コンソールへ移動

オフラインでデータにアクセスする

Cloud Firestore は、オフライン データの永続性をサポートします。この機能により、アプリが使用している Cloud Firestore データのコピーがキャッシュに保存されるため、端末がオフラインの場合でも、アプリはデータにアクセスできます。キャッシュされたデータに対しては書き込み、読み取り、リッスン、クエリを行うことができます。デバイスがオンラインに戻ると、アプリがローカルで行った変更と Cloud Firestore バックエンドが同期されます。

オフラインの永続性を利用する場合、Cloud Firestore データへのアクセスに使用するコードに変更を行う必要はありません。オフラインの永続性を有効にすると、Cloud Firestore クライアント ライブラリは、オンラインとオフラインのデータアクセスを自動的に管理し、端末がオンラインに戻ったときにローカルデータを同期します。

オフラインの永続性を設定する

Cloud Firestore を初期化するときに、オフラインの永続性を有効にするか無効にするかを選択できます。

  • Android と iOS の場合、オフラインの永続性はデフォルトで有効になっています。永続性を無効にするには、PersistenceEnabled オプションを false に設定します。
  • ウェブの場合、オフラインの永続性はデフォルトで無効になっています。永続性を有効にするには、enablePersistence メソッドを呼び出します。Cloud Firestore のキャッシュは、セッション間で自動的にクリアされません。したがって、ウェブアプリで機密情報を処理する場合は、永続性を有効にする前に、ユーザーが信頼できるデバイスを使用しているかどうかをユーザーに尋ねて確認してください。
ウェブ
firebase.firestore().enablePersistence()
  .catch(function(err) {
      if (err.code == 'failed-precondition') {
          // Multiple tabs open, persistence can only be enabled
          // in one tab at a a time.
          // ...
      } else if (err.code == 'unimplemented') {
          // The current browser does not support all of the
          // features required to enable persistence
          // ...
      }
  });
// Subsequent queries will use persistence, if it was enabled successfully
  
Swift
let settings = FirestoreSettings()
settings.isPersistenceEnabled = true

// Any additional options
// ...

// Enable offline data persistence
let db = Firestore.firestore()
db.settings = settings
Objective-C
FIRFirestoreSettings *settings = [[FIRFirestoreSettings alloc] init];
settings.persistenceEnabled = YES;

// Any additional options
// ...

// Enable offline data persistence
FIRFirestore *db = [FIRFirestore firestore];
db.settings = settings;
  
Java
FirebaseFirestoreSettings settings = new FirebaseFirestoreSettings.Builder()
        .setPersistenceEnabled(true)
        .build();
db.setFirestoreSettings(settings);
Kotlin
val settings = FirebaseFirestoreSettings.Builder()
        .setPersistenceEnabled(true)
        .build()
db.firestoreSettings = settings

キャッシュ サイズを設定する

永続性が有効になっている場合、Cloud Firestore は、オフライン アクセスを行うために、バックエンドから受信したすべてのドキュメントをキャッシュします。Cloud Firestore は、キャッシュ サイズのデフォルトのしきい値を設定します。デフォルトを超えると、Cloud Firestore は、定期的に古い未使用のドキュメントのクリーンアップしようとします。別のキャッシュ サイズのしきい値を設定するか、クリーンアップ プロセスを完全に無効にすることができます。

ウェブ
// The default cache size threshold is 40 MB. Configure "cacheSizeBytes"
// for a different threshold (minimum 1 MB) or set to "CACHE_SIZE_UNLIMITED"
// to disable clean-up.
firebase.firestore().settings({
  cacheSizeBytes: firebase.firestore.CACHE_SIZE_UNLIMITED
});

firebase.firestore().enablePersistence()
  
