Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

AppleプラットフォームでCloudStorageを使用してファイルをアップロードする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud Storage for Firebase を使用すると、Firebase が提供および管理するCloud Storageバケットにファイルをすばやく簡単にアップロードできます。

参照を作成する

ファイルをアップロードするには、まずファイルをアップロードする Cloud Storage 内の場所へのCloud Storage 参照を作成します。

Cloud Storage バケットのルートに子パスを追加することで、参照を作成できます。

迅速

// Create a root reference
let storageRef = storage.reference()

// Create a reference to "mountains.jpg"
let mountainsRef = storageRef.child("mountains.jpg")

// Create a reference to 'images/mountains.jpg'
let mountainImagesRef = storageRef.child("images/mountains.jpg")

// While the file names are the same, the references point to different files
mountainsRef.name == mountainImagesRef.name            // true
mountainsRef.fullPath == mountainImagesRef.fullPath    // false
    

Objective-C

// Create a root reference
FIRStorageReference *storageRef = [storage reference];

// Create a reference to "mountains.jpg"
FIRStorageReference *mountainsRef = [storageRef child:@"mountains.jpg"];

// Create a reference to 'images/mountains.jpg'
FIRStorageReference *mountainImagesRef = [storageRef child:@"images/mountains.jpg"];

// While the file names are the same, the references point to different files
[mountainsRef.name isEqualToString:mountainImagesRef.name];         // true
[mountainsRef.fullPath isEqualToString:mountainImagesRef.fullPath]; // false
  

Cloud Storage バケットのルートへの参照を使用してデータをアップロードすることはできません。参照は子 URL を指している必要があります。

ファイルのアップロード

参照を取得したら、次の 2 つの方法で Cloud Storage にファイルをアップロードできます。

  1. メモリ内のデータからアップロード
  2. デバイス上のファイルを表す URL からのアップロード

メモリ内のデータからアップロード

putData:metadata:completion:メソッドは、Cloud Storage にファイルをアップロードする最も簡単な方法です。 putData:metadata:completion: NSData オブジェクトを受け取り、アップロードの管理とステータスの監視に使用できるFIRStorageUploadTaskを返します。

迅速

// Data in memory
let data = Data()

// Create a reference to the file you want to upload
let riversRef = storageRef.child("images/rivers.jpg")

// Upload the file to the path "images/rivers.jpg"
let uploadTask = riversRef.putData(data, metadata: nil) { (metadata, error) in
  guard let metadata = metadata else {
    // Uh-oh, an error occurred!
    return
  }
  // Metadata contains file metadata such as size, content-type.
  let size = metadata.size
  // You can also access to download URL after upload.
  riversRef.downloadURL { (url, error) in
    guard let downloadURL = url else {
      // Uh-oh, an error occurred!
      return
    }
  }
}
    

Objective-C

// Data in memory
NSData *data = [NSData dataWithContentsOfFile:@"rivers.jpg"];

// Create a reference to the file you want to upload
FIRStorageReference *riversRef = [storageRef child:@"images/rivers.jpg"];

// Upload the file to the path "images/rivers.jpg"
FIRStorageUploadTask *uploadTask = [riversRef putData:data
                                             metadata:nil
                                           completion:^(FIRStorageMetadata *metadata,
                                                        NSError *error) {
  if (error != nil) {
    // Uh-oh, an error occurred!
  } else {
    // Metadata contains file metadata such as size, content-type, and download URL.
    int size = metadata.size;
    // You can also access to download URL after upload.
    [riversRef downloadURLWithCompletion:^(NSURL * _Nullable URL, NSError * _Nullable error) {
      if (error != nil) {
        // Uh-oh, an error occurred!
      } else {
        NSURL *downloadURL = URL;
      }
    }];
  }
}];
  

ローカルファイルからアップロード

putFile:metadata:completion:メソッドを使用して、カメラからの写真やビデオなど、デバイス上のローカル ファイルをアップロードできます。 putFile:metadata:completion: NSURLを受け取り、アップロードを管理し、そのステータスを監視するために使用できるFIRStorageUploadTaskを返します。

迅速

// File located on disk
let localFile = URL(string: "path/to/image")!

