2022 年 10 月 18 日に開催される Firebase Summit に、直接会場で、またはオンラインでご参加ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速させ、自信を持ってアプリをリリースし、簡単にスケールする方法をご紹介します。 今すぐ申し込む

リアルタイムデータベースを使い始める

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

前提条件

  1. まだ行っていない場合は、 firebase_coreをインストールし、アプリに初期化コードを追加します。
  2. FirebaseコンソールでFirebaseプロジェクトにアプリを追加します。

データベースを作成する

  1. Firebaseコンソールの[リアルタイムデータベース]セクションに移動します。既存のFirebaseプロジェクトを選択するよう求められます。データベース作成ワークフローに従います。

  2. セキュリティルールの開始モードを選択します。

    テストモード

    モバイルおよびWebクライアントライブラリの使用を開始するのに適していますが、誰でもデータを読み取ったり上書きしたりできます。テスト後、 FirebaseRealtimeデータベースのルールを理解するセクションを必ず確認してください。

    開始するには、テストモードを選択します。

    ロックモード

    モバイルおよびWebクライアントからのすべての読み取りおよび書き込みを拒否します。認証されたアプリケーションサーバーは引き続きデータベースにアクセスできます。

  3. データベースのリージョンを選択します。選択したリージョンに応じて、データベースの名前空間は<databaseName>.firebaseio.comまたは<databaseName>.<region>.firebasedatabase.appの形式になります。詳細については、プロジェクトの場所の選択を参照してください

  4. [完了]をクリックします。

Realtime Databaseを有効にすると、 CloudAPIManagerのAPIも有効になります。

アプリにFirebaseRealtimeDatabaseを追加する

  1. Flutterプロジェクトのルートから、次のコマンドを実行してプラグインをインストールします。

    flutter pub add firebase_database
    
  2. 完了したら、Flutterアプリケーションを再構築します。

    flutter run
    

データベースルールを構成する

Realtime Databaseは、データの構造化方法、インデックス作成方法、およびデータの読み取りと書き込みのタイミングを定義できる宣言型ルール言語を提供します。

FirebaseRealtimeDatabaseパッケージを初期化します

プロジェクト内でRealtimeDatabaseパッケージの使用を開始するには、プロジェクトファイルの先頭にインポートします。

import 'package:firebase_database/firebase_database.dart';

デフォルトのデータベースインスタンスを使用するには、 FirebaseDatabaseinstanceゲッターを呼び出します。

FirebaseDatabase database = FirebaseDatabase.instance;

セカンダリFirebaseアプリで使用する場合は、 instanceForメソッドを使用します。

FirebaseApp secondaryApp = Firebase.app('SecondaryApp');
FirebaseDatabase database = FirebaseDatabase.instanceFor(app: secondaryApp);

次のステップ