを選択します。 選択したテスト環境(Firebase console、Android Studio、または gcloud コマンドライン インターフェース)を使用し、端末、API レベル、ロケール、画面の向きの組み合わせを選択してテスト マトリックスを定義します。
テストを実行し、テスト結果を確認します。 テスト マトリックスのサイズによっては、Test Lab でテストを完了するのに数分かかることがあります。テストが完了すると、Firebase console でテスト結果を確認できます。

次のステップ

フィードバックを送信...