Firebase Test Labplat_iosplat_android

Google データセンターでホストされている端末上でアプリをテストします。

Firebase Test Lab は、クラウドベースでアプリのテストを行うインフラストラクチャです。1 回のオペレーションで、さまざまな端末と端末構成について Android アプリや iOS アプリをテストし、Firebase コンソールで結果(ログ、動画、スクリーンショットなど)を確認できます。

テストを実行する

主な機能

Android アプリと iOS アプリのテスト アプリに Android 版と iOS 版の両方がある場合でも心配ありません。Test Lab で iOS 端末のテストも可能になりました。
実際の端末での実行 Test Lab は、Google データセンターに設置され、動作している端末上でアプリをテストします。これにより、特定の端末や構成でのみ発生する問題を確認できます。
ワークフローの統合 Test Lab は、Firebase コンソール、Android Studio、gcloud コマンドライン ツールと統合されています。継続的インテグレーション(CI)システムで使用することもできます。

仕組み

Test Lab は、Google データセンターで動作している実際の端末を使用してアプリをテストします。この端末には最新の API がフラッシュされ、ロケール設定をカスタマイズできるので、実環境で使用されているハードウェアや構成に対してアプリのロードテストを行うことができます。

データセンターの物理端末

データセンター内の端末

Test Lab は、Android アプリ向けの EspressoUI Automator 2.0、iOS アプリ向けの XCTest の各テスト実行に対応しています。このいずれかのフレームワークを使用してテストを作成し、Firebase コンソールまたは gcloud コマンドライン インターフェースから実行します。

Android のみのテストを行う場合は、自動化された Robo テストで Test Lab にテストを生成させることもできます。

実装パス

テストするアプリを準備する
  • iOS: XCTest を作成してアプリをビルドし、アップロードするパッケージを作成します。
  • Android: インストゥルメンテーション テストを作成したり、ゲームループ テスト用にアプリを修正したりします。テストの準備を自動的に行う場合は Robo テストを使用します。
テスト環境とテスト マトリックスを選択する Firebase コンソールまたは gcloud コマンドライン インターフェースを使用して、端末、OS のバージョン、ロケール、画面の向きの組み合わせを選択し、テスト マトリックスを定義します。
テストを実行して結果を確認する テスト マトリックスのサイズによっては、Test Lab のテストに数分かかることがあります。テストが完了すると、Firebase コンソールで結果を確認できます。

次のステップ

  • Firebase コンソールでアプリをテストする。iOS のガイドまたは Android のガイドをご覧ください。
  • gcloud コマンドライン環境からアプリをテストする。iOS のガイドまたは Android のガイドをご覧ください。
  • 自動 UI クローラでアプリをテストする。Android のガイドをご覧ください。
  • Android Studio 2.0 以降でアプリをテストする。Android codelab をご覧ください。
  • インストゥルメンテーション テストで Test Lab スクリーンショット ライブラリを使用する。Android のガイドをご覧ください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。