コンソールへ移動

Android で Google ログインを使用して認証する

Google ログインをアプリに統合して、ユーザーが Firebase での認証に Google アカウントを使用できるようにすることができます。

始める前に

  1. まだ追加していない場合は、Firebase を Android プロジェクトに追加します
  2. プロジェクト レベルの build.gradle ファイルの buildscript セクションと allprojects セクションの両方に Google の Maven リポジトリを組み込みます。
  3. Firebase Authentication Android ライブラリと Google Play 開発者サービスの依存関係をモジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)に追加します。

    implementation 'com.google.firebase:firebase-auth:19.1.0'
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-auth:17.0.0'
    
  4. アプリの SHA-1 フィンガープリントを指定していない場合は、Firebase コンソールの [設定] ページで指定します。アプリの SHA-1 フィンガープリントを取得する方法の詳細については、クライアントの認証をご覧ください。

  5. Firebase コンソールで Google ログインを有効にします。
    1. Firebase コンソールで [Authentication] セクションを開きます。
    2. [ログイン方法] タブで [Google] を有効にし、[保存] をクリックします。

Firebase で認証する

  1. Android アプリへの Google ログインの統合ページの手順に沿って Google ログインをアプリに統合します。 GoogleSignInOptions オブジェクトを構成するときは、requestIdToken を呼び出します。

    Java

    // Configure Google Sign In
    GoogleSignInOptions gso = new GoogleSignInOptions.Builder(GoogleSignInOptions.DEFAULT_SIGN_IN)
            .requestIdToken(getString(R.string.default_web_client_id))
            .requestEmail()
            .build();

    Kotlin

    // Configure Google Sign In
    val gso = GoogleSignInOptions.Builder(GoogleSignInOptions.DEFAULT_SIGN_IN)
            .requestIdToken(getString(R.string.default_web_client_id))
            .requestEmail()
            .build()
    サーバーのクライアント IDrequestIdToken メソッドに渡す必要があります。OAuth 2.0 クライアント ID を確認するには:
    1. GCP Console で [認証情報] ページに移動します。
    2. ウェブ アプリケーション タイプのクライアント ID がバックエンド サーバーの OAuth 2.0 クライアント ID です。
    Google ログインを統合すると、ログイン アクティビティに次のようなコードが追加されます。

    Java

    private void signIn() {
        Intent signInIntent = mGoogleSignInClient.getSignInIntent();
        startActivityForResult(signInIntent, RC_SIGN_IN);
    }
    @Override
    public void onActivityResult(int requestCode, int resultCode, Intent data) {
        super.onActivityResult(requestCode, resultCode, data);
    
        // Result returned from launching the Intent from GoogleSignInApi.getSignInIntent(...);
        if (requestCode == RC_SIGN_IN) {
            Task<GoogleSignInAccount> task = GoogleSignIn.getSignedInAccountFromIntent(data);
            try {
                // Google Sign In was successful, authenticate with Firebase
                GoogleSignInAccount account = task.getResult(ApiException.class);
                firebaseAuthWithGoogle(account);
            } catch (ApiException e) {
                // Google Sign In failed, update UI appropriately
                Log.w(TAG, "Google sign in failed", e);
                // ...
            }
        }
    }

    Kotlin

    private fun signIn() {
        val signInIntent = googleSignInClient.signInIntent
        startActivityForResult(signInIntent, RC_SIGN_IN)
    }
    public override fun onActivityResult(requestCode: Int, resultCode: Int, data: Intent?) {
        super.onActivityResult(requestCode, resultCode, data)
    
        // Result returned from launching the Intent from GoogleSignInApi.getSignInIntent(...);
        if (requestCode == RC_SIGN_IN) {
            val task = GoogleSignIn.getSignedInAccountFromIntent(data)
            try {
                // Google Sign In was successful, authenticate with Firebase
                val account = task.getResult(ApiException::class.java)
                firebaseAuthWithGoogle(account!!)
            } catch (e: ApiException) {
                // Google Sign In failed, update UI appropriately
                Log.w(TAG, "Google sign in failed", e)
                // ...
            }
        }
    }
  2. ログイン アクティビティの onCreate メソッドで、FirebaseAuth オブジェクトの共有インスタンスを取得します。

