Catch up on everthing we announced at this year's Firebase Summit. Learn more

クラウド機能のアプリチェックの実施を有効にする

呼び出し可能なクラウド関数でアプリチェックトークン要件の適用を開始するには、有効なアプリチェックトークンをチェックするように関数を変更します。

あなたが始める前に

アプリケーションは、あなたのチェックインの有効化、アップルアンドロイド、およびウェブクライアント。

アプリチェックのサポートを関数に追加する

  1. プロジェクトの更新firebase-functionsバージョン3.14.0以降への依存を:

    npm install firebase-functions@">=3.14.0"
    

    そして、あなたのプロジェクトの更新firebase-adminバージョン9.8.0以降への依存関係を:

    npm install firebase-admin@">=9.8.0"
    
  2. チェックを追加context.appあなたの関数に。場合あなたの関数は失敗すべきcontext.app定義されていません。

    exports.yourCallableFunction = functions.https.onCall((data, context) => {
      // context.app will be undefined if the request doesn't include a valid
      // App Check token.
      if (context.app == undefined) {
        throw new functions.https.HttpsError(
            'failed-precondition',
            'The function must be called from an App Check verified app.')
      }
    
      // Your function logic follows.
    });
    
  3. 関数を再デプロイします。

    firebase deploy --only functions
    

これらの変更がデプロイされると、呼び出し可能なCloudFunctionsには有効なアプリチェックトークンが必要になります。 Cloud FunctionsクライアントSDKは、呼び出し可能な関数を呼び出すと、アプリチェックトークンを自動的に添付します。