Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

AppleプラットフォームでのGoogleサインインを使用した認証

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Googleログインをアプリに統合することで、ユーザーがGoogleアカウントを使用してFirebaseで認証できるようにすることができます。

あなたが始める前に

  1. AppleプロジェクトにFirebaseを追加しますPodfileに次のポッドを含めます:
    pod 'FirebaseAuth'
    pod 'GoogleSignIn'
    
  2. アプリをFirebaseプロジェクトにまだ接続していない場合は、 Firebaseコンソールから接続します。
  3. Firebaseコンソールでログイン方法としてGoogleを有効にします。
    1. Firebaseコンソールで、[認証]セクションを開きます。
    2. [ログイン方法]タブで、 Googleのログイン方法を有効にして、[保存]をクリックします。

1.必要なヘッダーファイルをインポートします

まず、FirebaseSDKとGoogleSign-InSDKのヘッダーファイルをアプリにインポートする必要があります。

迅速

import FirebaseCore
import GoogleSignIn

Objective-C

@import FirebaseCore;
@import GoogleSignIn;

2.Googleサインインを実装します

次の手順に従って、Googleログインを実装します。 iOSでのGoogleサインインの使用の詳細については、 Googleサインイン開発者向けドキュメントを参照してください。

  1. XcodeプロジェクトにカスタムURLスキームを追加します。
    1. プロジェクト構成を開きます。左側のツリービューでプロジェクト名をダブルクリックします。 [ターゲット]セクションからアプリを選択し、[情報]タブを選択して、[ URLタイプ]セクションを展開します。
    2. [ + ]ボタンをクリックして、逆にしたクライアントIDのURLスキームを追加します。この値を見つけるには、 GoogleService-Info.plist構成ファイルを開き、 REVERSED_CLIENT_IDキーを探します。そのキーの値をコピーして、構成ページの[ URLスキーム]ボックスに貼り付けます。他のフィールドは空白のままにします。

      完了すると、構成は次のようになります(ただし、アプリケーション固有の値を使用)。

  2. アプリデリゲートのapplication:didFinishLaunchingWithOptions:メソッドで、 FirebaseAppオブジェクトを構成します。

    迅速

    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()
    

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];
    
  3. アプリデリゲートのapplication:openURL:options:メソッドを実装します。このメソッドは、 GIDSignInインスタンスのhandleURLメソッドを呼び出す必要があります。このメソッドは、認証プロセスの最後にアプリケーションが受信するURLを適切に処理します。

    迅速

    @available(iOS 9.0, *)
    func application(_ application: UIApplication, open url: URL,
                     options: [UIApplication.OpenURLOptionsKey: Any])
      -> Bool {
      return GIDSignIn.sharedInstance.handle(url)
    }
    

    Objective-C

    - (BOOL)application:(nonnull UIApplication *)application
                openURL:(nonnull NSURL *)url
                options:(nonnull NSDictionary<NSString *, id> *)options {
      return [[GIDSignIn sharedInstance] handleURL:url];
    }
    
  4. アプリの表示コントローラーとクライアントIDをGoogleログインログイン方法に渡し、結果のGoogle認証トークンからFirebase認証クレデンシャルを作成します。

    迅速

    guard let clientID = FirebaseApp.app()?.options.clientID else { return }
    
    // Create Google Sign In configuration object.
    let config = GIDConfiguration(clientID: clientID)
    
    // Start the sign in flow!
    GIDSignIn.sharedInstance.signIn(with: config, presenting: self) { [unowned self] user, error in
    
      if let error = error {
        // ...
        return
      }
    
      guard
        let authentication = user?.authentication,
        let idToken = authentication.idToken
      else {
        return
      }
    
      let credential = GoogleAuthProvider.credential(withIDToken: idToken,
                                                     accessToken: authentication.accessToken)
    
      // ...
    }
    

    Objective-C

    GIDConfiguration *config = [[GIDConfiguration alloc] initWithClientID:[FIRApp defaultApp].options.clientID];
    
