2022 年 10 月 18 日に開催される Firebase Summit に、直接会場で、またはオンラインでご参加ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速させ、自信を持ってアプリをリリースし、簡単にスケールする方法をご紹介します。 今すぐ申し込む

REST で Firebase Realtime Database ルールを管理する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このドキュメントでは、REST API を使用してアプリの Firebase Realtime Database ルールを管理する方法を説明します。

Firebase Realtime Database ルールの更新

REST API を使用して Firebase アプリの Firebase Realtime Database ルールの書き込みや更新を行うには、PUT リクエストを /.settings/rules.json パスに送信します。そのためには、REST リクエストを認証するためのアクセス トークンが必要です。

この例では、Firebase データベースのすべてのデータに対する読み取りアクセスを有効にします。

curl -X PUT -d '{ "rules": { ".read": true } }' 'https://docs-examples.firebaseio.com/.settings/rules.json?access_token=<ACCESS_TOKEN>'

Firebase Realtime Database ルールの取得

同様に、GET リクエストをアプリの URL の /.settings/rules.json パスに送信すると、Firebase Realtime Database ルールを取得できます。

curl 'https://docs-examples.firebaseio.com/.settings/rules.json?access_token=<ACCESS_TOKEN>'

レスポンスにはアプリのすべてのルールが含まれています。