Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

Firebase認証トリガー

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Firebase ユーザー アカウントの作成と削除に応じて、Cloud Functions をトリガーできます。たとえば、アプリでアカウントを作成したばかりのユーザーにウェルカム メールを送信できます。このページの例は、まさにこれを行うサンプルに基づいています。つまり、アカウントの作成および削除時にウェルカム メールとフェアウェル メールを送信します。

ユースケースのその他の例については、「 Cloud Functions で何ができますか?」を参照してください。

ユーザー作成時に関数をトリガーする

functions.auth.user().onCreate()イベント ハンドラを使用して、Firebase ユーザーが作成されたときにトリガーされる関数を作成できます。

exports.sendWelcomeEmail = functions.auth.user().onCreate((user) => {
  // ...
});

Firebase アカウントは、次の場合に Cloud Functions のユーザー作成イベントをトリガーします。

  • ユーザーが電子メール アカウントとパスワードを作成します。
  • ユーザーは、フェデレーション ID プロバイダーを使用して初めてサインインします。
  • 開発者は、Firebase Admin SDK を使用してアカウントを作成します。
  • ユーザーが新しい匿名認証セッションに初めてサインインします。

ユーザーがカスタム トークンを使用して初めてサインインするとき、Cloud Functions イベントはトリガーされません

ユーザー属性へのアクセス

関数に返されたユーザー データから、新しく作成されたユーザーのUserRecordオブジェクトで使用可能なユーザー属性のリストにアクセスできます。たとえば、次のようにユーザーの電子メールと表示名を取得できます。

const email = user.email; // The email of the user.
const displayName = user.displayName; // The display name of the user.

ユーザーの削除時に関数をトリガーする

ユーザーの作成時に関数をトリガーできるように、ユーザーの削除イベントに応答できます。次のようにfunctions.auth.user().onDelete()イベント ハンドラを使用します。

exports.sendByeEmail = functions.auth.user().onDelete((user) => {
  // ...
});

トリガー ブロッキング関数

Identity Platform を使用して Firebase Authentication にアップグレードした場合は、ブロッキング Cloud Functionsを使用して Firebase Authentication を拡張できます。

ブロッキング関数を使用すると、ユーザーがアプリに登録またはサインインした結果を変更するカスタム コードを実行できます。たとえば、ユーザーが特定の基準を満たさない場合に認証を行わないようにしたり、クライアント アプリに情報を返す前にユーザーの情報を更新したりできます。