Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

iOS で Firebase Authentication を使ってみる

Firebase Authentication を使用すると、ユーザーがアプリにログインする際に、メールアドレスとパスワードのログイン、Google ログインや Facebook ログインなどのフェデレーション ID プロバイダなど、複数のログイン方法を使用できるようになります。このチュートリアルでは、Firebase Authentication を使って、メールアドレスとパスワードによるログインをアプリに追加する方法から始めます。

アプリを Firebase に接続する

  1. Firebase SDK をインストールします
  2. Firebase コンソールでアプリを Firebase プロジェクトに追加します。

アプリに Firebase Authentication を追加する

  1. Firebase Authentication の依存関係をプロジェクトの Podfile に追加します。

    pod 'Firebase/Auth'
    
  2. pod install を実行し、作成された .xcworkspace ファイルを開きます。

(省略可)Firebase Local Emulator Suite でプロトタイピングおよびテストを行う

アプリがユーザーをどのように認証するのかを説明する前に、Authentication 機能のプロトタイピングとテストに使用できるツール、Firebase Local Emulator Suite についてご紹介します。認証手法とプロバイダを決定する場合の最適な方法は、Authentication ルールと Firebase セキュリティ ルールを使用してパブリック データとプライベート データでさまざまなデータモデルを試すか、ログイン UI デザインのプロトタイプを作成して、ライブサービスをデプロイせずにローカルで作業できるようにすることです。

Authentication エミュレータは Local Emulator Suite の一部であり、これを使用すると、アプリはエミュレートしたデータベースのコンテンツおよび構成のほか、エミュレートしたプロジェクトのリソース(関数、他のデータベース、セキュリティ ルール)ともオプションでやり取りできます。エミュレートした Storage については、Local Emulator Suite でまだサポートされていません。

いくつかの手順を行うだけで、Authentication エミュレータを使用できます。

  1. アプリのテスト構成にコード行を追加して、エミュレータに接続します。
  2. ローカル プロジェクトのディレクトリのルートから、firebase emulators:start を実行します。
  3. 対話型のプロトタイピングには Local Emulator Suite UI を使用し、非対話型のテストには Authentication エミュレータ REST API を使用します。

詳しくは、アプリを Authentication エミュレータに接続するをご覧ください。詳細については、Local Emulator Suite の概要をご覧ください。

次に、ユーザーの認証方法を見てみましょう。

Firebase SDK を初期化する

アプリのデリゲートで、まず Firebase SDK をインポートします。

Swift

import Firebase

Objective-C

@import Firebase;

次に、application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドで、FirebaseApp オブジェクトを初期化します。

Swift

// Use Firebase library to configure APIs
FirebaseApp.configure()

Objective-C

// Use Firebase library to configure APIs
[FIRApp configure];

認証状態をリッスンする

ログインしているユーザーに関する情報を必要とするアプリの各ビューに対して、FIRAuth オブジェクトにリスナーをアタッチします。このリスナーは、ユーザーのログイン状態が変わるたびに呼び出されます。

ビュー コントローラの viewWillAppear メソッドでリスナーをアタッチします。

Swift

handle = Auth.auth().addStateDidChangeListener { (auth, user) in
  // ...
}

Objective-C

self.handle = [[FIRAuth auth]
    addAuthStateDidChangeListener:^(FIRAuth *_Nonnull auth, FIRUser *_Nullable user) {
      // ...
    }];

ビュー コントローラの viewWillDisappear メソッドでリスナーをデタッチします。

Swift

Auth.auth().removeStateDidChangeListener(handle!)

Objective-C

[[FIRAuth auth] removeAuthStateDidChangeListener:_handle];

新しいユーザーを登録する

新規ユーザーがメールアドレスとパスワードを使用してアプリに登録できるフォームを作成します。ユーザーがフォームに入力したら、ユーザーから提供されたメールアドレスとパスワードを検証し、それらを createUser メソッドに渡します。

Swift

Auth.auth().createUser(withEmail: email, password: password) { authResult, error in
  // ...
}

Objective-C

[[FIRAuth auth] createUserWithEmail:email
                           password:password
                         completion:^(FIRAuthDataResult * _Nullable authResult,
                                      NSError * _Nullable error) {
  // ...
}];

既存のユーザーをログインさせる

既存のユーザーがメールアドレスとパスワードを使用してログインできるフォームを作成します。ユーザーがフォームに入力したら、signIn メソッドを呼び出します。

Swift

Auth.auth().signIn(withEmail: email, password: password) { [weak self] authResult, error in
  guard let strongSelf = self else { return }
  // ...
}

Objective-C

[[FIRAuth auth] signInWithEmail:self->_emailField.text
                       password:self->_passwordField.text
                     completion:^(FIRAuthDataResult * _Nullable authResult,
                                  NSError * _Nullable error) {
  // ...
}];

ユーザー情報を取得する

ユーザーが正常にログインしたら、ユーザーに関する情報を取得できます。たとえば、認証状態リスナーで次のようにします。

Swift

if let user = user {
  // The user's ID, unique to the Firebase project.
  // Do NOT use this value to authenticate with your backend server,
  // if you have one. Use getTokenWithCompletion:completion: instead.
  let uid = user.uid
  let email = user.email
  let photoURL = user.photoURL
  var multiFactorString = "MultiFactor: "
  for info in user.multiFactor.enrolledFactors {
    multiFactorString += info.displayName ?? "[DispayName]"
    multiFactorString += " "
  }
  // ...
}

Objective-C

if (user) {
  // The user's ID, unique to the Firebase project.
  // Do NOT use this value to authenticate with your backend server,
  // if you have one. Use getTokenWithCompletion:completion: instead.
  NSString *email = user.email;
  NSString *uid = user.uid;
  NSMutableString *multiFactorString = [NSMutableString stringWithFormat:@"MultiFactor: "];
  for (FIRMultiFactorInfo *info in user.multiFactor.enrolledFactors) {
    [multiFactorString appendString:info.displayName];
    [multiFactorString appendString:@" "];
  }
  NSURL *photoURL = user.photoURL;
  // ...
}

次のステップ

他の ID プロバイダと匿名ゲスト アカウントのサポートを追加する方法を学びます。