Firebase でユーザーを管理する

ユーザーを作成する

createUserWithEmail:password:completion: メソッドを呼び出すか、Google ログインFacebook ログインなどのフェデレーション ID プロバイダを使用してユーザーが初めてログインすると、Firebase プロジェクトで新しいユーザーが作成されます。

Firebase console の [Authentication] セクションにある [ユーザー] ページで、新しいパスワード認証ユーザーを作成することもできます。

現在ログインしているユーザーを取得する

現在ログインしているユーザーを取得するには、Auth オブジェクトでリスナーを設定することをおすすめします。

Objective-C

 verbatim 090a01e158704cc247a33b805e4b188d self.handle = [[FIRAuth auth]
    addAuthStateDidChangeListener:^(FIRAuth *_Nonnull auth, FIRUser *_Nullable user) {
      // ...
    }]; endverbatim 090a01e158704cc247a33b805e4b188d 

Swift

 verbatim 263d8af29b6521e1ca1dc5891d249465 handle = FIRAuth.auth()?.addStateDidChangeListener() { (auth, user) in
  // ...
} endverbatim 263d8af29b6521e1ca1dc5891d249465 

リスナーを使用することで、現在ログインしているユーザーを取得するときに Auth オブジェクトが中間状態(初期化など)ではないことを確認します。

currentUser を使用することでも、現在ログインしているユーザーを取得できます。ユーザーがログインしていない場合、currentUser は nil です。

Objective-C

 verbatim 5eb70abc7b0e3c4a58ffefc8f9b2e04c if ([FIRAuth auth].currentUser) {
  // User is signed in.
  // ...
} else {
  // No user is signed in.
  // ...
} endverbatim 5eb70abc7b0e3c4a58ffefc8f9b2e04c 

Swift

 verbatim 034ebda105e528e6c3e28f195171a5c7 if FIRAuth.auth()?.currentUser != nil {
  // User is signed in.
  // ...
} else {
  // No user is signed in.
  // ...
} endverbatim 034ebda105e528e6c3e28f195171a5c7 

ユーザーのプロフィールを取得する

ユーザーのプロフィール情報を取得するには、FIRUser のインスタンスのプロパティを使用します。次に例を示します。

Objective-C

 verbatim 7fb48de6e194de2c485285e3c22fed72 FIRUser *user = [FIRAuth auth].currentUser;
NSString *email = user.email;
// The user's ID, unique to the Firebase project.
// Do NOT use this value to authenticate with your backend server,
// if you have one. Use getTokenWithCompletion:completion: instead.
NSString *uid = user.uid;
NSURL *photoURL = user.photoURL; endverbatim 7fb48de6e194de2c485285e3c22fed72 

Swift

 verbatim ea4e67519f19c74bab38c32eb5c8aa7a let user = FIRAuth.auth()?.currentUser
// The user's ID, unique to the Firebase project.
// Do NOT use this value to authenticate with your backend server,
// if you have one. Use getTokenWithCompletion:completion: instead.
let email = user?.email
let uid = user?.uid
let photoURL = user?.photoURL endverbatim ea4e67519f19c74bab38c32eb5c8aa7a 

ユーザーのプロバイダ別のプロフィール情報を取得する

ユーザーにリンクされているログイン プロバイダからプロフィール情報を取得する場合は、providerData プロパティを使用します。次に例を示します。

Objective-C

 verbatim 38513f3c94954c73dcb13ec9861d13a0 id<FIRUserInfo> userInfo = [FIRAuth auth].currentUser.providerData[indexPath.row];
cell.textLabel.text = [userInfo providerID];
// Provider-specific UID
cell.detailTextLabel.text = [userInfo uid]; endverbatim 38513f3c94954c73dcb13ec9861d13a0 

Swift

 verbatim 2a2ab5281d89822dac55871ba10efffb let userInfo = FIRAuth.auth()?.currentUser?.providerData[(indexPath as NSIndexPath).row]
cell?.textLabel?.text = userInfo?.providerID
// Provider-specific UID
cell?.detailTextLabel?.text = userInfo?.uid endverbatim 2a2ab5281d89822dac55871ba10efffb 

ユーザーのプロフィールを更新する

FIRUserProfileChangeRequest クラスを使用して、ユーザーの基本的なプロフィール情報(ユーザーの表示名とプロフィール写真の URL)を更新できます。次に例を示します。

Objective-C

 verbatim 86fefb62e145ab5c5678fd5fb1c0fc56 FIRUserProfileChangeRequest *changeRequest =
    [[FIRAuth auth].currentUser profileChangeRequest];
changeRequest.displayName = userInput;
[changeRequest commitChangesWithCompletion:^(NSError *_Nullable error) {
  // ...
}]; endverbatim 86fefb62e145ab5c5678fd5fb1c0fc56 

Swift

 verbatim 1cc933e92eb555724d2fa3768d48d907 let changeRequest = FIRAuth.auth()?.currentUser?.profileChangeRequest()
changeRequest?.displayName = userInput
changeRequest?.commitChanges() { (error) in
  // ...
} endverbatim 1cc933e92eb555724d2fa3768d48d907 

