Android でファイル メタデータを使用する

ファイルを Cloud Storage 参照にアップロードした後で、ファイル メタデータを取得、更新して、コンテンツ タイプの表示や更新などを行うことができます。ファイルには、追加のファイル メタデータを使用してカスタム Key-Value ペアを格納することもできます。

ファイル メタデータを取得する

ファイル メタデータには、namesizecontentType(多くの場合 MIME タイプと呼ばれます)などの一般的なプロパティに加え、contentDispositiontimeCreated などのあまり一般的でないプロパティも含まれます。このメタデータは、getMetadata() メソッドを使用して Cloud Storage 参照から取得できます。

// Create a storage reference from our app
StorageReference storageRef = storage.getReference();

// Get reference to the file
StorageReference forestRef = storageRef.child("images/forest.jpg");

forestRef.getMetadata().addOnSuccessListener(new OnSuccessListener<StorageMetadata>() {
    @Override
    public void onSuccess(StorageMetadata storageMetadata) {
        // Metadata now contains the metadata for 'images/forest.jpg'
    }
}).addOnFailureListener(new OnFailureListener() {
    @Override
    public void onFailure(@NonNull Exception exception) {
        // Uh-oh, an error occurred!
    }
});

ファイル メタデータを更新する

ファイルのアップロードが完了したら、updateMetadata() メソッドを使用して、いつでもファイル メタデータを更新できます。更新できるプロパティについて詳しくは、全一覧をご覧ください。メタデータに指定されているプロパティのみ更新され、それ以外のプロパティはすべて変更されずに残ります。

// Create a storage reference from our app
StorageReference storageRef = storage.getReference();

// Get reference to the file
StorageReference forestRef = storageRef.child("images/forest.jpg");

// Create file metadata including the content type
StorageMetadata metadata = new StorageMetadata.Builder()
        .setContentType("image/jpg")
        .setCustomMetadata("myCustomProperty", "myValue")
        .build();

// Update metadata properties
forestRef.updateMetadata(metadata)
        .addOnSuccessListener(new OnSuccessListener<StorageMetadata>() {
            @Override
            public void onSuccess(StorageMetadata storageMetadata) {
                // Updated metadata is in storageMetadata
            }
        })
        .addOnFailureListener(new OnFailureListener() {
            @Override
            public void onFailure(@NonNull Exception exception) {
                // Uh-oh, an error occurred!
            }
        });

書き込み可能なメタデータ プロパティを削除するには、次のように null を渡します。

// Create file metadata with property to delete
StorageMetadata metadata = new StorageMetadata.Builder()
        .setContentType(null)
        .build();

// Delete the metadata property
forestRef.updateMetadata(metadata)
        .addOnSuccessListener(new OnSuccessListener<StorageMetadata>() {
            @Override
            public void onSuccess(StorageMetadata storageMetadata) {
                // metadata.contentType should be null
            }
        })
        .addOnFailureListener(new OnFailureListener() {
            @Override
            public void onFailure(@NonNull Exception exception) {
                // Uh-oh, an error occurred!
            }
        });

エラーを処理する

メタデータの取得または更新時にエラーが発生する理由として、ファイルが存在しない、目的のファイルのアクセス権がユーザーにないなど、たくさんの理由が考えられます。エラーについて詳しくは、このドキュメントのエラーの処理のセクションをご覧ください。

カスタム メタデータ

カスタム メタデータを指定するには、setCustomMetadata() メソッドを StorageMetadata.Builder クラスで使用します。

StorageMetadata metadata = new StorageMetadata.Builder()
        .setCustomMetadata("location", "Yosemite, CA, USA")
        .setCustomMetadata("activity", "Hiking")
        .build();

各ファイルについてアプリ固有のデータをカスタム メタデータに格納することは可能ですが、このタイプのデータを格納して同期するには、データベース(Firebase Realtime Database など)を使用することを強くおすすめします。

ファイル メタデータのプロパティ

ファイルに関するメタデータ プロパティの全一覧は次のとおりです。

プロパティ ゲッター セッターの有無
getBucket String なし
getGeneration String なし
getMetadataGeneration String なし
getPath String なし
getName String なし
getSizeBytes long なし
getCreationTimeMillis long なし
getUpdatedTimeMillis long なし
getMd5Hash String なし
getCacheControl String あり
getContentDisposition String あり
getContentEncoding String あり
getContentLanguage String あり
getContentType String あり
getDownloadUrl Uri なし
getDownloadUrls List<Uri> なし
getCustomMetadata String あり
getCustomMetadataKeys Set<String> なし

ファイルのアップロード、ダウンロード、更新は重要ですが、ファイルを削除できることも重要です。Cloud Storage からファイルを削除する方法を学習しましょう。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。