Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

FirebaseUIを使用してAndroidアプリにサインインを簡単に追加する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

FirebaseUIは、Firebase Authentication SDKの上に構築されたライブラリであり、アプリで使用するためのドロップインUIフローを提供します。 FirebaseUIには、次の利点があります。

  • 複数のプロバイダー-電子メール/パスワード、電子メールリンク、電話認証、Googleサインイン、Facebookログイン、Twitterログイン、およびGitHubログインのサインインフロー。
  • アカウント管理-アカウントの作成やパスワードのリセットなどのアカウント管理タスクを処理するためのフロー。
  • アカウントのリンク-IDプロバイダー間でユーザーアカウントを安全にリンクするためのフロー。
  • 匿名ユーザーのアップグレード-匿名ユーザーを安全にアップグレードするためのフロー。
  • カスタムテーマ-アプリに合わせてFirebaseUIの外観をカスタマイズします。また、FirebaseUIはオープンソースであるため、プロジェクトをフォークして、ニーズに合わせてカスタマイズすることができます。
  • Smart LockforPasswords-スマートクロスデバイスサインインのためのSmartLockforPasswordsとの自動統合。

あなたが始める前に

  1. まだ行っていない場合は、AndroidプロジェクトにFirebaseを追加します

  2. FirebaseUIの依存関係をアプリレベルのbuild.gradleファイルに追加します。 FacebookまたはTwitterでのサインインをサポートする場合は、FacebookおよびTwitterSDKも含めてください。

    dependencies {
        // ...
    
        implementation 'com.firebaseui:firebase-ui-auth:7.2.0'
    
        // Required only if Facebook login support is required
        // Find the latest Facebook SDK releases here: https://goo.gl/Ce5L94
        implementation 'com.facebook.android:facebook-android-sdk:8.x'
    }
    

    FirebaseUI Auth SDKは、FirebaseSDKとGooglePlayサービスSDKに推移的に依存しています。

  3. Firebaseコンソールで、[認証]セクションを開き、サポートするログイン方法を有効にします。一部のサインイン方法には追加情報が必要であり、通常はサービスの開発者コンソールで利用できます。

  4. Googleログインをサポートしていて、アプリのSHA-1フィンガープリントをまだ指定していない場合は、Firebaseコンソールの[設定]ページから指定してください。アプリのSHA-1フィンガープリントを取得する方法の詳細については、 「クライアントの認証」を参照してください。

  5. FacebookまたはTwitterでのサインインをサポートしている場合は、各プロバイダーに必要な識別情報を指定する文字列リソースをstrings.xmlに追加します。

    
    <resources>
      <!-- Facebook application ID and custom URL scheme (app ID prefixed by 'fb'). -->
      <string name="facebook_application_id" translatable="false">YOUR_APP_ID</string>
      <string name="facebook_login_protocol_scheme" translatable="false">fbYOUR_APP_ID</string>
    </resources>
    

ログイン

FirebaseUIアクティビティ結果コントラクトのコールバックを登録するActivityResultLauncherを作成します。

Java

// See: https://developer.android.com/training/basics/intents/result
private final ActivityResultLauncher<Intent> signInLauncher = registerForActivityResult(
        new FirebaseAuthUIActivityResultContract(),
        new ActivityResultCallback<FirebaseAuthUIAuthenticationResult>() {
            @Override
            public void onActivityResult(FirebaseAuthUIAuthenticationResult result) {
                onSignInResult(result);
            }
        }
);

Kotlin+KTX

// See: https://developer.android.com/training/basics/intents/result
private val signInLauncher = registerForActivityResult(
        FirebaseAuthUIActivityResultContract()
) { res ->
    this.onSignInResult(res)
}

FirebaseUIサインインフローを開始するには、お好みのサインイン方法でサインインインテントを作成します。

Java

// Choose authentication providers
List<AuthUI.IdpConfig> providers = Arrays.asList(
        new AuthUI.IdpConfig.EmailBuilder().build(),
        new AuthUI.IdpConfig.PhoneBuilder().build(),
        new AuthUI.IdpConfig.GoogleBuilder().build(),
        new AuthUI.IdpConfig.FacebookBuilder().build(),
        new AuthUI.IdpConfig.TwitterBuilder().build());

// Create and launch sign-in intent
Intent signInIntent = AuthUI.getInstance()
        .createSignInIntentBuilder()
        .setAvailableProviders(providers)
        .build();
signInLauncher.launch(signInIntent);

