コンソールへ移動

Cloud Functions による Cloud Firestore の拡張

Cloud Functions を使用して Node.js コードをデプロイすることで、Cloud Firestore データベースの変更によってトリガーされるイベントを処理することができます。これにより、独自のサーバーを運用することなく、サーバー側の機能を簡単にアプリに追加できます。

使用例については、Cloud Functions で可能な処理または 関数サンプル GitHub リポジトリをご覧ください。

Cloud Firestore 関数トリガー

Cloud Functions for Firebase SDK は、特定の Cloud Firestore イベントのハンドラを作成できる functions.firestore オブジェクトをエクスポートします。

イベントタイプ トリガー
onCreate ドキュメントが最初に書き込まれたときにトリガーされます。
onUpdate すでに存在するドキュメントの値が変更されたときにトリガーされます。
onDelete データを含むドキュメントが削除されたときにトリガーされます。
onWrite onCreateonUpdate または onDelete がトリガーされたときにトリガーされます。

プロジェクトを Cloud Functions for Firebase でまだ有効にしていない場合には、はじめに: 最初の関数の記述とデプロイを参照して、Cloud Functions for Firebase プロジェクトを構成します。

Cloud Firestore でトリガーされる関数の作成

関数トリガーを定義する

Cloud Firestore トリガーを定義するには、ドキュメント パスとイベントタイプを指定します。

Node.js

const functions = require('firebase-functions');

exports.myFunction = functions.firestore
  .document('...')
  .onWrite((change, context) => { /* ... */ });

ドキュメント パスは、特定のドキュメントまたはワイルドカード パターンのいずれかを参照できます。

単一ドキュメントを指定する

特定のドキュメントが変更されたときにイベントをトリガーするには、次の関数を使用します。

Node.js

// Listen for any change on document `marie` in collection `users`
exports.myFunctionName = functions.firestore
    .document('users/marie').onWrite((change, context) => {
      // ... Your code here
    });

ワイルドカードを使用してドキュメントのグループを指定する

特定のコレクション内の任意のドキュメントなど、ドキュメントのグループにトリガーを関連付ける場合は、ドキュメント ID の代わりに {wildcard} を使用します。

Node.js

// Listen for changes in all documents in the 'users' collection
exports.useWildcard = functions.firestore
    .document('users/{userId}')
    .onWrite((change, context) => {
      // If we set `/users/marie` to {name: "Marie"} then
      // context.params.userId == "marie"
      // ... and ...
      // change.after.data() == {name: "Marie"}
    });

この例では、users にあるドキュメントの任意のフィールドが変更されると、userId というワイルドカードと照合されます。

users のドキュメントにサブコレクションがあり、サブコレクションのいずれかのドキュメントのフィールドが変更された場合、userId ワイルドカードはトリガーされません。

ワイルドカードに一致した部分がドキュメント パスから抽出され、context.params に保存されます。明示的なコレクションまたはドキュメント ID に置き換えるワイルドカードは、必要な数だけ定義できます。次に例を示します。

Node.js

// Listen for changes in all documents in the 'users' collection and all subcollections
exports.useMultipleWildcards = functions.firestore
    .document('users/{userId}/{messageCollectionId}/{messageId}')
    .onWrite((change, context) => {
      // If we set `/users/marie/incoming_messages/134` to {body: "Hello"} then
      // context.params.userId == "marie";
      // context.params.messageCollectionId == "incoming_messages";
      // context.params.messageId == "134";
      // ... and ...
      // change.after.data() == {body: "Hello"}
    });

イベント トリガー

新しいドキュメントが作成されたときに関数をトリガーする

onCreate() ハンドラでワイルドカードを使用すると、コレクションで新しいドキュメントが作成されるたびに関数をトリガーできます。この例の関数は、新しいユーザー プロフィールが追加されるたびに createUser を呼び出します。

Node.js

exports.createUser = functions.firestore
    .document('users/{userId}')
    .onCreate((snap, context) => {
      // Get an object representing the document
      // e.g. {'name': 'Marie', 'age': 66}
      const newValue = snap.data();

      // access a particular field as you would any JS property
      const name = newValue.name;

      // perform desired operations ...
    });

ドキュメントが更新されたときに関数をトリガーする

onUpdate() 関数でワイルドカードを使用して、ドキュメントが更新されたときに関数をトリガーすることもできます。この例の関数は、ユーザーがプロフィールを変更すると、updateUser を呼び出します。

Node.js

exports.updateUser = functions.firestore
    .document('users/{userId}')
    .onUpdate((change, context) => {
      // Get an object representing the document
      // e.g. {'name': 'Marie', 'age': 66}
      const newValue = change.after.data();

      // ...or the previous value before this update
      const previousValue = change.before.data();

      // access a particular field as you would any JS property
      const name = newValue.name;