Swift
// The default cache size threshold is 100 MB. Configure "cacheSizeBytes"
// for a different threshold (minimum 1 MB) or set to "FirestoreCacheSizeUnlimited"
// to disable clean-up.
let settings = Firestore.firestore().settings
settings.cacheSizeBytes = FirestoreCacheSizeUnlimited
Firestore.firestore().settings = settings
Objective-C
// The default cache size threshold is 100 MB. Configure "cacheSizeBytes"
// for a different threshold (minimum 1 MB) or set to "kFIRFirestoreCacheSizeUnlimited"
// to disable clean-up.
FIRFirestoreSettings *settings = [FIRFirestore firestore].settings;
settings.cacheSizeBytes = kFIRFirestoreCacheSizeUnlimited;
[FIRFirestore firestore].settings = settings;
  
Java

// The default cache size threshold is 100 MB. Configure "setCacheSizeBytes"
// for a different threshold (minimum 1 MB) or set to "CACHE_SIZE_UNLIMITED"
// to disable clean-up.
FirebaseFirestoreSettings settings = new FirebaseFirestoreSettings.Builder()
        .setCacheSizeBytes(FirebaseFirestoreSettings.CACHE_SIZE_UNLIMITED)
        .build();
db.setFirestoreSettings(settings);
Kotlin

// The default cache size threshold is 100 MB. Configure "setCacheSizeBytes"
// for a different threshold (minimum 1 MB) or set to "CACHE_SIZE_UNLIMITED"
// to disable clean-up.
val settings = FirebaseFirestoreSettings.Builder()
        .setCacheSizeBytes(FirebaseFirestoreSettings.CACHE_SIZE_UNLIMITED)
        .build()
db.firestoreSettings = settings

オフライン データをリッスンする

オフラインの永続性を有効にした場合、端末がオフラインの間にローカルのキャッシュ データが変更されると、リスナーがリッスン イベントを受信します。リッスンできる対象にはドキュメント、コレクション、クエリがあります。

データの取得元がサーバーかキャッシュかを確認するには、スナップショット イベントの SnapshotMetadata にある fromCache プロパティを使用します。fromCachetrue の場合、データはキャッシュから取得されています。この場合、古いデータまたは不完全なデータを使用している可能性があります。fromCachefalse の場合、データは完全で、サーバーの最新の更新内容が反映された状態です。

デフォルトでは、SnapshotMetadata だけが変更された場合は、イベントが発生しません。fromCache 値を使用する場合には、リッスン ハンドラを接続するときに includeMetadataChanges リッスン オプションを指定します。

ウェブ
db.collection("cities").where("state", "==", "CA")
  .onSnapshot({ includeMetadataChanges: true }, function(snapshot) {
      snapshot.docChanges().forEach(function(change) {
          if (change.type === "added") {
              console.log("New city: ", change.doc.data());
          }

          var source = snapshot.metadata.fromCache ? "local cache" : "server";
          console.log("Data came from " + source);
      });
  });
 
Swift
// Listen to metadata updates to receive a server snapshot even if
// the data is the same as the cached data.
db.collection("cities").whereField("state", isEqualTo: "CA")
    .addSnapshotListener(includeMetadataChanges: true) { querySnapshot, error in
        guard let snapshot = querySnapshot else {
            print("Error retreiving snapshot: \(error!)")
            return
        }

        for diff in snapshot.documentChanges {
            if diff.type == .added {
                print("New city: \(diff.document.data())")
            }
        }

        let source = snapshot.metadata.isFromCache ? "local cache" : "server"
        print("Metadata: Data fetched from \(source)")
}
Objective-C
// Listen to metadata updates to receive a server snapshot even if
// the data is the same as the cached data.
[[[db collectionWithPath:@"cities"] queryWhereField:@"state" isEqualTo:@"CA"]
    addSnapshotListenerWithIncludeMetadataChanges:YES
    listener:^(FIRQuerySnapshot *snapshot, NSError *error) {
      if (snapshot == nil) {
        NSLog(@"Error retreiving snapshot: %@", error);
        return;
      }
      for (FIRDocumentChange *diff in snapshot.documentChanges) {
        if (diff.type == FIRDocumentChangeTypeAdded) {
          NSLog(@"New city: %@", diff.document.data);
        }
      }

