Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

JavaScriptでのインストールとセットアップ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Firebase Realtime Database は、クラウドでホストされるデータベースです。データは JSON として保存され、接続されているすべてのクライアントにリアルタイムで同期されます。 Android、Apple プラットフォーム、JavaScript SDK を使用してクロスプラットフォーム アプリを構築すると、すべてのクライアントが 1 つの Realtime Database インスタンスを共有し、最新データの更新を自動的に受け取ります。

前提条件

Firebase JS SDK をまだインストールしていない場合は、インストールして Firebase を初期化します

データベースを作成する

  1. Firebase コンソールRealtime Databaseセクションに移動します。既存の Firebase プロジェクトを選択するよう求められます。データベース作成ワークフローに従います。

  2. Firebase セキュリティ ルールの開始モードを選択します。

    テストモード

    モバイルおよび Web クライアント ライブラリの使用を開始するのに適していますが、誰でもデータの読み取りと上書きを行うことができます。テスト後「Firebase Realtime Database ルールを理解する」セクションを必ず確認してください。

    Web、Apple、または Android SDK を開始するには、testmode を選択します。

    ロックモード

    モバイルおよび Web クライアントからの読み取りと書き込みをすべて拒否します。認証されたアプリケーション サーバーは引き続きデータベースにアクセスできます。

  3. データベースの場所を選択します。

    データベースの場所に応じて、新しいデータベースの URL は次のいずれかの形式になります。

    • DATABASE_NAME .firebaseio.com ( us-central1のデータベース用)

    • DATABASE_NAME . REGION .firebasedatabase.app (他のすべての場所のデータベース用)

  4. [完了]をクリックします。

Realtime Database を有効にすると、 Cloud API Managerの API も有効になります。

Realtime Database ルールの構成

Realtime Database は、データの構造化方法、インデックスの作成方法、およびデータの読み取りと書き込みを行うタイミングを定義できる宣言型ルール言語を提供します。

Realtime Database JS SDK を追加して Realtime Database を初期化する

JavaScript SDK を初期化するときに、Realtime Database の URL を指定する必要があります。

Realtime Database の URL は、 Firebase コンソールRealtime Databaseセクションにあります。データベースの場所に応じて、データベースの URL は次のいずれかの形式になります。

  • https:// DATABASE_NAME .firebaseio.com ( us-central1のデータベースの場合)
  • https:// DATABASE_NAME . REGION .firebasedatabase.app (他のすべての場所のデータベース用)

次のコード スニペットを使用して SDK を初期化します。

Web version 9

import { initializeApp } from "firebase/app";
import { getDatabase } from "firebase/database";

// TODO: Replace the following with your app's Firebase project configuration
// See: https://firebase.google.com/docs/web/learn-more#config-object
const firebaseConfig = {
  // ...
  // The value of `databaseURL` depends on the location of the database
  databaseURL: "https://DATABASE_NAME.firebaseio.com",
};

// Initialize Firebase
const app = initializeApp(firebaseConfig);


// Initialize Realtime Database and get a reference to the service
const database = getDatabase(app);

Web version 8

import firebase from "firebase/app";
import "firebase/database";

// TODO: Replace the following with your app's Firebase project configuration
// See: https://firebase.google.com/docs/web/learn-more#config-object
const firebaseConfig = {
  // ...
  // The value of `databaseURL` depends on the location of the database
  databaseURL: "https://DATABASE_NAME.firebaseio.com",
};

// Initialize Firebase
firebase.initializeApp(firebaseConfig);


// Initialize Realtime Database and get a reference to the service
const database = firebase.database();

Firebase Realtime Database の使用を開始する準備が整いました。

次のステップ