カスタム ドメインを接続する

Firebase Hosting は、https://example.comhttps://myrealtimeapp.example.com などの独自のカスタム ドメインに接続できます。Firebase Hosting は、ドメインに SSL 証明書を用意し、グローバルな CDN を介してコンテンツを配信します。

ドメインの所有権を確認する

カスタム ドメインに接続する前に、Firebase Hosting の管理パネルで「使ってみる」ウィザードをクリックして実行する必要があります。ここでは、デプロイの履歴を表示し、接続されたドメインを管理できます。

プロジェクトの Firebase コンソールの [Hosting] パネルから、[ドメインを接続] を選択します。

使用するドメインを入力欄に入力して [次へ] を選択します。 これにより、ドメインが Firebase プロジェクトにリンクされていないことが検証されます。このドメインのすべてのリクエストを別のドメインにリダイレクトする場合は、[このドメインに関する要求を別のドメインにリダイレクトする] を選択し、ユーザーに転送するドメインを入力します。

ほとんどの場合、クイック セットアップを使用できます。ドメインの DNS A レコードを Firebase Hosting に指定すると、SSL 証明書が数時間で自動的にプロビジョニングされます。

すでに別のホスティング プロバイダで稼働しているサイトがあり、ダウンタイムのない移行が必要な場合は、プルダウンから [詳細設定] を選択する必要があります。ドメインを確認するには、ドメインの TXT レコードを更新するか、既存のサイトの特定の場所にファイルをアップロードする必要があります。検証が完了したら、Firebase Hosting で DNS A レコードを安全に指定することができます。

SSL 証明書のプロビジョニングを待機する

ドメインの所有権が確認されると、当該ドメインの SSL 証明書がプロビジョニングされ、グローバル CDN 全体にデプロイされます。この処理には 24~48 時間かかることがあります。

ドメインは、FirebaseApp SSL 証明書にサブジェクト代替名としてリストされます。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。