    __weak __auto_type weakSelf = self;
    [GIDSignIn.sharedInstance signInWithConfiguration:config presentingViewController:self callback:^(GIDGoogleUser * _Nullable user, NSError * _Nullable error) {
      __auto_type strongSelf = weakSelf;
      if (strongSelf == nil) { return; }
    
      if (error == nil) {
        GIDAuthentication *authentication = user.authentication;
        FIRAuthCredential *credential =
        [FIRGoogleAuthProvider credentialWithIDToken:authentication.idToken
                                         accessToken:authentication.accessToken];
        // ...
      } else {
        // ...
      }
    }];
    
    
  5. GIDSignInButtonをストーリーボードまたはXIBファイルに追加するか、プログラムでインスタンス化します。ストーリーボードまたはXIBファイルにボタンを追加するには、ビューを追加し、そのカスタムクラスをGIDSignInButtonに設定します。
  6. オプション:ボタンをカスタマイズする場合は、次のようにします。

    迅速

    1. ビューコントローラで、サインインボタンをプロパティとして宣言します。
      @IBOutlet weak var signInButton: GIDSignInButton!
    2. ボタンを、宣言したばかりのsignInButtonプロパティに接続します。
    3. GIDSignInButtonオブジェクトのプロパティを設定して、ボタンをカスタマイズします。

    Objective-C

    1. ビューコントローラのヘッダーファイルで、サインインボタンをプロパティとして宣言します。
      @property(weak, nonatomic) IBOutlet GIDSignInButton *signInButton;
    2. ボタンを、宣言したばかりのsignInButtonプロパティに接続します。
    3. GIDSignInButtonオブジェクトのプロパティを設定して、ボタンをカスタマイズします。

3.Firebaseで認証する

最後に、前の手順で作成した認証クレデンシャルを使用してFirebaseログインプロセスを完了します。

迅速

Auth.auth().signIn(with: credential) { authResult, error in
    if let error = error {
      let authError = error as NSError
      if isMFAEnabled, authError.code == AuthErrorCode.secondFactorRequired.rawValue {
        // The user is a multi-factor user. Second factor challenge is required.
        let resolver = authError
          .userInfo[AuthErrorUserInfoMultiFactorResolverKey] as! MultiFactorResolver
        var displayNameString = ""
        for tmpFactorInfo in resolver.hints {
          displayNameString += tmpFactorInfo.displayName ?? ""
          displayNameString += " "
        }
        self.showTextInputPrompt(
          withMessage: "Select factor to sign in\n\(displayNameString)",
          completionBlock: { userPressedOK, displayName in
            var selectedHint: PhoneMultiFactorInfo?
            for tmpFactorInfo in resolver.hints {
              if displayName == tmpFactorInfo.displayName {
                selectedHint = tmpFactorInfo as? PhoneMultiFactorInfo
              }
            }
            PhoneAuthProvider.provider()
              .verifyPhoneNumber(with: selectedHint!, uiDelegate: nil,
                                 multiFactorSession: resolver
                                   .session) { verificationID, error in
                if error != nil {
                  print(
                    "Multi factor start sign in failed. Error: \(error.debugDescription)"
                  )
                } else {
                  self.showTextInputPrompt(
                    withMessage: "Verification code for \(selectedHint?.displayName ?? "")",
                    completionBlock: { userPressedOK, verificationCode in
                      let credential: PhoneAuthCredential? = PhoneAuthProvider.provider()
                        .credential(withVerificationID: verificationID!,
                                    verificationCode: verificationCode!)
                      let assertion: MultiFactorAssertion? = PhoneMultiFactorGenerator
                        .assertion(with: credential!)
                      resolver.resolveSignIn(with: assertion!) { authResult, error in
                        if error != nil {
                          print(
                            "Multi factor finanlize sign in failed. Error: \(error.debugDescription)"
                          )
                        } else {
                          self.navigationController?.popViewController(animated: true)
                        }
                      }
                    }
                  )
                }
              }
          }
        )
      } else {
        self.showMessagePrompt(error.localizedDescription)
        return
      }
      // ...
      return
    }
    // User is signed in
    // ...
}