Kotlin+KTX

// Choose authentication providers
val providers = arrayListOf(
        AuthUI.IdpConfig.EmailBuilder().build(),
        AuthUI.IdpConfig.PhoneBuilder().build(),
        AuthUI.IdpConfig.GoogleBuilder().build(),
        AuthUI.IdpConfig.FacebookBuilder().build(),
        AuthUI.IdpConfig.TwitterBuilder().build())

// Create and launch sign-in intent
val signInIntent = AuthUI.getInstance()
        .createSignInIntentBuilder()
        .setAvailableProviders(providers)
        .build()
signInLauncher.launch(signInIntent)

サインインフローが完了すると、 onSignInResultで結果を受け取ります。

Java

private void onSignInResult(FirebaseAuthUIAuthenticationResult result) {
    IdpResponse response = result.getIdpResponse();
    if (result.getResultCode() == RESULT_OK) {
        // Successfully signed in
        FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
        // ...
    } else {
        // Sign in failed. If response is null the user canceled the
        // sign-in flow using the back button. Otherwise check
        // response.getError().getErrorCode() and handle the error.
        // ...
    }
}

Kotlin+KTX

private fun onSignInResult(result: FirebaseAuthUIAuthenticationResult) {
    val response = result.idpResponse
    if (result.resultCode == RESULT_OK) {
        // Successfully signed in
        val user = FirebaseAuth.getInstance().currentUser
        // ...
    } else {
        // Sign in failed. If response is null the user canceled the
        // sign-in flow using the back button. Otherwise check
        // response.getError().getErrorCode() and handle the error.
        // ...
    }
}

サインイン方法を設定する

  1. Firebaseコンソールで、[認証]セクションを開きます。 [サインイン方法]タブで、電子メール/パスワードプロバイダーを有効にします。電子メールリンクサインインを使用するには、電子メール/パスワードサインインを有効にする必要があることに注意してください。

  2. 同じセクションで、電子メールリンク(パスワードなしのサインイン)サインイン方法を有効にして、[保存]をクリックします。

  3. また、メールリンクのログインを使用するには、Firebase Dynamic Linksを有効にする必要があります。Firebaseコンソールで、ナビゲーションバーの[エンゲージ]の下にある[ダイナミックリンク]をクリックします。 [はじめに]をクリックして、ドメインを追加します。ここで選択したドメインは、ユーザーに送信される電子メールリンクに反映されます。

  4. EmailBuilderインスタンスでenableEmailLinkSignInを呼び出すことにより、FirebaseUIで電子メールリンクサインインを有効にできます。また、 setHandleCodeInAppがtrueに設定された有効なActionCodeSettingsオブジェクトを提供する必要があります。さらに、 setUrlに渡すURLをホワイトリストに登録する必要があります。これは、 Firebaseコンソールの[認証]->[ログイン方法]->[承認済みドメイン]で実行できます。

    Java

    ActionCodeSettings actionCodeSettings = ActionCodeSettings.newBuilder()
            .setAndroidPackageName(
                    /* yourPackageName= */ "...",
                    /* installIfNotAvailable= */ true,
                    /* minimumVersion= */ null)
            .setHandleCodeInApp(true) // This must be set to true
            .setUrl("https://google.com") // This URL needs to be whitelisted
            .build();
    
    List<AuthUI.IdpConfig> providers = Arrays.asList(
            new AuthUI.IdpConfig.EmailBuilder()
                    .enableEmailLinkSignIn()
                    .setActionCodeSettings(actionCodeSettings)
                    .build()
    );
    Intent signInIntent = AuthUI.getInstance()
            .createSignInIntentBuilder()
            .setAvailableProviders(providers)
            .build();
    signInLauncher.launch(signInIntent);

    Kotlin+KTX

    val actionCodeSettings = ActionCodeSettings.newBuilder()
            .setAndroidPackageName( /* yourPackageName= */
                    "...",  /* installIfNotAvailable= */
                    true,  /* minimumVersion= */
                    null)
            .setHandleCodeInApp(true) // This must be set to true
            .setUrl("https://google.com") // This URL needs to be whitelisted
            .build()
    
    val providers = listOf(
            EmailBuilder()
                    .enableEmailLinkSignIn()
                    .setActionCodeSettings(actionCodeSettings)
                    .build()
    )
    val signInIntent = AuthUI.getInstance()
            .createSignInIntentBuilder()
            .setAvailableProviders(providers)
            .build()
    signInLauncher.launch(signInIntent)
  5. 特定のアクティビティでリンクをキャッチしたい場合は、ここで概説されている手順に従ってください。それ以外の場合、リンクはランチャーアクティビティにリダイレクトされます。

