Join us for Firebase Summit on November 10, 2021. Tune in to learn how Firebase can help you accelerate app development, release with confidence, and scale with ease. Register

Firebase でユーザーを管理する

ユーザーを作成する

createUserWithEmailAndPassword メソッドを呼び出すか、Google ログインFacebook ログインなどのフェデレーション ID プロバイダを使用してユーザーが初めてログインすると、Firebase プロジェクトに新しいユーザーが作成されます。

Firebase コンソールの [Authentication] セクションにある [ユーザー] ページで、新しいパスワード認証ユーザーを作成することもできます。

現在ログインしているユーザーを取得する

現在ログインしているユーザーを取得するには、getCurrentUser メソッドを呼び出すことをおすすめします。ユーザーがログインしていない場合、getCurrentUser は null を返します。

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
if (user != null) {
    // User is signed in
} else {
    // No user is signed in
}

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser
if (user != null) {
    // User is signed in
} else {
    // No user is signed in
}

getCurrentUser が null 以外の FirebaseUser を返しても、基になるトークンが無効な場合があります。これは、たとえば、ユーザーが別のデバイスで削除され、ローカル トークンが更新されていない場合に発生します。この場合、有効なユーザー getCurrentUser を取得できますが、後続の認証済みリソースの呼び出しは失敗します。

getCurrentUsernull を返す原因としては、Auth オブジェクトの初期化が完了していないことも考えられます。

AuthStateListener をアタッチすると、基になるトークンの状態が変わるたびにコールバックが返されます。これは、上記のようなエッジケースに対応するのに便利です。

ユーザーのプロフィールを取得する

ユーザーのプロフィール情報を取得するには、FirebaseUser のインスタンスのアクセサ メソッドを使用します。次に例を示します。

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
if (user != null) {
    // Name, email address, and profile photo Url
    String name = user.getDisplayName();
    String email = user.getEmail();
    Uri photoUrl = user.getPhotoUrl();

    // Check if user's email is verified
    boolean emailVerified = user.isEmailVerified();

    // The user's ID, unique to the Firebase project. Do NOT use this value to
    // authenticate with your backend server, if you have one. Use
    // FirebaseUser.getIdToken() instead.
    String uid = user.getUid();
}

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser
user?.let {
    // Name, email address, and profile photo Url
    val name = user.displayName
    val email = user.email
    val photoUrl = user.photoUrl

    // Check if user's email is verified
    val emailVerified = user.isEmailVerified

    // The user's ID, unique to the Firebase project. Do NOT use this value to
    // authenticate with your backend server, if you have one. Use
    // FirebaseUser.getToken() instead.
    val uid = user.uid
}

ユーザーのプロバイダ別のプロフィール情報を取得する

ユーザーにリンクされているログイン プロバイダからプロフィール情報を取得する場合は、getProviderData メソッドを使用します。次に例を示します。

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
if (user != null) {
    for (UserInfo profile : user.getProviderData()) {
        // Id of the provider (ex: google.com)
        String providerId = profile.getProviderId();

        // UID specific to the provider
        String uid = profile.getUid();

        // Name, email address, and profile photo Url
        String name = profile.getDisplayName();
        String email = profile.getEmail();
        Uri photoUrl = profile.getPhotoUrl();
    }
}

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser
user?.let {
    for (profile in it.providerData) {
        // Id of the provider (ex: google.com)
        val providerId = profile.providerId

        // UID specific to the provider
        val uid = profile.uid

        // Name, email address, and profile photo Url
        val name = profile.displayName
        val email = profile.email
        val photoUrl = profile.photoUrl
    }
}

ユーザーのプロフィールを更新する

updateProfile メソッドを使用して、ユーザーの基本的なプロフィール情報(ユーザーの表示名とプロフィール写真の URL)を更新できます。次に例を示します。

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

UserProfileChangeRequest profileUpdates = new UserProfileChangeRequest.Builder()
        .setDisplayName("Jane Q. User")
        .setPhotoUri(Uri.parse("https://example.com/jane-q-user/profile.jpg"))
        .build();

user.updateProfile(profileUpdates)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User profile updated.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser

val profileUpdates = userProfileChangeRequest {
    displayName = "Jane Q. User"
    photoUri = Uri.parse("https://example.com/jane-q-user/profile.jpg")
}

user!!.updateProfile(profileUpdates)
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "User profile updated.")
            }
        }

ユーザーのメールアドレスを設定する

updateEmail メソッドを使用して、ユーザーのメールアドレスを設定できます。次に例を示します。

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

user.updateEmail("user@example.com")
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User email address updated.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser

user!!.updateEmail("user@example.com")
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "User email address updated.")
            }
        }