Objective-C

[[FIRAuth auth] signInWithCredential:credential
                          completion:^(FIRAuthDataResult * _Nullable authResult,
                                       NSError * _Nullable error) {
    if (isMFAEnabled && error && error.code == FIRAuthErrorCodeSecondFactorRequired) {
      FIRMultiFactorResolver *resolver = error.userInfo[FIRAuthErrorUserInfoMultiFactorResolverKey];
      NSMutableString *displayNameString = [NSMutableString string];
      for (FIRMultiFactorInfo *tmpFactorInfo in resolver.hints) {
        [displayNameString appendString:tmpFactorInfo.displayName];
        [displayNameString appendString:@" "];
      }
      [self showTextInputPromptWithMessage:[NSString stringWithFormat:@"Select factor to sign in\n%@", displayNameString]
                           completionBlock:^(BOOL userPressedOK, NSString *_Nullable displayName) {
       FIRPhoneMultiFactorInfo* selectedHint;
       for (FIRMultiFactorInfo *tmpFactorInfo in resolver.hints) {
         if ([displayName isEqualToString:tmpFactorInfo.displayName]) {
           selectedHint = (FIRPhoneMultiFactorInfo *)tmpFactorInfo;
         }
       }
       [FIRPhoneAuthProvider.provider
        verifyPhoneNumberWithMultiFactorInfo:selectedHint
        UIDelegate:nil
        multiFactorSession:resolver.session
        completion:^(NSString * _Nullable verificationID, NSError * _Nullable error) {
          if (error) {
            [self showMessagePrompt:error.localizedDescription];
          } else {
            [self showTextInputPromptWithMessage:[NSString stringWithFormat:@"Verification code for %@", selectedHint.displayName]
                                 completionBlock:^(BOOL userPressedOK, NSString *_Nullable verificationCode) {
             FIRPhoneAuthCredential *credential =
                 [[FIRPhoneAuthProvider provider] credentialWithVerificationID:verificationID
                                                              verificationCode:verificationCode];
             FIRMultiFactorAssertion *assertion = [FIRPhoneMultiFactorGenerator assertionWithCredential:credential];
             [resolver resolveSignInWithAssertion:assertion completion:^(FIRAuthDataResult * _Nullable authResult, NSError * _Nullable error) {
               if (error) {
                 [self showMessagePrompt:error.localizedDescription];
               } else {
                 NSLog(@"Multi factor finanlize sign in succeeded.");
               }
             }];
           }];
          }
        }];
     }];
    }
  else if (error) {
    // ...
    return;
  }
  // User successfully signed in. Get user data from the FIRUser object
  if (authResult == nil) { return; }
  FIRUser *user = authResult.user;
  // ...
}];

次のステップ

ユーザーが初めてサインインすると、新しいユーザーアカウントが作成され、ユーザーがサインインした資格情報(つまり、ユーザー名とパスワード、電話番号、または認証プロバイダー情報)にリンクされます。この新しいアカウントはFirebaseプロジェクトの一部として保存され、ユーザーのログイン方法に関係なく、プロジェクト内のすべてのアプリでユーザーを識別するために使用できます。

  • アプリでは、 FIRUserオブジェクトからユーザーの基本的なプロファイル情報を取得できます。ユーザーの管理を参照してください。

  • FirebaseRealtimeデータベースとCloudStorageのセキュリティルールでは、ログインしたユーザーの一意のユーザーIDをauth変数から取得し、それを使用してユーザーがアクセスできるデータを制御できます。

認証プロバイダーのクレデンシャルを既存のユーザーアカウントにリンクすることで、ユーザーが複数の認証プロバイダーを使用してアプリにサインインできるようにすることができます。

ユーザーをサインアウトするには、 signOut:を呼び出します。

迅速

    let firebaseAuth = Auth.auth()
do {
  try firebaseAuth.signOut()
} catch let signOutError as NSError {
  print("Error signing out: %@", signOutError)
}
  

Objective-C

    NSError *signOutError;
BOOL status = [[FIRAuth auth] signOut:&signOutError];
if (!status) {
  NSLog(@"Error signing out: %@", signOutError);
  return;
}

