Join us for Firebase Summit on November 10, 2021. Tune in to learn how Firebase can help you accelerate app development, release with confidence, and scale with ease. Register

クラウド機能のアプリチェックの実施を有効にする

呼び出し可能なクラウド関数でアプリチェックトークン要件の適用を開始するには、関数を変更して、有効なアプリチェックトークンをチェックします。

あなたが始める前に

あなたの中のAppチェックの有効化のiOSアンドロイド、およびウェブクライアントを。

アプリチェックのサポートを関数に追加する

  1. プロジェクトの更新firebase-functionsバージョン3.14.0以降への依存を:

    npm install firebase-functions@">=3.14.0"
    

    そして、あなたのプロジェクトの更新firebase-adminバージョン9.8.0以降への依存関係を:

    npm install firebase-admin@">=9.8.0"
    
  2. チェックを追加context.appあなたの関数に。場合あなたの関数は失敗すべきcontext.app定義されていません。

    exports.yourCallableFunction = functions.https.onCall((data, context) => {
      // context.app will be undefined if the request doesn't include a valid
      // App Check token.
      if (context.app == undefined) {
        throw new functions.https.HttpsError(
            'failed-precondition',
            'The function must be called from an App Check verified app.')
      }
    
      // Your function logic follows.
    });
    
  3. 関数を再デプロイします。

    firebase deploy --only functions
    

これらの変更がデプロイされると、呼び出し可能なCloudFunctionsには有効なアプリチェックトークンが必要になります。 Cloud FunctionsクライアントSDKは、呼び出し可能な関数を呼び出すと、アプリチェックトークンを自動的に添付します。