ユーザーに確認メールを送信する

sendEmailVerification メソッドを使用して、ユーザーにアドレス確認メールを送信できます。次に例を示します。

Java

FirebaseAuth auth = FirebaseAuth.getInstance();
FirebaseUser user = auth.getCurrentUser();

user.sendEmailVerification()
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "Email sent.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser

user!!.sendEmailVerification()
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "Email sent.")
            }
        }

Firebase コンソールの [Authentication] セクションにある [メール テンプレート] ページで使用されるメール テンプレートをカスタマイズできます。Firebase ヘルプセンターでメール テンプレートについての記事をご覧ください。

確認メールを送信するときに、続行 URL を使用して状態を渡し、アプリにリダイレクトすることもできます。

さらに、メールを送信する前に Auth インスタンスの言語コードを更新して、確認メールをローカライズすることもできます。次に例を示します。

Java

auth.setLanguageCode("fr");
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// auth.useAppLanguage();

Kotlin+KTX

auth.setLanguageCode("fr")
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// auth.useAppLanguage()

ユーザーのパスワードを設定する

updatePassword メソッドを使用して、ユーザーのパスワードを設定できます。次に例を示します。

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
String newPassword = "SOME-SECURE-PASSWORD";

user.updatePassword(newPassword)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User password updated.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser
val newPassword = "SOME-SECURE-PASSWORD"

user!!.updatePassword(newPassword)
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "User password updated.")
            }
        }

パスワードの再設定メールを送信する

sendPasswordResetEmail メソッドを使用して、ユーザーにパスワードの再設定メールを送信できます。次に例を示します。

Java

FirebaseAuth auth = FirebaseAuth.getInstance();
String emailAddress = "user@example.com";

auth.sendPasswordResetEmail(emailAddress)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "Email sent.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val emailAddress = "user@example.com"

Firebase.auth.sendPasswordResetEmail(emailAddress)
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "Email sent.")
            }
        }

Firebase コンソールの [Authentication] セクションにある [メール テンプレート] ページで使用されるメール テンプレートをカスタマイズできます。Firebase ヘルプセンターでメール テンプレートについての記事をご覧ください。

パスワードの再設定メールを送信するときに、続行 URL を使用して状態を渡し、アプリにリダイレクトすることもできます。

さらに、メールを送信する前に Auth インスタンスの言語コードを更新して、パスワードの再設定メールをローカライズすることもできます。次に例を示します。

Java

auth.setLanguageCode("fr");
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// auth.useAppLanguage();

Kotlin+KTX

auth.setLanguageCode("fr")
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// auth.useAppLanguage()

Firebase コンソールからパスワードの再設定メールを送信することもできます。

ユーザーを削除する

delete メソッドを使用して、ユーザー アカウントを削除できます。次に例を示します。

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

user.delete()
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User account deleted.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser!!

user.delete()
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "User account deleted.")
            }
        }

Firebase コンソールの [Authentication] セクションにある [Users] ページでユーザーを削除することもできます。

ユーザーを再認証する

アカウントの削除メインのメールアドレスの設定パスワードの変更といったセキュリティ上重要な操作を行うには、ユーザーが最近ログインしている必要があります。ユーザーが最近ログインしていない場合にこのような操作を行うと、操作は失敗して FirebaseAuthRecentLoginRequiredException がスローされます。このような場合は、ユーザーから新しいログイン認証情報を取得して reauthenticate に渡し、ユーザーを再認証します。次に例を示します。

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

// Get auth credentials from the user for re-authentication. The example below shows
// email and password credentials but there are multiple possible providers,
// such as GoogleAuthProvider or FacebookAuthProvider.
AuthCredential credential = EmailAuthProvider
        .getCredential("user@example.com", "password1234");

// Prompt the user to re-provide their sign-in credentials
user.reauthenticate(credential)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                Log.d(TAG, "User re-authenticated.");
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser!!

// Get auth credentials from the user for re-authentication. The example below shows
// email and password credentials but there are multiple possible providers,
// such as GoogleAuthProvider or FacebookAuthProvider.
val credential = EmailAuthProvider
        .getCredential("user@example.com", "password1234")

// Prompt the user to re-provide their sign-in credentials
user.reauthenticate(credential)
        .addOnCompleteListener { Log.d(TAG, "User re-authenticated.") }

ユーザー アカウントをインポートする

ユーザー アカウントをファイルから Firebase プロジェクトにインポートするには、Firebase CLI の auth:import コマンドを使用します。次に例を示します。

firebase auth:import users.json --hash-algo=scrypt --rounds=8 --mem-cost=14