また、認証エラーの全範囲に対応するエラー処理コードを追加することもできます。エラーの処理を参照してください。

Googleログインをアプリに統合することで、ユーザーがGoogleアカウントを使用してFirebaseで認証できるようにすることができます。

あなたが始める前に

  1. AppleプロジェクトにFirebaseを追加しますPodfileに次のポッドを含めます:
    pod 'FirebaseAuth'
    pod 'GoogleSignIn'
    
  2. アプリをFirebaseプロジェクトにまだ接続していない場合は、 Firebaseコンソールから接続します。
  3. Firebaseコンソールでログイン方法としてGoogleを有効にします。
    1. Firebaseコンソールで、[認証]セクションを開きます。
    2. [ログイン方法]タブで、 Googleのログイン方法を有効にして、[保存]をクリックします。

1.必要なヘッダーファイルをインポートします

まず、FirebaseSDKとGoogleSign-InSDKのヘッダーファイルをアプリにインポートする必要があります。

迅速

import FirebaseCore
import GoogleSignIn

Objective-C

@import FirebaseCore;
@import GoogleSignIn;

2.Googleサインインを実装します

次の手順に従って、Googleログインを実装します。 iOSでのGoogleサインインの使用の詳細については、 Googleサインイン開発者向けドキュメントを参照してください。

  1. XcodeプロジェクトにカスタムURLスキームを追加します。
    1. プロジェクト構成を開きます。左側のツリービューでプロジェクト名をダブルクリックします。 [ターゲット]セクションからアプリを選択し、[情報]タブを選択して、[ URLタイプ]セクションを展開します。
    2. [ + ]ボタンをクリックして、逆にしたクライアントIDのURLスキームを追加します。この値を見つけるには、 GoogleService-Info.plist構成ファイルを開き、 REVERSED_CLIENT_IDキーを探します。そのキーの値をコピーして、構成ページの[ URLスキーム]ボックスに貼り付けます。他のフィールドは空白のままにします。

      完了すると、構成は次のようになります(ただし、アプリケーション固有の値を使用)。

  2. アプリデリゲートのapplication:didFinishLaunchingWithOptions:メソッドで、 FirebaseAppオブジェクトを構成します。

    迅速

    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()
    

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];
    
  3. アプリデリゲートのapplication:openURL:options:メソッドを実装します。このメソッドは、 GIDSignInインスタンスのhandleURLメソッドを呼び出す必要があります。このメソッドは、認証プロセスの最後にアプリケーションが受信するURLを適切に処理します。

    迅速

    @available(iOS 9.0, *)
    func application(_ application: UIApplication, open url: URL,
                     options: [UIApplication.OpenURLOptionsKey: Any])
      -> Bool {
      return GIDSignIn.sharedInstance.handle(url)
    }
    

    Objective-C

    - (BOOL)application:(nonnull UIApplication *)application
                openURL:(nonnull NSURL *)url
                options:(nonnull NSDictionary<NSString *, id> *)options {
      return [[GIDSignIn sharedInstance] handleURL:url];
    }
    
  4. アプリの表示コントローラーとクライアントIDをGoogleログインログイン方法に渡し、結果のGoogle認証トークンからFirebase認証クレデンシャルを作成します。

    迅速

    guard let clientID = FirebaseApp.app()?.options.clientID else { return }
    
    // Create Google Sign In configuration object.
    let config = GIDConfiguration(clientID: clientID)
    
    // Start the sign in flow!
    GIDSignIn.sharedInstance.signIn(with: config, presenting: self) { [unowned self] user, error in
    
      if let error = error {
        // ...
        return
      }
    
      guard
        let authentication = user?.authentication,
        let idToken = authentication.idToken
      else {
        return
      }
    
      let credential = GoogleAuthProvider.credential(withIDToken: idToken,
                                                     accessToken: authentication.accessToken)
    
      // ...
    }
    

    Objective-C

    GIDConfiguration *config = [[GIDConfiguration alloc] initWithClientID:[FIRApp defaultApp].options.clientID];
    
