Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

JavaScriptを使用して複数の認証プロバイダーをアカウントにリンクする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

認証プロバイダーのクレデンシャルを既存のユーザーアカウントにリンクすることで、ユーザーが複数の認証プロバイダーを使用してアプリにサインインできるようにすることができます。ユーザーは、ログインに使用した認証プロバイダーに関係なく、同じFirebaseユーザーIDで識別できます。たとえば、パスワードを使用してログインしたユーザーは、Googleアカウントをリンクし、将来的にどちらの方法でもログインできます。または、匿名ユーザーがFacebookアカウントをリンクし、後でFacebookでサインインして、アプリの使用を継続することもできます。

あなたが始める前に

2つ以上の認証プロバイダー(匿名認証を含む可能性があります)のサポートをアプリに追加します。

GoogleやFacebookなどの認証プロバイダーからの資格情報を既存のユーザーアカウントにリンクするには:

  1. 任意の認証プロバイダーまたは方法を使用してユーザーにサインインします。
  2. ユーザーのアカウントにリンクするプロバイダーに対応するAuthProviderオブジェクトを取得します。例:

    Web version 9

    import { GoogleAuthProvider, FacebookAuthProvider, TwitterAuthProvider, GithubAuthProvider } from "firebase/auth";
    
    const googleProvider = new GoogleAuthProvider();
    const facebookProvider = new FacebookAuthProvider();
    const twitterProvider = new TwitterAuthProvider();
    const githubProvider = new GithubAuthProvider();

    Web version 8

    var googleProvider = new firebase.auth.GoogleAuthProvider();
    var facebookProvider = new firebase.auth.FacebookAuthProvider();
    var twitterProvider = new firebase.auth.TwitterAuthProvider();
    var githubProvider = new firebase.auth.GithubAuthProvider();
  3. リンクするプロバイダーでサインインするようにユーザーに促します。ポップアップウィンドウを開くか、プロバイダーのサインインページにリダイレクトすることにより、ユーザーにサインインを求めることができます。リダイレクト方式は、モバイルデバイスで推奨されます。
    • ポップアップウィンドウでサインインするには、 linkWithPopupを呼び出します。

      Web version 9

      import { getAuth, linkWithPopup, GoogleAuthProvider } from "firebase/auth";
      const provider = new GoogleAuthProvider();
      
      const auth = getAuth();
      linkWithPopup(auth.currentUser, provider).then((result) => {
        // Accounts successfully linked.
        const credential = GoogleAuthProvider.credentialFromResult(result);
        const user = result.user;
        // ...
      }).catch((error) => {
        // Handle Errors here.
        // ...
      });

      Web version 8

      auth.currentUser.linkWithPopup(provider).then((result) => {
        // Accounts successfully linked.
        var credential = result.credential;
        var user = result.user;
        // ...
      }).catch((error) => {
        // Handle Errors here.
        // ...
      });
    • プロバイダーのサインインページにリダイレクトしてサインインするには、 linkWithRedirectを呼び出します。

      Web version 9

      import { getAuth, linkWithRedirect, GoogleAuthProvider } from "firebase/auth";
      const provider = new GoogleAuthProvider();
      
      const auth = getAuth();
      linkWithRedirect(auth.currentUser, provider)
        .then(/* ... */)
        .catch(/* ... */);

      Web version 8

      auth.currentUser.linkWithRedirect(provider)
        .then(/* ... */)
        .catch(/* ... */);
      ユーザーがサインインすると、ページにリダイレクトされます。次に、ページが読み込まれたときにgetRedirectResultを呼び出すことで、サインイン結果を取得できます。

      Web version 9

      import { getRedirectResult } from "firebase/auth";
      getRedirectResult(auth).then((result) => {
        const credential = GoogleAuthProvider.credentialFromResult(result);
        if (credential) {
          // Accounts successfully linked.
          const user = result.user;
          // ...
        }
      }).catch((error) => {
        // Handle Errors here.
        // ...
      });

      Web version 8

      auth.getRedirectResult().then((result) => {
        if (result.credential) {
          // Accounts successfully linked.
          var credential = result.credential;
          var user = result.user;
          // ...
        }
      }).catch((error) => {
        // Handle Errors here.
        // ...
      });
    ユーザーが正常にログインすると、プロバイダーのユーザーのアカウントがFirebaseプロジェクトのユーザーのアカウントにリンクされます。

    クレデンシャルがすでに別のユーザーアカウントにリンクされている場合、アカウントのリンクは失敗します。この状況では、アプリに応じてアカウントと関連データのマージを処理する必要があります。

    Web version 9

    import { getAuth, signInWithCredential, linkWithCredential, OAuthProvider } from "firebase/auth";
    
    // The implementation of how you store your user data depends on your application
    const repo = new MyUserDataRepo();
    