      // perform desired operations ...
    });

ドキュメントが削除されたときに関数をトリガーする

onDelete() 関数でワイルドカードを使用して、ドキュメントが削除されたときに関数をトリガーすることもできます。次の例の関数は、ユーザーがユーザー プロフィールを削除すると deleteUser を呼び出します。

Node.js

exports.deleteUser = functions.firestore
    .document('users/{userID}')
    .onDelete((snap, context) => {
      // Get an object representing the document prior to deletion
      // e.g. {'name': 'Marie', 'age': 66}
      const deletedValue = snap.data();

      // perform desired operations ...
    });

ドキュメントに対するすべての変更に対して関数をトリガーする

発生するイベントの種類にこだわらない場合は、onWrite() 関数でワイルドカードを使用して Cloud Firestore ドキュメントのすべての変更をリッスンできます。この例の関数は、ユーザーが作成、更新、または削除された場合に modifyUser を呼び出します。

Node.js

exports.modifyUser = functions.firestore
    .document('users/{userID}')
    .onWrite((change, context) => {
      // Get an object with the current document value.
      // If the document does not exist, it has been deleted.
      const document = change.after.exists ? change.after.data() : null;

      // Get an object with the previous document value (for update or delete)
      const oldDocument = change.before.data();

      // perform desired operations ...
    });

データの読み取りと書き込み

関数がトリガーされると、イベントに関連するデータのスナップショットが提供されます。このスナップショットを使用してイベントをトリガーしたドキュメントの読み書きをしたり、Firebase Admin SDK を使用してデータベースの他の部分にアクセスしたりできます。

イベントデータ

データの読み取り

関数がトリガーされた後、更新済みのドキュメントのデータを取得する場合や、更新前のデータを取得する場合があります。更新前のデータは、更新前のドキュメントのスナップショットを含む change.before.data() を使用して取得できます。同様に、change.after.data() には更新後のドキュメントのスナップショットの状態が含まれます。

Node.js

exports.updateUser = functions.firestore
    .document('users/{userId}')
    .onUpdate((change, context) => {
      // Get an object representing the current document
      const newValue = change.after.data();

      // ...or the previous value before this update
      const previousValue = change.before.data();
    });

プロパティには、他のオブジェクトの場合と同様にアクセスできます。または、get 関数を使用して特定のフィールドにアクセスすることもできます。

Node.js

// Fetch data using standard accessors
const age = snap.data().age;
const name = snap.data()['name'];

// Fetch data using built in accessor
const experience = snap.get('experience');

データの書き込み

それぞれの関数呼び出しは、Cloud Firestore データベースの特定のドキュメントに関連付けられています。このドキュメントには、関数に返されたスナップショットの ref プロパティの DocumentReference でアクセスできます。

この DocumentReferenceCloud Firestore Node.js SDK から取得します。update()set()remove() などのメソッドが含まれているので、関数をトリガーしたドキュメントを簡単に変更できます。

Node.js

// Listen for updates to any `user` document.
exports.countNameChanges = functions.firestore
    .document('users/{userId}')
    .onUpdate((change, context) => {
      // Retrieve the current and previous value
      const data = change.after.data();
      const previousData = change.before.data();

      // We'll only update if the name has changed.
      // This is crucial to prevent infinite loops.
      if (data.name == previousData.name) return null;

      // Retrieve the current count of name changes
      let count = data.name_change_count;
      if (!count) {
        count = 0;
      }

      // Then return a promise of a set operation to update the count
      return change.after.ref.set({
        name_change_count: count + 1
      }, {merge: true});
    });

トリガー イベント外のデータ

Cloud Functions は信頼できる環境で実行されます。つまり、それらはプロジェクトのサービス アカウントとして承認されています。Firebase Admin SDK を使用して、読み取りと書き込みを実行できます。

Node.js

const admin = require('firebase-admin');
admin.initializeApp();

const db = admin.firestore();

exports.writeToFirestore = functions.firestore
  .document('some/doc')
  .onWrite((change, context) => {
    db.doc('some/otherdoc').set({ ... });
  });

制約と保証

Cloud Functions 用 Cloud Firestore トリガーはベータ版の機能であり、いくつかの既知の制限があります。

  • 関数が Cloud Firestore の変更に応答するまで最大 10 秒かかることがあります。
  • 順序は保証されません。短時間に複数の変更を行うと、予期しない順序で関数がトリガーされることがあります。
  • イベントは必ず 1 回以上処理されますが、1 つのイベントで関数が複数回呼び出される場合があります。「正確に 1 回」のメカニズムに依存することは避け、べき等になるように関数を記述してください。
  • Cloud Functions 用 Cloud Firestore トリガーは、ネイティブ モードの Cloud Firestore でのみ使用できます。Datastore モードの Cloud Firestore では使用できません。