// Create a reference to the file you want to upload
let riversRef = storageRef.child("images/rivers.jpg")

// Upload the file to the path "images/rivers.jpg"
let uploadTask = riversRef.putFile(from: localFile, metadata: nil) { metadata, error in
  guard let metadata = metadata else {
    // Uh-oh, an error occurred!
    return
  }
  // Metadata contains file metadata such as size, content-type.
  let size = metadata.size
  // You can also access to download URL after upload.
  riversRef.downloadURL { (url, error) in
    guard let downloadURL = url else {
      // Uh-oh, an error occurred!
      return
    }
  }
}
    

Objective-C

// File located on disk
NSURL *localFile = [NSURL URLWithString:@"path/to/image"];

// Create a reference to the file you want to upload
FIRStorageReference *riversRef = [storageRef child:@"images/rivers.jpg"];

// Upload the file to the path "images/rivers.jpg"
FIRStorageUploadTask *uploadTask = [riversRef putFile:localFile metadata:nil completion:^(FIRStorageMetadata *metadata, NSError *error) {
  if (error != nil) {
    // Uh-oh, an error occurred!
  } else {
    // Metadata contains file metadata such as size, content-type, and download URL.
    int size = metadata.size;
    // You can also access to download URL after upload.
    [riversRef downloadURLWithCompletion:^(NSURL * _Nullable URL, NSError * _Nullable error) {
      if (error != nil) {
        // Uh-oh, an error occurred!
      } else {
        NSURL *downloadURL = URL;
      }
    }];
  }
}];
  

アップロードを積極的に管理したい場合は、完了ハンドラーを使用するのではなく、 putData:またはputFile:メソッドを使用してアップロード タスクを監視できます。詳細については、アップロードの管理を参照してください。

ファイル メタデータの追加

ファイルをアップロードするときにメタデータを含めることもできます。このメタデータには、 namesizecontentType (一般に MIME タイプと呼ばれる) などの一般的なファイル メタデータ プロパティが含まれています。 putFile:メソッドは、 NSURLファイル名拡張子からコンテンツ タイプを自動的に推測しますが、メタデータでcontentTypeを指定することにより、自動検出されたタイプをオーバーライドできます。 contentTypeを指定せず、Cloud Storage がファイル拡張子からデフォルトを推測できない場合、Cloud Storage はapplication/octet-streamを使用します。ファイル メタデータの詳細については、 「ファイル メタデータの使用」セクションを参照してください。

迅速

// Create storage reference
let mountainsRef = storageRef.child("images/mountains.jpg")

// Create file metadata including the content type
let metadata = StorageMetadata()
metadata.contentType = "image/jpeg"

// Upload data and metadata
mountainsRef.putData(data, metadata: metadata)

// Upload file and metadata
mountainsRef.putFile(from: localFile, metadata: metadata)
    

Objective-C

// Create storage reference
FIRStorageReference *mountainsRef = [storageRef child:@"images/mountains.jpg"];

// Create file metadata including the content type
FIRStorageMetadata *metadata = [[FIRStorageMetadata alloc] init];
metadata.contentType = @"image/jpeg";

// Upload data and metadata
FIRStorageUploadTask *uploadTask = [mountainsRef putData:data metadata:metadata];

// Upload file and metadata
uploadTask = [mountainsRef putFile:localFile metadata:metadata];
  

アップロードの管理

アップロードの開始に加えて、 pauseresume 、およびcancelメソッドを使用して、アップロードを一時停止、再開、およびキャンセルできます。これらのメソッドは、 pauseresume 、およびcancelイベントを発生させます。アップロードをキャンセルすると、アップロードがキャンセルされたことを示すエラーでアップロードが失敗します。

