ウェブでエラーを処理する

アプリをビルドする際、思いどおりにいかなかったり、エラーが発生したりすることがあります。

疑わしいときは、エラーハンドラ(または Promises の catch() 関数)をチェックしてエラー メッセージの内容を確認します。

エラー メッセージをチェックし、Firebase Storage セキュリティ ルールで操作を許可した後でもエラーを解決できない場合は、サポートページにアクセスしてお問い合わせください。

エラー メッセージを処理する

エラーが発生する理由として、ファイルが存在しない、目的のファイルのアクセス権がユーザーにない、ユーザーがファイルのアップロードをキャンセルしたなど、たくさんの理由が考えられます。

問題を適切に診断してエラーを処理するには、クライアントで発生するすべてのエラーとその発生理由について説明した以下の全一覧をご覧ください。

コード 理由
storage/unknown 不明なエラーが発生しました。
storage/object_not_found 目的の参照にオブジェクトが存在しません。
storage/bucket_not_found Cloud Storage 用にバケットが設定されていません。
storage/project_not_found Cloud Storage 用にプロジェクトが設定されていません。
storage/quota_exceeded Cloud Storage バケットの割り当てを超えました。無料の階層でご利用中の場合は、有料プランにアップグレードしてください。有料プランをお使いの場合は、Firebase サポートまでお問い合わせください。
storage/unauthenticated 承認されていないユーザーです。認証してから、もう一度お試しください。
storage/unauthorized 目的の操作を行う権限がユーザーにありません。セキュリティ ルールが正しいことをご確認ください。
storage/retry_limit_exceeded 操作(アップロード、ダウンロード、削除など)の最大時間制限を超えました。もう一度アップロードしてみてください。
storage/invalid_checksum クライアント上のファイルが、サーバーで受信されたファイルのチェックサムと一致しません。もう一度アップロードしてみてください。
storage/canceled ユーザーが操作をキャンセルしました。
storage/invalid_event_name 無効なイベント名が指定されました。`running``progress``pause` のいずれかを指定してください。
storage/invalid_url 無効な URL が refFromURL() に指定されました。gs://bucket/object または https://firebasestorage.googleapis.com/v0/b/bucket/o/object?token=&ltTOKEN> の形式で指定してください。
storage/invalid-argument put() に渡される引数は `File`、`Blob`、または `UInt8` 配列である必要があります。putString() に渡される引数は raw、`Base64`、または `Base64URL` 文字列である必要があります。
storage/no_default_bucket 設定内の storageBucket プロパティにバケットが設定されていません。
storage/cannot_slice_blob 一般的に、ローカル ファイルの変更時(削除、再保存など)に発生します。ファイルが変更されていないことを確認した後で、もう一度アップロードしてみてください。
storage/server_wrong_file_size クライアント上のファイルが、サーバーで受信されたファイルのサイズと一致しません。もう一度アップロードしてみてください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。