Firebase でユーザーを管理する

ユーザーを作成する

createUserWithEmailAndPassword メソッドを呼び出すか、Google ログインFacebook ログインなどのフェデレーション ID プロバイダを使用してユーザーが初めてログインすると、Firebase プロジェクトで新しいユーザーが作成されます。

Firebase console の [Authentication] セクションにある [ユーザー] ページで、新しいパスワード認証ユーザーを作成することもできます。

現在ログインしているユーザーを取得する

現在ログインしているユーザーを取得するには、Auth オブジェクトでリスナーを設定することをおすすめします。

 verbatim d2d7caab29024c8e88fd18e74f259d0c mAuthListener = new FirebaseAuth.AuthStateListener() {
    @Override
    public void onAuthStateChanged(@NonNull FirebaseAuth firebaseAuth) {
        FirebaseUser user = firebaseAuth.getCurrentUser();
        if (user != null) {
            // User is signed in
            Log.d(TAG, "onAuthStateChanged:signed_in:" + user.getUid());
        } else {
            // User is signed out
            Log.d(TAG, "onAuthStateChanged:signed_out");
        }
        // ...
    }
}; endverbatim d2d7caab29024c8e88fd18e74f259d0c 

リスナーを使用することで、現在ログインしているユーザーを取得するときに Auth オブジェクトが中間状態(初期化など)ではないことを確認します。

getCurrentUser を呼び出すことでも、現在ログインしているユーザーを取得できます。ユーザーがログインしていない場合、getCurrentUser は null を返します。

 verbatim 828e5b1c693acaa1d2c704a9364d014f FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
if (user != null) {
    // User is signed in
} else {
    // No user is signed in
} endverbatim 828e5b1c693acaa1d2c704a9364d014f 

ユーザーのプロフィールを取得する

ユーザーのプロフィール情報を取得するには、FirebaseUser のインスタンスのアクセサ メソッドを使用します。次に例を示します。

 verbatim fe29f20ffd56775d8fa6b4328e9de993 FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
if (user != null) {
    // Name, email address, and profile photo Url
    String name = user.getDisplayName();
    String email = user.getEmail();
    Uri photoUrl = user.getPhotoUrl();

    // The user's ID, unique to the Firebase project. Do NOT use this value to
    // authenticate with your backend server, if you have one. Use
    // FirebaseUser.getToken() instead.
    String uid = user.getUid();
} endverbatim fe29f20ffd56775d8fa6b4328e9de993 

ユーザーのプロバイダ別のプロフィール情報を取得する

ユーザーにリンクされているログイン プロバイダからプロフィール情報を取得するには、getProviderData メソッドを使用します。次に例を示します。

 verbatim fdfd2324c19dc51e263a66deb2dac61d FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
if (user != null) {
    for (UserInfo profile : user.getProviderData()) {
        // Id of the provider (ex: google.com)
        String providerId = profile.getProviderId();

        // UID specific to the provider
        String uid = profile.getUid();

        // Name, email address, and profile photo Url
        String name = profile.getDisplayName();
        String email = profile.getEmail();
        Uri photoUrl = profile.getPhotoUrl();
    };
} endverbatim fdfd2324c19dc51e263a66deb2dac61d 

ユーザーのプロフィールを更新する

updateProfile メソッドを使用して、ユーザーの基本的なプロフィール情報(ユーザーの表示名とプロフィール写真の URL)を更新できます。次に例を示します。

 verbatim 7b6964eea14060404b9a305fe3f804d7 FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

UserProfileChangeRequest profileUpdates = new UserProfileChangeRequest.Builder()
        .setDisplayName("Jane Q. User")
        .setPhotoUri(Uri.parse("https://example.com/jane-q-user/profile.jpg"))
        .build();

user.updateProfile(profileUpdates)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User profile updated.");
                }
            }
        }); endverbatim 7b6964eea14060404b9a305fe3f804d7 

ユーザーのメールアドレスを設定する

updateEmail メソッドを使用して、ユーザーのメールアドレスを設定できます。次に例を示します。

 verbatim 3c8919189f350538000f63daf84ac874 FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

user.updateEmail("user@example.com")
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User email address updated.");
                }
            }
        }); endverbatim 3c8919189f350538000f63daf84ac874 

ユーザーに確認メールを送信する

sendEmailVerification メソッドを使用して、ユーザーにアドレス確認メールを送信できます。次に例を示します。

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

user.sendEmailVerification()
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "Email sent.");
                }
            }
        });

Firebase console の [Authentication] セクションにある [メール テンプレート] ページで使用されるメール テンプレートをカスタマイズできます。 Firebase ヘルプセンターでメール テンプレートについての記事をご覧ください。

ユーザーのパスワードを設定する

updatePassword メソッドを使用して、ユーザーのパスワードを設定できます。次に例を示します。

 verbatim 1951bee529c84d0213f8acbeca9a32c7 FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
String newPassword = "SOME-SECURE-PASSWORD";

user.updatePassword(newPassword)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User password updated.");
                }
            }
        }); endverbatim 1951bee529c84d0213f8acbeca9a32c7 

パスワードの再設定メールを送信する

sendPasswordResetEmail メソッドを使用して、ユーザーにパスワードの再設定メールを送信できます。次に例を示します。

 verbatim c127cf4781fc9c7c4fe8f192e8130bbc FirebaseAuth auth = FirebaseAuth.getInstance();
String emailAddress = "user@example.com";

auth.sendPasswordResetEmail(emailAddress)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "Email sent.");
                }
            }
        }); endverbatim c127cf4781fc9c7c4fe8f192e8130bbc 

Firebase console の [Authentication] セクションにある [メール テンプレート] ページで使用されるメール テンプレートをカスタマイズできます。 Firebase ヘルプセンターでメール テンプレートについての記事をご覧ください。

Firebase console からパスワードの再設定メールを送信することもできます。

ユーザーを削除する

delete メソッドを使用して、ユーザーのアカウントを削除できます。次に例を示します。

 verbatim 3334a60829eaf2f0b55ea14337cfdfb2 FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

user.delete()
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User account deleted.");
                }
            }
        }); endverbatim 3334a60829eaf2f0b55ea14337cfdfb2 

Firebase console の [Authentication] セクションにある [ユーザー] ページでユーザーを削除することもできます。

ユーザーを再認証する

アカウントの削除メインのメールアドレスの設定パスワードの変更といったセキュリティ上重要な操作を行うには、ユーザーが最近ログインしている必要があります。ユーザーが最近ログインしていない場合、このような操作を行うと失敗し、FirebaseAuthRecentLoginRequiredException がスローされます。 このような場合は、ユーザーから新しいログイン認証情報を取得して reauthenticate に渡し、ユーザーを再認証します。次に例を示します。

 verbatim c1db16f20d2f5c57bd51db99597e5b3f FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

// Get auth credentials from the user for re-authentication. The example below shows
// email and password credentials but there are multiple possible providers,
// such as GoogleAuthProvider or FacebookAuthProvider.
AuthCredential credential = EmailAuthProvider
        .getCredential("user@example.com", "password1234");

// Prompt the user to re-provide their sign-in credentials
user.reauthenticate(credential)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                Log.d(TAG, "User re-authenticated.");
            }
        }); endverbatim c1db16f20d2f5c57bd51db99597e5b3f 

ユーザー アカウントをインポートする

Firebase CLI の auth:import コマンドを使用して、ユーザー アカウントをファイルから Firebase プロジェクトにインポートできます。次に例を示します。

firebase auth:import users.json --hash-algo=scrypt --rounds=8 --mem-cost=14

フィードバックを送信...