コンソールへ移動

Firebase Hosting の機能

Firebase Hosting とは

Firebase Hosting は、静的コンテンツと動的コンテンツ、およびマイクロサービス向けのフルマネージド ホスティング サービスです。このサービスは、SSD ストレージとグローバル CDN(コンテンツ配信ネットワーク)を基盤としています。Firebase Hosting には構成が不要の SSL が組み込まれているため、コンテンツを常に安全に配信できます。

ホストの対象

マイクロサービス、API、フォームのビルドとホスト

Firebase Hosting を Cloud Functions と組み合わせることで、Express.js フレームワークを使用したマイクロサービスをビルドできます。この組み合わせにより、Firebase 上でマイクロサービスと API をホストできます。また、Cloud Firestore との統合機能を使用して、リアルタイムでデータを更新できるフォームとウェブアプリを構築できます。

単一ページ型ウェブアプリ、マーケティング ウェブサイト、静的アセットと動的アセットのホスト

Firebase Hosting 独自の最適化機能を使用して、単一ページ型ウェブアプリや静的ウェブサイトを提供できます。静的アセット(HTML、CSS、JavaScript、フォントなど)の配信には、Google の SSD バックエンド ストレージと、世界中の主要な地域にエッジ ロケーションを持つグローバル CDN が利用されます。グローバル CDN で動的コンテンツをキャッシュに保存することもできます。Firebase によってホストされるすべてのサイトには無料の SSL 証明書が提供されるため、コンテンツは常に安全に配信されます。

カスタム ドメイン(またはサブドメイン)の追加

Firebase Hosting では自動的に Firebase のサブドメインが与えられますが、カスタム ドメインexample.commyrealtimeapp.example.com など)からコンテンツを提供することもできます。Firebase Hosting はドメインの SSL 証明書をプロビジョニングし、グローバル CDN 経由でコンテンツを提供します。

すべてのサイトを 1 か所にまとめる

Firebase Hosting では、1 つの Firebase プロジェクトで複数のサイトをサポートできます。各サイトは、コンテンツの独自のコレクションをホストし、独自のホスティング構成を持ちます。また、各サイトには 1 つ以上のドメインを関連付けることができます。各サイトはすべて同じ Firebase プロジェクト内に存在するため、すべてのサイトはプロジェクトの他の Firebase リソースにアクセスできます。

1 つの Firebase プロジェクト内で複数のサイトを保持することによって、関連サイトを 1 か所にまとめることができます(単一ページのアプリ、ブログ、マーケティング ウェブサイトなど)。

Cloud Build による継続的なデプロイの自動化

Cloud Build と提携している Firebase Hosting は、静的コンテンツ、動的コンテンツ、マイクロサービスの継続的なデプロイのワークフローを自動化するための、DevOps 対応ソリューションを提供します。

これらのツールを構成した後は、コードを git リポジトリにチェックインするだけで、ウェブアプリを Firebase Hosting にデプロイできます。

アクセスの制限とウェブアプリの DDoS 攻撃への防御

Express.js ミドルウェアの機能を使用してカスタムのロジックを構築し、マイクロサービス、API、その他の HTTP エンドポイントを提供できます。たとえば、ほんの数行のコードで、一般的な Node.js ミドルウェア サービスを統合して、IP によるアクセス管理やサービス拒否(DDoS)攻撃からの保護など、追加のセキュリティ層を構築できます。

高度なカスタマイズ

  • エラーページ - ウェブアプリからカスタマイズされた 404 ページを返します。

  • リライト - サービスを提供するエンドポイントや提供するトラフィックをカスタマイズしたり、複数の URL から同じコンテンツを表示したりすることができます。

  • ヘッダー - クッキーにアクセスしたい場合にカスタム ヘッダーを使用できます。

  • キャッシュと CDN の動作 - カスタム ヘッダーを使用して、CDN 全体にウェブアプリをキャッシュする方法を制御します。

さまざまなウェブベース IDE から Firebase へのデプロイ

Firebase Hosting はさまざまなウェブベース IDE と統合されており、StackBlitzGlitch の 2 つのウェブベース IDE から Firebase Hosting に直接デプロイできます。

Stackblitz を使用したデプロイ
Stackblitz を使用した Firebase Hosting へのデプロイ
Glitch を使用したデプロイ
Glitch を使用した Firebase Hosting へのデプロイ

これらの IDE は Firebase アプリの作成時に自動的に検出されるので、IDE を離れることなく、ボタンをクリックして Firebase Hosting にデプロイできます。

他の Firebase サービスとの統合の構築

FriendlyChat ウェブ Codelab

Firebase Hosting は、Cloud FunctionsAuthenticationRealtime DatabaseCloud FirestoreCloud Messaging などの Firebase サービスと連携しており、追加の設定は必要ありません。これらの補完的な Firebase サービスを使用して、強力なマイクロサービスとウェブアプリを構築できます。

ホスティングがこれらの Firebase サービスとどのように連動するかを確認するには、Google の FriendlyChat ウェブ Codelab をお試しください。

REST API と Node.js モジュールを使用したカスタムのデプロイ ワークフローの作成

Firebase Hosting では上級デベロッパー向けに REST API がサポートされており、JavaScript アプリを使用してデプロイするなどのカスタム ワークフローを構築できます。

Node.js アプリにインポートして高度な機能を構築できる Node.js モジュールも用意されています。