    __weak __auto_type weakSelf = self;
    [GIDSignIn.sharedInstance signInWithConfiguration:config presentingViewController:self callback:^(GIDGoogleUser * _Nullable user, NSError * _Nullable error) {
      __auto_type strongSelf = weakSelf;
      if (strongSelf == nil) { return; }
    
      if (error == nil) {
        GIDAuthentication *authentication = user.authentication;
        FIRAuthCredential *credential =
        [FIRGoogleAuthProvider credentialWithIDToken:authentication.idToken
                                         accessToken:authentication.accessToken];
        // ...
      } else {
        // ...
      }
    }];
    
    
  5. GIDSignInButtonをストーリーボードまたはXIBファイルに追加するか、プログラムでインスタンス化します。ストーリーボードまたはXIBファイルにボタンを追加するには、ビューを追加し、そのカスタムクラスをGIDSignInButtonに設定します。
  6. オプション:ボタンをカスタマイズする場合は、次のようにします。

    迅速

    1. ビューコントローラで、サインインボタンをプロパティとして宣言します。
      @IBOutlet weak var signInButton: GIDSignInButton!
    2. ボタンを、宣言したばかりのsignInButtonプロパティに接続します。
    3. GIDSignInButtonオブジェクトのプロパティを設定して、ボタンをカスタマイズします。

    Objective-C

    1. ビューコントローラのヘッダーファイルで、サインインボタンをプロパティとして宣言します。
      @property(weak, nonatomic) IBOutlet GIDSignInButton *signInButton;
    2. ボタンを、宣言したばかりのsignInButtonプロパティに接続します。
    3. GIDSignInButtonオブジェクトのプロパティを設定して、ボタンをカスタマイズします。

3.Firebaseで認証する

最後に、前の手順で作成した認証クレデンシャルを使用してFirebaseログインプロセスを完了します。

迅速

Auth.auth().signIn(with: credential) { authResult, error in
    if let error = error {
      let authError = error as NSError
      if isMFAEnabled, authError.code == AuthErrorCode.secondFactorRequired.rawValue {
        // The user is a multi-factor user. Second factor challenge is required.
        let resolver = authError
          .userInfo[AuthErrorUserInfoMultiFactorResolverKey] as! MultiFactorResolver
        var displayNameString = ""
        for tmpFactorInfo in resolver.hints {
          displayNameString += tmpFactorInfo.displayName ?? ""
          displayNameString += " "
        }
        self.showTextInputPrompt(
          withMessage: "Select factor to sign in\n\(displayNameString)",
          completionBlock: { userPressedOK, displayName in
            var selectedHint: PhoneMultiFactorInfo?
            for tmpFactorInfo in resolver.hints {
              if displayName == tmpFactorInfo.displayName {
                selectedHint = tmpFactorInfo as? PhoneMultiFactorInfo
              }
            }
            PhoneAuthProvider.provider()
              .verifyPhoneNumber(with: selectedHint!, uiDelegate: nil,
                                 multiFactorSession: resolver
                                   .session) { verificationID, error in
                if error != nil {
                  print(
                    "Multi factor start sign in failed. Error: \(error.debugDescription)"
                  )
                } else {
                  self.showTextInputPrompt(
                    withMessage: "Verification code for \(selectedHint?.displayName ?? "")",
                    completionBlock: { userPressedOK, verificationCode in
                      let credential: PhoneAuthCredential? = PhoneAuthProvider.provider()
                        .credential(withVerificationID: verificationID!,
                                    verificationCode: verificationCode!)
                      let assertion: MultiFactorAssertion? = PhoneMultiFactorGenerator
                        .assertion(with: credential!)
                      resolver.resolveSignIn(with: assertion!) { authResult, error in
                        if error != nil {
                          print(
                            "Multi factor finanlize sign in failed. Error: \(error.debugDescription)"
                          )
                        } else {
                          self.navigationController?.popViewController(animated: true)
                        }
                      }
                    }
                  )
                }
              }
          }
        )
      } else {
        self.showMessagePrompt(error.localizedDescription)
        return
      }
      // ...
      return
    }
    // User is signed in
    // ...
}