迅速

// Start uploading a file
let uploadTask = storageRef.putFile(from: localFile)

// Pause the upload
uploadTask.pause()

// Resume the upload
uploadTask.resume()

// Cancel the upload
uploadTask.cancel()
    

Objective-C

// Start uploading a file
FIRStorageUploadTask *uploadTask = [storageRef putFile:localFile];

// Pause the upload
[uploadTask pause];

// Resume the upload
[uploadTask resume];

// Cancel the upload
[uploadTask cancel];
  

アップロードの進行状況を監視する

アップロードの進行状況を監視するために、オブザーバーをFIRStorageUploadTaskにアタッチできます。オブザーバーを追加すると、オブザーバーを削除するために使用できるFIRStorageHandleが返されます。

迅速

// Add a progress observer to an upload task
let observer = uploadTask.observe(.progress) { snapshot in
  // A progress event occured
}
    

Objective-C

// Add a progress observer to an upload task
FIRStorageHandle observer = [uploadTask observeStatus:FIRStorageTaskStatusProgress
                                              handler:^(FIRStorageTaskSnapshot *snapshot) {
                                                // A progress event occurred
                                              }];
  

これらのオブザーバーは、 FIRStorageTaskStatusイベントに追加できます。

FIRStorageTaskStatusイベント典型的な使用法
FIRStorageTaskStatusResumeこのイベントは、タスクがアップロードを開始または再開したときに発生し、多くの場合、 FIRStorageTaskStatusPauseイベントと組み合わせて使用​​されます。
FIRStorageTaskStatusProgressこのイベントは、データが Cloud Storage にアップロードされるたびに発生し、アップロードの進行状況インジケーターを設定するために使用できます。
FIRStorageTaskStatusPauseこのイベントは、アップロードが一時停止されるたびに発生し、多くの場合、 FIRStorageTaskStatusResumeイベントと組み合わせて使用​​されます。
FIRStorageTaskStatusSuccessこのイベントは、アップロードが正常に完了したときに発生します。
FIRStorageTaskStatusFailureこのイベントは、アップロードが失敗したときに発生します。エラーを調べて、失敗の理由を判別してください。

イベントが発生すると、 FIRStorageTaskSnapshotオブジェクトが返されます。このスナップショットは、イベント発生時のタスクの不変ビューです。このオブジェクトには、次のプロパティが含まれています。

財産タイプ説明
progress NSProgressアップロードの進行状況を含むNSProgressオブジェクト。
error NSErrorアップロード中に発生したエラー (ある場合)。
metadata FIRStorageMetadataアップロード中、アップロード中のメタデータが含まれます。 FIRTaskStatusSuccessイベントの後、アップロードされたファイルのメタデータが含まれます。
task FIRStorageUploadTaskこれはタスクのスナップショットであり、タスクの管理 ( pauseresumecancel ) に使用できます。
reference FIRStorageReferenceこのタスクの参照元。

オブザーバーを個別に、ステータスごとに、またはすべてを削除することによって削除することもできます。

迅速

// Create a task listener handle
let observer = uploadTask.observe(.progress) { snapshot in
  // A progress event occurred
}

// Remove an individual observer
uploadTask.removeObserver(withHandle: observer)

// Remove all observers of a particular status
uploadTask.removeAllObservers(for: .progress)

// Remove all observers
uploadTask.removeAllObservers()
    

Objective-C

// Create a task listener handle
FIRStorageHandle observer = [uploadTask observeStatus:FIRStorageTaskStatusProgress
                                              handler:^(FIRStorageTaskSnapshot *snapshot) {
                                                // A progress event occurred
                                              }];

// Remove an individual observer
[uploadTask removeObserverWithHandle:observer];

// Remove all observers of a particular status
[uploadTask removeAllObserversForStatus:FIRStorageTaskStatusProgress];

// Remove all observers
[uploadTask removeAllObservers];
  

メモリ リークを防ぐために、 FIRStorageTaskStatusSuccessまたはFIRStorageTaskStatusFailureが発生した後、すべてのオブザーバーが削除されます。

エラー処理

ローカル ファイルが存在しない、ユーザーが目的のファイルをアップロードする権限を持っていないなど、アップロード時にエラーが発生する理由はいくつかあります。エラーの詳細については、ドキュメントの「エラーの処理」セクションを参照してください。

完全な例

進行状況の監視とエラー処理を使用したアップロードの完全な例を以下に示します。

迅速

// Local file you want to upload
let localFile = URL(string: "path/to/image")!