    Java

    private FirebaseAuth mAuth;// ...
    // Initialize Firebase Auth
    mAuth = FirebaseAuth.getInstance();

    Kotlin

    private lateinit var auth: FirebaseAuth// ...
    // Initialize Firebase Auth
    auth = FirebaseAuth.getInstance()
  3. アクティビティを初期化するときに、ユーザーが現在ログインしているかどうかを確認します。

    Java

    @Override
    public void onStart() {
        super.onStart();
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        FirebaseUser currentUser = mAuth.getCurrentUser();
        updateUI(currentUser);
    }

    Kotlin

    public override fun onStart() {
        super.onStart()
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        val currentUser = auth.currentUser
        updateUI(currentUser)
    }
  4. ユーザーがログインに成功したら、GoogleSignInAccount オブジェクトから ID トークンを取得して Firebase 認証情報と交換し、Firebase 認証情報を使用して Firebase での認証を行います。

    Java

    private void firebaseAuthWithGoogle(GoogleSignInAccount acct) {
        Log.d(TAG, "firebaseAuthWithGoogle:" + acct.getId());
    
        AuthCredential credential = GoogleAuthProvider.getCredential(acct.getIdToken(), null);
        mAuth.signInWithCredential(credential)
                .addOnCompleteListener(this, new OnCompleteListener<AuthResult>() {
                    @Override
                    public void onComplete(@NonNull Task<AuthResult> task) {
                        if (task.isSuccessful()) {
                            // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                            Log.d(TAG, "signInWithCredential:success");
                            FirebaseUser user = mAuth.getCurrentUser();
                            updateUI(user);
                        } else {
                            // If sign in fails, display a message to the user.
                            Log.w(TAG, "signInWithCredential:failure", task.getException());
                            Snackbar.make(findViewById(R.id.main_layout), "Authentication Failed.", Snackbar.LENGTH_SHORT).show();
                            updateUI(null);
                        }
    
                        // ...
                    }
                });
    }

    Kotlin

    private fun firebaseAuthWithGoogle(acct: GoogleSignInAccount) {
        Log.d(TAG, "firebaseAuthWithGoogle:" + acct.id!!)
    
        val credential = GoogleAuthProvider.getCredential(acct.idToken, null)
        auth.signInWithCredential(credential)
                .addOnCompleteListener(this) { task ->
                    if (task.isSuccessful) {
                        // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                        Log.d(TAG, "signInWithCredential:success")
                        val user = auth.currentUser
                        updateUI(user)
                    } else {
                        // If sign in fails, display a message to the user.
                        Log.w(TAG, "signInWithCredential:failure", task.exception)
                        Snackbar.make(main_layout, "Authentication Failed.", Snackbar.LENGTH_SHORT).show()
                        updateUI(null)
                    }
    
                    // ...
                }
    }
    signInWithCredential の呼び出しが成功した場合は、getCurrentUser メソッドを使用してユーザーのアカウント データを取得できます。

次のステップ

ユーザーが初めてログインすると、新しいユーザー アカウントが作成され、ユーザーがログインに使用した認証情報(ユーザー名とパスワード、電話番号、または認証プロバイダ情報)にアカウントがリンクされます。この新しいアカウントは Firebase プロジェクトの一部として保存され、ユーザーのログイン方法にかかわらず、プロジェクトのすべてのアプリでユーザーを識別するために使用できます。

  • アプリでは、FirebaseUser オブジェクトからユーザーの基本的なプロフィール情報を取得できます。ユーザーの管理をご覧ください。

  • Firebase Realtime Database と Cloud Storage のセキュリティ ルールでは、ログイン済みユーザーの一意のユーザー ID を auth 変数から取得し、それを使用して、ユーザーがアクセスできるデータを管理できます。

既存のユーザー アカウントに認証プロバイダの認証情報をリンクすることで、ユーザーは複数の認証プロバイダを使用してアプリにログインできるようになります。

ユーザーのログアウトを行うには、signOut を呼び出します。

Java

FirebaseAuth.getInstance().signOut();

Kotlin

FirebaseAuth.getInstance().signOut()