2022 年 10 月 18 日に開催される Firebase Summit に、直接会場で、またはオンラインでご参加ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速させ、自信を持ってアプリをリリースし、簡単にスケールする方法をご紹介します。 今すぐ登録

Android で Google を使用して認証する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ユーザーが Google アカウントを使用して Firebase で認証することができます。

始める前に

  1. まだ追加していない場合は、Firebase を Android プロジェクトに追加します

  2. モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は <project>/<app-module>/build.gradle)に、Firebase Authentication Android ライブラリの依存関係を追加します。ライブラリのバージョニングの制御には、Firebase Android BoM(BoM: 部品構成表)を使用することをおすすめします。

    また、Firebase Authentication の設定の一環として、Google Play 開発者サービス SDK をアプリに追加する必要もあります。

    Java

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:30.4.0')
    
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth'
    // Also add the dependency for the Google Play services library and specify its version implementation 'com.google.android.gms:play-services-auth:20.3.0'
    }

    Firebase Android 部品構成表を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を追加する

    Firebase 部品構成表を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

    dependencies {
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth:21.0.8'
    // Also add the dependency for the Google Play services library and specify its version implementation 'com.google.android.gms:play-services-auth:20.3.0'
    }

    Kotlin+KTX

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:30.4.0')
    
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth-ktx'
    // Also add the dependency for the Google Play services library and specify its version implementation 'com.google.android.gms:play-services-auth:20.3.0'
    }

    Firebase Android 部品構成表を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を追加する

    Firebase 部品構成表を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

    dependencies {
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth-ktx:21.0.8'
    // Also add the dependency for the Google Play services library and specify its version implementation 'com.google.android.gms:play-services-auth:20.3.0'
    }

  3. アプリの SHA-1 フィンガープリントを指定していない場合は、Firebase コンソールの [プロジェクトの設定] ページで指定します。アプリの SHA-1 フィンガープリントを取得する方法の詳細については、クライアントの認証をご覧ください。

  4. Firebase コンソールで、ログイン方法として Google を有効にします。
    1. Firebase コンソールで [Authentication] セクションを開きます。
    2. [Sign-in method] タブで [Google] を有効にし、[保存] をクリックします。

Firebase で認証する

  1. 保存済みの認証情報を使用してユーザーのログインを行うの手順に沿って Google One Tap サインインをアプリに統合します。BeginSignInRequest オブジェクトを構成するときは、setGoogleIdTokenRequestOptions を呼び出します。

    Java

    signInRequest = BeginSignInRequest.builder()
        .setGoogleIdTokenRequestOptions(GoogleIdTokenRequestOptions.builder()
                .setSupported(true)
                // Your server's client ID, not your Android client ID.
                .setServerClientId(getString(R.string.default_web_client_id))
                // Only show accounts previously used to sign in.
                .setFilterByAuthorizedAccounts(true)
                .build())
        .build();
        

    Kotlin+KTX

    signInRequest = BeginSignInRequest.builder()
                .setGoogleIdTokenRequestOptions(
                    BeginSignInRequest.GoogleIdTokenRequestOptions.builder()
                        .setSupported(true)
                        // Your server's client ID, not your Android client ID.
                        .setServerClientId(getString(R.string.your_web_client_id))
                        // Only show accounts previously used to sign in.
                        .setFilterByAuthorizedAccounts(true)
                        .build())
                .build()
    
    「サーバー」のクライアント ID を setGoogleIdTokenRequestOptions メソッドに渡す必要があります。OAuth 2.0 クライアント ID を確認するには:
    1. GCP Console で [認証情報] ページに移動します。
    2. ウェブ アプリケーション タイプのクライアント ID がバックエンド サーバーの OAuth 2.0 クライアント ID です。
    Google ログインを統合すると、ログイン アクティビティに次のようなコードが追加されます。

    Java

    public class YourActivity extends AppCompatActivity {
    
      // ...
      private static final int REQ_ONE_TAP = 2;  // Can be any integer unique to the Activity.
      private boolean showOneTapUI = true;
      // ...
    
      @Override
      protected void onActivityResult(int requestCode, int resultCode, @Nullable Intent data) {
          super.onActivityResult(requestCode, resultCode, data);
    
          switch (requestCode) {
              case REQ_ONE_TAP:
                  try {
                      SignInCredential credential = oneTapClient.getSignInCredentialFromIntent(data);
                      String idToken = credential.getGoogleIdToken();
                      if (idToken !=  null) {
                          // Got an ID token from Google. Use it to authenticate
                          // with Firebase.
                          Log.d(TAG, "Got ID token.");
                      }
                  } catch (ApiException e) {
                      // ...
                  }
                  break;
          }
      }
    }
    

    Kotlin+KTX

    class YourActivity : AppCompatActivity() {
    
        // ...
        private val REQ_ONE_TAP = 2  // Can be any integer unique to the Activity
        private var showOneTapUI = true
        // ...
    