// Create the file metadata
let metadata = StorageMetadata()
metadata.contentType = "image/jpeg"

// Upload file and metadata to the object 'images/mountains.jpg'
let uploadTask = storageRef.putFile(from: localFile, metadata: metadata)

// Listen for state changes, errors, and completion of the upload.
uploadTask.observe(.resume) { snapshot in
  // Upload resumed, also fires when the upload starts
}

uploadTask.observe(.pause) { snapshot in
  // Upload paused
}

uploadTask.observe(.progress) { snapshot in
  // Upload reported progress
  let percentComplete = 100.0 * Double(snapshot.progress!.completedUnitCount)
    / Double(snapshot.progress!.totalUnitCount)
}

uploadTask.observe(.success) { snapshot in
  // Upload completed successfully
}

uploadTask.observe(.failure) { snapshot in
  if let error = snapshot.error as? NSError {
    switch (StorageErrorCode(rawValue: error.code)!) {
    case .objectNotFound:
      // File doesn't exist
      break
    case .unauthorized:
      // User doesn't have permission to access file
      break
    case .cancelled:
      // User canceled the upload
      break

    /* ... */

    case .unknown:
      // Unknown error occurred, inspect the server response
      break
    default:
      // A separate error occurred. This is a good place to retry the upload.
      break
    }
  }
}
    

Objective-C

// Local file you want to upload
NSURL *localFile = [NSURL URLWithString:@"path/to/image"];

// Create the file metadata
FIRStorageMetadata *metadata = [[FIRStorageMetadata alloc] init];
metadata.contentType = @"image/jpeg";

// Upload file and metadata to the object 'images/mountains.jpg'
FIRStorageUploadTask *uploadTask = [storageRef putFile:localFile metadata:metadata];

// Listen for state changes, errors, and completion of the upload.
[uploadTask observeStatus:FIRStorageTaskStatusResume handler:^(FIRStorageTaskSnapshot *snapshot) {
  // Upload resumed, also fires when the upload starts
}];

[uploadTask observeStatus:FIRStorageTaskStatusPause handler:^(FIRStorageTaskSnapshot *snapshot) {
  // Upload paused
}];

[uploadTask observeStatus:FIRStorageTaskStatusProgress handler:^(FIRStorageTaskSnapshot *snapshot) {
  // Upload reported progress
  double percentComplete = 100.0 * (snapshot.progress.completedUnitCount) / (snapshot.progress.totalUnitCount);
}];

[uploadTask observeStatus:FIRStorageTaskStatusSuccess handler:^(FIRStorageTaskSnapshot *snapshot) {
  // Upload completed successfully
}];

// Errors only occur in the "Failure" case
[uploadTask observeStatus:FIRStorageTaskStatusFailure handler:^(FIRStorageTaskSnapshot *snapshot) {
  if (snapshot.error != nil) {
    switch (snapshot.error.code) {
      case FIRStorageErrorCodeObjectNotFound:
        // File doesn't exist
        break;

      case FIRStorageErrorCodeUnauthorized:
        // User doesn't have permission to access file
        break;

      case FIRStorageErrorCodeCancelled:
        // User canceled the upload
        break;

      /* ... */

      case FIRStorageErrorCodeUnknown:
        // Unknown error occurred, inspect the server response
        break;
    }
  }
}];
  

ファイルをアップロードしたら、Cloud Storage からファイルをダウンロードする方法を学びましょう。