Objective-C

[[FIRAuth auth] signInWithCredential:credential
                          completion:^(FIRAuthDataResult * _Nullable authResult,
                                       NSError * _Nullable error) {
    if (isMFAEnabled && error && error.code == FIRAuthErrorCodeSecondFactorRequired) {
      FIRMultiFactorResolver *resolver = error.userInfo[FIRAuthErrorUserInfoMultiFactorResolverKey];
      NSMutableString *displayNameString = [NSMutableString string];
      for (FIRMultiFactorInfo *tmpFactorInfo in resolver.hints) {
        [displayNameString appendString:tmpFactorInfo.displayName];
        [displayNameString appendString:@" "];
      }
      [self showTextInputPromptWithMessage:[NSString stringWithFormat:@"Select factor to sign in\n%@", displayNameString]
                           completionBlock:^(BOOL userPressedOK, NSString *_Nullable displayName) {
       FIRPhoneMultiFactorInfo* selectedHint;
       for (FIRMultiFactorInfo *tmpFactorInfo in resolver.hints) {
         if ([displayName isEqualToString:tmpFactorInfo.displayName]) {
           selectedHint = (FIRPhoneMultiFactorInfo *)tmpFactorInfo;
         }
       }
       [FIRPhoneAuthProvider.provider
        verifyPhoneNumberWithMultiFactorInfo:selectedHint
        UIDelegate:nil
        multiFactorSession:resolver.session
        completion:^(NSString * _Nullable verificationID, NSError * _Nullable error) {
          if (error) {
            [self showMessagePrompt:error.localizedDescription];
          } else {
            [self showTextInputPromptWithMessage:[NSString stringWithFormat:@"Verification code for %@", selectedHint.displayName]
                                 completionBlock:^(BOOL userPressedOK, NSString *_Nullable verificationCode) {
             FIRPhoneAuthCredential *credential =
                 [[FIRPhoneAuthProvider provider] credentialWithVerificationID:verificationID
                                                              verificationCode:verificationCode];
             FIRMultiFactorAssertion *assertion = [FIRPhoneMultiFactorGenerator assertionWithCredential:credential];
             [resolver resolveSignInWithAssertion:assertion completion:^(FIRAuthDataResult * _Nullable authResult, NSError * _Nullable error) {
               if (error) {
                 [self showMessagePrompt:error.localizedDescription];
               } else {
                 NSLog(@"Multi factor finanlize sign in succeeded.");
               }
             }];
           }];
          }
        }];
     }];
    }
  else if (error) {
    // ...
    return;
  }
  // User successfully signed in. Get user data from the FIRUser object
  if (authResult == nil) { return; }
  FIRUser *user = authResult.user;
  // ...
}];

次のステップ

ユーザーが初めてサインインすると、新しいユーザーアカウントが作成され、ユーザーがサインインした資格情報(つまり、ユーザー名とパスワード、電話番号、または認証プロバイダー情報)にリンクされます。この新しいアカウントはFirebaseプロジェクトの一部として保存され、ユーザーのログイン方法に関係なく、プロジェクト内のすべてのアプリでユーザーを識別するために使用できます。

  • アプリでは、 FIRUserオブジェクトからユーザーの基本的なプロファイル情報を取得できます。ユーザーの管理を参照してください。

  • FirebaseRealtimeデータベースとCloudStorageのセキュリティルールでは、ログインしたユーザーの一意のユーザーIDをauth変数から取得し、それを使用してユーザーがアクセスできるデータを制御できます。

認証プロバイダーのクレデンシャルを既存のユーザーアカウントにリンクすることで、ユーザーが複数の認証プロバイダーを使用してアプリにサインインできるようにすることができます。

ユーザーをサインアウトするには、 signOut:を呼び出します。

迅速

    let firebaseAuth = Auth.auth()
do {
  try firebaseAuth.signOut()
} catch let signOutError as NSError {
  print("Error signing out: %@", signOutError)
}
  

Objective-C

    NSError *signOutError;
BOOL status = [[FIRAuth auth] signOut:&signOutError];
if (!status) {
  NSLog(@"Error signing out: %@", signOutError);
  return;
}

また、認証エラーの全範囲に対応するエラー処理コードを追加することもできます。エラーの処理を参照してください。