Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Firebase Extensions は、アプリの開発、メンテナンス、成長に費やす時間を削減するのに役立ちます。

アプリやプロジェクトのニーズを解決する Firebase 拡張機能を見つけたら、拡張機能をインストールして構成するだけです。拡張機能の複数の構成が必要な場合は、インストールするインスタンスごとに異なる構成を使用して、拡張機能を複数回インストールできます。

拡張機能を使用すると、機能を実装したり、アプリやプロジェクトのタスクを自動化したりするコードの調査、作成、およびデバッグに時間を費やす必要がなくなります。

拡張機能をインストールまたは管理するには、所有者、編集者、またはFirebase 管理者 のいずれかの役割が割り当てられている必要があります。

拡張機能をインストールするには、プロジェクトがBlaze (従量課金制) プランである必要があります。拡張機能のインストールは無料ですが、使用量がサービスの無料利用枠を超えた場合、Firebase サービスまたはCloud Secret Managerなどのクラウド サービスの使用に対して課金される場合があります。

Firebase Local Emulator Suite のコンポーネントである Extensions emulator を使用して、拡張機能をプロジェクトにインストールする前に評価することもできます。

公式の Firebase 拡張機能

公式の Firebase 拡張機能は、Firebase および Firebase Extensions パートナー サービスによって開発およびテストされています。これらの拡張機能は、信頼性が高く安全です。

公式の Firebase 拡張機能を閲覧する

Extensions Marketplaceで公式の Firebase 拡張機能を参照してください。

アーリー アクセス パートナー拡張機能

早期アクセス パートナー拡張機能は、拡張機能発行者の早期アクセス プログラムの参加者によって開発されます。それらは Google によって構築またはテストされていません。アーリー アクセス パートナーの拡張機能は、Google による明示または黙示の保証なしに「現状のまま」提供されます。 Google は、拡張機能の使用に起因する直接的または間接的な損害について一切の責任を負いません。

独自の拡張機能の公開について詳しくは、拡張機能の公開者の早期アクセス プログラムにサインアップしてください。

拡張機能のソース コードを表示する

公式の Firebase 拡張機能のソース コードへのリンクを見つけるには、拡張機能マーケットプレイスの拡張機能のカードで [詳細] をクリックします。

早期アクセス パートナー拡張機能のソース コードへのリンクを見つけるには、拡張機能のコンソール インストール リンクまたは CLI のext:installコマンドを使用してインストール フローを開始します。ソース コードへのリンクは、拡張機能に関するその他の情報と共に表示されます。ソースを調べたいだけの場合は、インストールをキャンセルできます。

拡張機能のソース コードの内容

拡張機能のソース ディレクトリには次が含まれます。

  • extension.yaml ファイル— 拡張機能のメタデータを含み、作成されたリソース、操作に必要な Google API とアクセス ロール、および拡張機能のユーザー構成パラメーター (環境変数) を定義します。

  • functions ディレクトリ— 拡張機能のソース コードのファイルが含まれています。

  • README ファイル— 拡張機能のメタデータ (ただし、人間が読みやすい形式) と PREINSTALL ファイルの内容を一覧表示します。

  • PREINSTALL ファイル— 拡張機能のしくみ、インストール前に必要なタスク、構成要件、および拡張機能の詳細について説明します。

  • POSTINSTALL ファイル— 具体的な使用方法とその他の統合要件について説明します

拡張機能のリソース

すべての Firebase プロジェクトには、いくつかのタイプの「リソース」が含まれています。プロジェクト リソースには、デプロイされた Cloud Functions、データベース インスタンス、Cloud Storage バケット、Cloud Scheduler ジョブ、Cloud Secret Manager データなどを含めることができます。

拡張機能をインストールすると、Firebase によってプロジェクト内に新しい拡張機能インスタンス固有のリソースが作成されます。これらのリソースは、拡張機能が動作するために必要です。

拡張機能のインスタンスをアンインストールすると、その拡張機能のインスタンスが動作するために Firebase が特別に作成したすべてのリソース (一連の関数など) が削除されることに注意してください。ただし、次のものは削除されません

  • 拡張機能によって作成されたアーティファクト (保存された画像など)。

  • データベース インスタンスや Cloud Storage バケットなど、プロジェクト内のその他のリソース。拡張機能がこれらの他のリソースとやり取りした場合でも、それらは拡張機能固有のものではないため、拡張機能がアンインストールされても削除されません。

Firebase コンソールまたは Firebase CLI を使用する

Firebase コンソールまたはFirebase CLIを使用して、公式の Firebase 拡張機能をインストールおよび管理できます。

アクションFirebase コンソールFirebase CLI
詳細情報を見る(インストール前)
インストール
構成の表示 (インストール後)
構成の編集
バージョンの更新
アンインストール

次のステップ