    // Get reference to the currently signed-in user
    const auth = getAuth();
    const prevUser = auth.currentUser;
    
    // Get the data which you will want to merge. This should be done now
    // while the app is still signed in as this user.
    const prevUserData = repo.get(prevUser);
    
    // Delete the user's data now, we will restore it if the merge fails
    repo.delete(prevUser);
    
    // Sign in user with the account you want to link to
    signInWithCredential(auth, newCredential).then((result) => {
      console.log("Sign In Success", result);
      const currentUser = result.user;
      const currentUserData = repo.get(currentUser);
    
      // Merge prevUser and currentUser data stored in Firebase.
      // Note: How you handle this is specific to your application
      const mergedData = repo.merge(prevUserData, currentUserData);
    
      const credential = OAuthProvider.credentialFromResult(result);
      return linkWithCredential(prevUser, credential)
        .then((linkResult) => {
          // Sign in with the newly linked credential
          const linkCredential = OAuthProvider.credentialFromResult(linkResult);
          return signInWithCredential(auth, linkCredential);
        })
        .then((signInResult) => {
          // Save the merged data to the new user
          repo.set(signInResult.user, mergedData);
        });
    }).catch((error) => {
      // If there are errors we want to undo the data merge/deletion
      console.log("Sign In Error", error);
      repo.set(prevUser, prevUserData);
    });

    Web version 8

    // The implementation of how you store your user data depends on your application
    var repo = new MyUserDataRepo();
    
    // Get reference to the currently signed-in user
    var prevUser = auth.currentUser;
    
    // Get the data which you will want to merge. This should be done now
    // while the app is still signed in as this user.
    var prevUserData = repo.get(prevUser);
    
    // Delete the user's data now, we will restore it if the merge fails
    repo.delete(prevUser);
    
    // Sign in user with the account you want to link to
    auth.signInWithCredential(newCredential).then((result) => {
      console.log("Sign In Success", result);
      var currentUser = result.user;
      var currentUserData = repo.get(currentUser);
    
      // Merge prevUser and currentUser data stored in Firebase.
      // Note: How you handle this is specific to your application
      var mergedData = repo.merge(prevUserData, currentUserData);
    
      return prevUser.linkWithCredential(result.credential)
        .then((linkResult) => {
          // Sign in with the newly linked credential
          return auth.signInWithCredential(linkResult.credential);
        })
        .then((signInResult) => {
          // Save the merged data to the new user
          repo.set(signInResult.user, mergedData);
        });
    }).catch((error) => {
      // If there are errors we want to undo the data merge/deletion
      console.log("Sign In Error", error);
      repo.set(prevUser, prevUserData);
    });

電子メールアドレスとパスワードのクレデンシャルを既存のユーザーアカウントに追加するには:

  1. 任意の認証プロバイダーまたは方法を使用してユーザーにサインインします。
  2. ユーザーにメールアドレスと新しいパスワードの入力を求めます。
  3. 電子メールアドレスとパスワードを使用してAuthCredentialオブジェクトを作成します。

    Web version 9

    import { EmailAuthProvider } from "firebase/auth";
    
    const credential = EmailAuthProvider.credential(email, password);

    Web version 8

    var credential = firebase.auth.EmailAuthProvider.credential(email, password);
  4. サインインしたユーザーのlinkWithCredentialメソッドにAuthCredentialオブジェクトを渡します。

    Web version 9

    import { getAuth, linkWithCredential } from "firebase/auth";
    
    const auth = getAuth();
    linkWithCredential(auth.currentUser, credential)
      .then((usercred) => {
        const user = usercred.user;
        console.log("Account linking success", user);
      }).catch((error) => {
        console.log("Account linking error", error);
      });

    Web version 8

    auth.currentUser.linkWithCredential(credential)
      .then((usercred) => {
        var user = usercred.user;
        console.log("Account linking success", user);
      }).catch((error) => {
        console.log("Account linking error", error);
      });

    クレデンシャルがすでに別のユーザーアカウントにリンクされている場合、 linkWithCredentialの呼び出しは失敗します。この状況では、アプリに応じてアカウントと関連データのマージを処理する必要があります(上記の例を参照)。

アカウントから認証プロバイダーのリンクを解除して、ユーザーがそのプロバイダーでサインインできないようにすることができます。

ユーザーアカウントから認証プロバイダーのリンクを解除するには、プロバイダーIDをunlinkメソッドに渡します。ユーザーにリンクされている認証プロバイダーのプロバイダーIDは、 providerDataプロパティから取得できます。

Web version 9

import { getAuth, unlink } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
unlink(auth.currentUser, providerId).then(() => {
  // Auth provider unlinked from account
  // ...
}).catch((error) => {
  // An error happened
  // ...
});

Web version 8

user.unlink(providerId).then(() => {
  // Auth provider unlinked from account
  // ...
}).catch((error) => {
  // An error happened
  // ...
});