  6. ディープリンクをキャッチしたら、それを処理できることを確認するために電話する必要があります。可能であれば、 setEmailLinkを介して渡す必要があります。

    Java

    if (AuthUI.canHandleIntent(getIntent())) {
        if (getIntent().getExtras() == null) {
            return;
        }
        String link = getIntent().getExtras().getString("email_link_sign_in");
        if (link != null) {
            Intent signInIntent = AuthUI.getInstance()
                    .createSignInIntentBuilder()
                    .setEmailLink(link)
                    .setAvailableProviders(providers)
                    .build();
            signInLauncher.launch(signInIntent);
        }
    }

    Kotlin+KTX

    if (AuthUI.canHandleIntent(intent)) {
        val extras = intent.extras ?: return
        val link = extras.getString("email_link_sign_in")
        if (link != null) {
            val signInIntent = AuthUI.getInstance()
                    .createSignInIntentBuilder()
                    .setEmailLink(link)
                    .setAvailableProviders(providers)
                    .build()
            signInLauncher.launch(signInIntent)
        }
    }
  7. オプションのクロスデバイス電子メールリンクサインインがサポートされています。つまり、Androidアプリを介して送信されたリンクを使用して、WebまたはAppleアプリにログインできます。デフォルトでは、クロスデバイスサポートが有効になっています。 EmailBuilderインスタンスでsetForceSameDeviceを呼び出すことにより、これを無効にできます。

    詳細については、 FirebaseUI-WebおよびFirebaseUI-iOSを参照してください。

サインアウト

FirebaseUIは、Firebase認証とすべてのソーシャルIDプロバイダーからサインアウトするための便利なメソッドを提供します。

Java

AuthUI.getInstance()
        .signOut(this)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                // ...
            }
        });

Kotlin+KTX

AuthUI.getInstance()
        .signOut(this)
        .addOnCompleteListener {
            // ...
        }

ユーザーのアカウントを完全に削除することもできます。

Java

AuthUI.getInstance()
        .delete(this)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                // ...
            }
        });

Kotlin+KTX

AuthUI.getInstance()
        .delete(this)
        .addOnCompleteListener {
            // ...
        }

カスタマイズ

デフォルトでは、FirebaseUIはテーマ設定にAppCompatを使用します。これは、アプリの配色を自然に採用することを意味します。さらにカスタマイズが必要な場合は、テーマとロゴをサインIntentビルダーに渡すことができます。

Java

Intent signInIntent = AuthUI.getInstance()
        .createSignInIntentBuilder()
        .setAvailableProviders(providers)
        .setLogo(R.drawable.my_great_logo)      // Set logo drawable
        .setTheme(R.style.MySuperAppTheme)      // Set theme
        .build();
signInLauncher.launch(signInIntent);

Kotlin+KTX

val signInIntent = AuthUI.getInstance()
        .createSignInIntentBuilder()
        .setAvailableProviders(providers)
        .setLogo(R.drawable.my_great_logo) // Set logo drawable
        .setTheme(R.style.MySuperAppTheme) // Set theme
        .build()
signInLauncher.launch(signInIntent)

カスタムプライバシーポリシーと利用規約を設定することもできます。

Java

Intent signInIntent = AuthUI.getInstance()
        .createSignInIntentBuilder()
        .setAvailableProviders(providers)
        .setTosAndPrivacyPolicyUrls(
                "https://example.com/terms.html",
                "https://example.com/privacy.html")
        .build();
signInLauncher.launch(signInIntent);

Kotlin+KTX

val signInIntent = AuthUI.getInstance()
        .createSignInIntentBuilder()
        .setAvailableProviders(providers)
        .setTosAndPrivacyPolicyUrls(
                "https://example.com/terms.html",
                "https://example.com/privacy.html")
        .build()
signInLauncher.launch(signInIntent)

次のステップ

  • FirebaseUIの使用とカスタマイズの詳細については、GitHubのREADMEファイルを参照してください。
  • FirebaseUIで問題を見つけて報告したい場合は、 GitHub問題トラッカーを使用してください。