Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Unity の Firebase Realtime Database を使ってみる

Firebase Realtime Database は NoSQL クラウド データベースを使用してデータの保管と同期を行います。データはすべてのクライアントにわたってリアルタイムで同期され、アプリがオフラインになっても引き続き使用できます。

始める前に

Realtime Database を使用するには、次の手順が必要です。

  • Firebase を使用するように Unity プロジェクトを登録して構成する。

    • Unity プロジェクトですでに Firebase を使用している場合、この登録と構成はすでに行われています。

    • Unity プロジェクトがない場合は、サンプルアプリをダウンロードできます。

  • Unity プロジェクトに Firebase Unity SDK(具体的には FirebaseDatabase.unitypackage)を追加する。

Firebase を Unity プロジェクトに追加するには、Firebase コンソールと開いている Unity プロジェクトの両方でタスクを行う必要があります(コンソールから Firebase 構成ファイルをダウンロードし、それを Unity プロジェクトに移動するなど)。

データベースを作成する

  1. Firebase コンソールの [Realtime Database] セクションに移動します。既存の Firebase プロジェクトを選択するよう求められます。データベース作成ワークフローに従います。

  2. Firebase セキュリティ ルールの開始モードを選択します。

    テストモード

    モバイルおよびウェブ クライアント ライブラリを使用する場合に適していますが、すべてのユーザーがデータを読み書きできます。テストが終わったら、Firebase Realtime Database ルールについてを確認してください。

    ウェブ、iOS、Android SDK を使用する場合は、テストモードを選択します。

    ロックモード

    モバイルおよびウェブ クライアントからのすべての読み書きを拒否します。認証されたアプリケーション サーバーは引き続きデータベースにアクセスできます。

  3. データベースのリージョンを選択します。選択したリージョンに応じて、データベースの名前空間は <databaseName>.firebaseio.com または <databaseName>.<region>.firebasedatabase.app という形式になります。詳しくは、プロジェクトのロケーションを選択するをご覧ください。

  4. [完了] をクリックします。

Realtime Database を有効にすると、Cloud API Manager で API も有効になります。

公開アクセスを設定する

Realtime Database には宣言型のルール言語が用意されているため、データの構造化方法、インデックスの作成方法、データの書き込みと読み取りのタイミングを定義できます。

次のステップ