コンソールへ移動

カスタム ドメインを接続する

Firebase Hosting サイトにカスタム ドメイン(example.commyrealtimeapp.example.com など)を接続できます。

Firebase Hosting は、ドメインの SSL 証明書をプロビジョニングし、グローバル CDN 経由でコンテンツを提供します。

SSL 証明書の作成制限により、Firebase Hosting では一般に、1 つの Apex カスタム ドメインあたりサブドメインを 20 以下にすることが推奨されます。

ホスティング用にドメインを設定する

プロジェクトの [Firebase Hosting] ページで [使ってみる] ウィザードが完了していて、Firebase プロジェクト内に Firebase Hosting サイトがあることを確認します。

  1. プロジェクトの [Hosting] ページで、カスタム ドメインを接続するためのウィザードを開始します。

    • Hosting サイトが 1 つしかない場合は、[ドメインを接続] をクリックします。
    • Hosting サイトが複数ある場合は、目的のサイトの [表示] をクリックしてから、[ドメインを接続] をクリックします。
  2. Hosting サイトに接続するカスタム ドメインを入力します。

  3. (省略可)カスタム ドメインのすべてのリクエストを 2 番目に指定されたドメインにリダイレクトするチェックボックスをオンにします。

  4. [続行] をクリックして検証プロセスを開始します。その後で、リクエストされたら、設定ウィザードの指示に沿ってドメイン所有権を確認します。

    上記の手順により、ドメインが Firebase プロジェクトにリンクされていないこと、また指定したドメインを自分が所有していることを確認できます。

  5. カスタム ドメインを設定するには、ほとんどの場合、クイック セットアップ モードを使用できます。

    ただし、すでに別のホスティング プロバイダで稼働しているサイトがあり、ゼロ ダウンタイム移行が必要な場合は、セットアップ モードのプルダウン リストから [詳細設定] を選択します。

    • [クイック セットアップ] - ドメインの DNS A レコードが Firebase Hosting を指すように設定します。

    • [詳細設定] - 画面の指示に沿って、ドメインの DNS TXT レコードを更新するか、ファイルを既存のサイトの指定された場所にアップロードします。検証が完了したら、DNS A レコードが Firebase Hosting を指すように安全に指定できます。

  6. Firebase は、DNS A レコードが Firebase Hosting を指すように指定してから 24 時間以内に、SSL 証明書をプロビジョニングします。

カスタム ドメインのステータスの説明の設定

ステータス 説明
設定が必要です

DNS レコードを使った構成の変更が必要な場合があります。

  • ほとんどの場合、DNS A レコードはドメイン名プロバイダから Firebase Hosting サーバーに伝播されていません。
    トラブルシューティングのヒント: 24 時間以上経過している場合は、レコードが Firebase Hosting を指していることを確認してください。

  • ごくまれに、特に詳細設定のフローを使用している場合は、以下の理由で SSL チャレンジが失敗する可能性があります。

    • DNS レコードに、他のホスティング プロバイダを指す A レコードまたは CNAME レコードがあります。
      トラブルシューティングのヒント: A レコードが Firebase Hosting のみを指していることを確認し、すべての CNAME レコードを削除します。
    • 移行が失敗し、トークン(サイトに提供された DNS TXT レコードまたはアップロードされたファイル)が無効になりました。
      トラブルシューティングのヒント: ドメインの [表示] をクリックしてから、既存のドメインに新しいトークンを入力します。
保留中

カスタム ドメインを正しく設定しましたが、Firebase Hosting は SSL 証明書をプロビジョニングしていません。

たまに次の問題によって、カスタム ドメインの SSL 証明書の作成が滞ることがあります。

  • CAA レコードの制限が厳しすぎます。
    トラブルシューティングのヒント: 認証局の Let's Encrypt でドメイン用の SSL 証明書を作成できることを確認してください。
  • チャレンジ コードが無効です。
    詳細設定のフローを使用していて、移行に失敗した場合、トークン(およびそのチャレンジ コード)は無効になります。 トラブルシューティングのヒント: ドメインの [表示] をクリックしてから、既存のドメインに新しいトークンを入力します。
  • リクエストした証明書のサブドメイン数が多すぎます。
    トラブルシューティングのヒント: SSL 証明書の作成制限により、Firebase Hosting では一般に、1 つの Apex カスタム ドメインあたりサブドメインを 20 以下にすることが推奨されます。
接続されています

カスタム ドメインには適切な DNS レコードがあり、SSL 証明書があります。
自分のサイトのコンテンツを提供できます。

SSL 証明書のプロビジョニングを待機する

ドメイン所有権の確認が済むと、ドメインの SSL 証明書がプロビジョニングされ、グローバル CDN にデプロイされます。このプロセスには数時間かかることがありますが、プロジェクトの Firebase Hosting ページに進行状況についてのメッセージが表示されます。

ドメインは、FirebaseApp SSL 証明書にサブジェクト代替名(SAN)の 1 つとして表示されます。この証明書はブラウザのセキュリティ ツールを使って表示できます。ドメインのプロビジョニング中は、ドメイン名が記載されていない無効な証明書が表示されることがあります。これは、通常プロセスの一部であり、ドメインの証明書が入手可能になれば解決します。