      NSString *source = snapshot.metadata.isFromCache ? @"local cache" : @"server";
      NSLog(@"Metadata: Data fetched from %@", source);
    }];
  
Java
db.collection("cities").whereEqualTo("state", "CA")
        .addSnapshotListener(MetadataChanges.INCLUDE, new EventListener<QuerySnapshot>() {
            @Override
            public void onEvent(@Nullable QuerySnapshot querySnapshot,
                                @Nullable FirebaseFirestoreException e) {
                if (e != null) {
                    Log.w(TAG, "Listen error", e);
                    return;
                }

                for (DocumentChange change : querySnapshot.getDocumentChanges()) {
                    if (change.getType() == Type.ADDED) {
                        Log.d(TAG, "New city:" + change.getDocument().getData());
                    }

                    String source = querySnapshot.getMetadata().isFromCache() ?
                            "local cache" : "server";
                    Log.d(TAG, "Data fetched from " + source);
                }

            }
        });
Kotlin
db.collection("cities").whereEqualTo("state", "CA")
        .addSnapshotListener(MetadataChanges.INCLUDE) { querySnapshot, e ->
            if (e != null) {
                Log.w(TAG, "Listen error", e)
                return@addSnapshotListener
            }

            for (change in querySnapshot!!.documentChanges) {
                if (change.type == DocumentChange.Type.ADDED) {
                    Log.d(TAG, "New city: ${change.document.data}")
                }

                val source = if (querySnapshot.metadata.isFromCache)
                    "local cache"
                else
                    "server"
                Log.d(TAG, "Data fetched from $source")
            }
        }

オフライン データを取得する

端末がオフラインのときにドキュメントを取得すると、Cloud Firestore はキャッシュからデータを返します。そのドキュメントのデータがキャッシュに存在しない場合やドキュメントが存在しない場合、get 呼び出しはエラーを返します。

オフライン データにクエリを実行する

オフラインの永続性でもクエリを実行できます。ここまでに説明したように、クエリの結果を取得するには直接取得またはリッスンいずれかの方法を使用します。端末がオフラインの間にローカルに保存されたデータに対して新しいクエリを作成することもできますが、最初はキャッシュ内のドキュメントに対してのみクエリが実行されます。

ネットワーク アクセスを無効化および有効化する

以下の方法で、Cloud Firestore クライアントのネットワーク アクセスを無効にできます。ネットワーク アクセスが無効になっている間、スナップショット リスナーとドキュメント要求はいずれもキャッシュから結果を取得します。ネットワーク アクセスが再び有効になるまで、書き込み操作はキューに入れられます。

ウェブ
firebase.firestore().disableNetwork()
    .then(function() {
        // Do offline actions
        // ...
    });
  
Swift
Firestore.firestore().disableNetwork { (error) in
    // Do offline things
    // ...
}
Objective-C
[[FIRFirestore firestore] disableNetworkWithCompletion:^(NSError *_Nullable error) {
  // Do offline actions
  // ...
}];
  
Java
db.disableNetwork()
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                // Do offline things
                // ...
            }
        });
Kotlin
db.disableNetwork().addOnCompleteListener {
    // Do offline things
    // ...
}

以下の方法で、ネットワーク アクセスを再度有効にできます。

ウェブ
firebase.firestore().enableNetwork()
    .then(function() {
        // Do online actions
        // ...
    });
  
Swift
Firestore.firestore().enableNetwork { (error) in
    // Do online things
    // ...
}
Objective-C
[[FIRFirestore firestore] enableNetworkWithCompletion:^(NSError *_Nullable error) {
  // Do online actions
  // ...
}];
  
Java
db.enableNetwork()
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                // Do online things
                // ...
            }
        });
Kotlin
db.enableNetwork().addOnCompleteListener {
    // Do online things
    // ...
}