ユーザーのメールアドレスを設定する

updateEmail:completion: メソッドを使用して、ユーザーのメールアドレスを設定できます。 次に例を示します。

Objective-C

 verbatim e9f6c6761e469ce4b741fedb80e2fab8 [[FIRAuth auth]
        .currentUser
    updateEmail:userInput
     completion:^(NSError *_Nullable error) {
       // ...
     }]; endverbatim e9f6c6761e469ce4b741fedb80e2fab8 

Swift

 verbatim 56c9cd74ed4ac619292525cc72941383 FIRAuth.auth()?.currentUser?.updateEmail(userInput) { (error) in
  // ...
} endverbatim 56c9cd74ed4ac619292525cc72941383 

ユーザーに確認メールを送信する

sendEmailVerificationWithCompletion: メソッドを使用して、ユーザーにアドレス確認メールを送信できます。次に例を示します。

Objective-C

 verbatim f9880cd0e5e2032a97786d5de83d3419 [[FIRAuth auth]
        .currentUser sendEmailVerificationWithCompletion:^(NSError *_Nullable error) {
  // ...
}]; endverbatim f9880cd0e5e2032a97786d5de83d3419 

Swift

 verbatim 1f1ce5af8a420bdf63e75f1d2ecd7c3c FIRAuth.auth()?.currentUser?.sendEmailVerification(completion: { (error) in
  // ...
}) endverbatim 1f1ce5af8a420bdf63e75f1d2ecd7c3c 

Firebase console の [Authentication] セクションにある [メール テンプレート] ページで使用されるメール テンプレートをカスタマイズできます。 Firebase ヘルプセンターでメール テンプレートについての記事をご覧ください。

ユーザーのパスワードを設定する

updatePassword:completion: メソッドを使用して、ユーザーのパスワードを設定できます。次に例を示します。

Objective-C

 verbatim 8e643d0dbb948202ef9c133e1226bc13 [[FIRAuth auth]
        .currentUser
    updatePassword:userInput
        completion:^(NSError *_Nullable error) {
          // ...
        }]; endverbatim 8e643d0dbb948202ef9c133e1226bc13 

Swift

 verbatim 0617c57f2e45e2222120f3ecec622e8a FIRAuth.auth()?.currentUser?.updatePassword(userInput) { (error) in
  // ...
} endverbatim 0617c57f2e45e2222120f3ecec622e8a 

パスワードの再設定メールを送信する

sendPasswordResetWithEmail:completion: メソッドを使用して、ユーザーにパスワードの再設定メールを送信できます。次に例を示します。

Objective-C

 verbatim db3aef0d80e4402fbbb2fe646f387d6d [[FIRAuth auth]
    sendPasswordResetWithEmail:userInput
                    completion:^(NSError *_Nullable error) {
                      // ...
                    }]; endverbatim db3aef0d80e4402fbbb2fe646f387d6d 

Swift

 verbatim eac38c719c13e865c4f1f0ccf2c128a6 FIRAuth.auth()?.sendPasswordReset(withEmail: userInput) { (error) in
  // ...
} endverbatim eac38c719c13e865c4f1f0ccf2c128a6 

Firebase console の [Authentication] セクションにある [メール テンプレート] ページで使用されるメール テンプレートをカスタマイズできます。 Firebase ヘルプセンターでメール テンプレートについての記事をご覧ください。

Firebase console からパスワードの再設定メールを送信することもできます。

ユーザーを削除する

deleteWithCompletion メソッドを使用して、ユーザーのアカウントを削除できます。次に例を示します。

Objective-C

FIRUser *user = [FIRAuth auth].currentUser;

[user deleteWithCompletion:^(NSError *_Nullable error) {
  if (error) {
    // An error happened.
  } else {
    // Account deleted.
  }
}];

Swift

let user = FIRAuth.auth()?.currentUser

user?.delete { error in
  if let error = error {
    // An error happened.
  } else {
    // Account deleted.
  }
}

Firebase console の [Authentication] セクションにある [ユーザー] ページでユーザーを削除することもできます。

ユーザーを再認証する

アカウントの削除メインのメールアドレスの設定パスワードの変更といったセキュリティ上重要な操作を行うには、ユーザーが最近ログインしている必要があります。ユーザーが最近ログインしていない場合、このような操作を行うと失敗し、FIRAuthErrorCodeCredentialTooOld エラーになります。このような場合は、ユーザーから新しいログイン認証情報を取得して reauthenticate に渡し、ユーザーを再認証します。次に例を示します。

Objective-C

FIRUser *user = [FIRAuth auth].currentUser;
FIRAuthCredential *credential;

// Prompt the user to re-provide their sign-in credentials

[user reauthenticateWithCredential:credential completion:^(NSError *_Nullable error) {
  if (error) {
    // An error happened.
  } else {
    // User re-authenticated.
  }
}];

Swift

let user = FIRAuth.auth()?.currentUser
var credential: FIRAuthCredential

// Prompt the user to re-provide their sign-in credentials

user?.reauthenticate(with: credential) { error in
  if let error = error {
    // An error happened.
  } else {
    // User re-authenticated.
  }
}

ユーザー アカウントをインポートする

Firebase CLI の auth:import コマンドを使用して、ユーザー アカウントをファイルから Firebase プロジェクトにインポートできます。次に例を示します。

firebase auth:import users.json --hash-algo=scrypt --rounds=8 --mem-cost=14

フィードバックを送信...