        override fun onActivityResult(requestCode: Int, resultCode: Int, data: Intent?) {
            super.onActivityResult(requestCode, resultCode, data)
    
            when (requestCode) {
                 REQ_ONE_TAP -> {
                    try {
                        val credential = oneTapClient.getSignInCredentialFromIntent(data)
                        val idToken = credential.googleIdToken
                        when {
                            idToken != null -> {
                                // Got an ID token from Google. Use it to authenticate
                                // with Firebase.
                                Log.d(TAG, "Got ID token.")
                            }
                            else -> {
                                // Shouldn't happen.
                                Log.d(TAG, "No ID token!")
                            }
                        }
                    } catch (e: ApiException) {
                        // ...
                }
            }
        }
        // ...
    }
    
  2. ログイン アクティビティの onCreate メソッドで、FirebaseAuth オブジェクトの共有インスタンスを取得します。

    Java

    private FirebaseAuth mAuth;
    // ...
    // Initialize Firebase Auth
    mAuth = FirebaseAuth.getInstance();

    Kotlin+KTX

    private lateinit var auth: FirebaseAuth
    // ...
    // Initialize Firebase Auth
    auth = Firebase.auth
  3. アクティビティを初期化するときに、ユーザーが現在ログインしているかどうかを確認します。

    Java

    @Override
    public void onStart() {
        super.onStart();
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        FirebaseUser currentUser = mAuth.getCurrentUser();
        updateUI(currentUser);
    }

    Kotlin+KTX

    override fun onStart() {
        super.onStart()
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        val currentUser = auth.currentUser
        updateUI(currentUser)
    }
  4. onActivityResult() ハンドラ(手順 1 を参照)で、ユーザーの Google ID トークンを取得して Firebase 認証情報と交換し、Firebase 認証情報を使用して Firebase に対して認証を行います。

    Java

    SignInCredential googleCredential = oneTapClient.getSignInCredentialFromIntent(data);
    String idToken = googleCredential.getGoogleIdToken();
    if (idToken !=  null) {
        // Got an ID token from Google. Use it to authenticate
        // with Firebase.
        AuthCredential firebaseCredential = GoogleAuthProvider.getCredential(idToken, null);
        mAuth.signInWithCredential(firebaseCredential)
                .addOnCompleteListener(this, new OnCompleteListener<AuthResult>() {
                    @Override
                    public void onComplete(@NonNull Task<AuthResult> task) {
                        if (task.isSuccessful()) {
                            // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                            Log.d(TAG, "signInWithCredential:success");
                            FirebaseUser user = mAuth.getCurrentUser();
                            updateUI(user);
                        } else {
                            // If sign in fails, display a message to the user.
                            Log.w(TAG, "signInWithCredential:failure", task.getException());
                            updateUI(null);
                        }
                    }
                });
    }
    

    Kotlin+KTX

    val googleCredential = oneTapClient.getSignInCredentialFromIntent(data)
    val idToken = googleCredential.googleIdToken
    when {
        idToken != null -> {
            // Got an ID token from Google. Use it to authenticate
            // with Firebase.
            val firebaseCredential = GoogleAuthProvider.getCredential(idToken, null)
            auth.signInWithCredential(firebaseCredential)
                    .addOnCompleteListener(this) { task ->
                        if (task.isSuccessful) {
                            // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                            Log.d(TAG, "signInWithCredential:success")
                            val user = auth.currentUser
                            updateUI(user)
                        } else {
                            // If sign in fails, display a message to the user.
                            Log.w(TAG, "signInWithCredential:failure", task.exception)
                            updateUI(null)
                        }
                    }
        }
        else -> {
            // Shouldn't happen.
            Log.d(TAG, "No ID token!")
        }
    }
    
    signInWithCredential の呼び出しが成功した場合は、getCurrentUser メソッドを使用してユーザーのアカウント データを取得できます。

次のステップ

ユーザーが初めてログインすると、新しいユーザー アカウントが作成され、ユーザーがログインに使用した認証情報(ユーザー名とパスワード、電話番号、または認証プロバイダ情報)にアカウントがリンクされます。この新しいアカウントは Firebase プロジェクトの一部として保存され、ユーザーのログイン方法にかかわらず、プロジェクトのすべてのアプリでユーザーを識別するために使用できます。

  • アプリでは、FirebaseUser オブジェクトからユーザーの基本的なプロフィール情報を取得します。ユーザーを管理するをご覧ください。

  • Firebase Realtime Database と Cloud Storage のセキュリティ ルールでは、ログイン済みユーザーの一意のユーザー ID を auth 変数から取得し、それを使用して、ユーザーがアクセスできるデータを管理できます。

既存のユーザー アカウントに認証プロバイダの認証情報をリンクすることで、ユーザーは複数の認証プロバイダを使用してアプリにログインできるようになります。

ユーザーのログアウトを行うには、signOut を呼び出します。

Java

FirebaseAuth.getInstance().signOut();

Kotlin+KTX

Firebase.auth.signOut()