Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

Firebaseでユーザーを管理する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ユーザーを作成する

Firebaseプロジェクトで新しいユーザーを作成するには、 createUserWithEmail:password:completion:メソッドを呼び出すか、 GoogleサインインFacebookログインなどのフェデレーションIDプロバイダーを使用してユーザーに初めてサインインします。

[ユーザー]ページのFirebaseコンソールの[認証]セクションから、パスワードで認証された新しいユーザーを作成することもできます。

現在サインインしているユーザーを取得する

現在のユーザーを取得するための推奨される方法は、Authオブジェクトにリスナーを設定することです。

迅速

handle = Auth.auth().addStateDidChangeListener { auth, user in
  // ...
}

Objective-C

self.handle = [[FIRAuth auth]
    addAuthStateDidChangeListener:^(FIRAuth *_Nonnull auth, FIRUser *_Nullable user) {
      // ...
    }];

リスナーを使用することにより、現在のユーザーを取得するときに、Authオブジェクトが初期化などの中間状態にならないようにします。

currentUserプロパティを使用して、現在サインインしているユーザーを取得することもできます。ユーザーがサインインしていない場合、 currentUserはnilです。

迅速

if Auth.auth().currentUser != nil {
  // User is signed in.
  // ...
} else {
  // No user is signed in.
  // ...
}

Objective-C

if ([FIRAuth auth].currentUser) {
  // User is signed in.
  // ...
} else {
  // No user is signed in.
  // ...
}

ユーザーのプロファイルを取得する

ユーザーのプロファイル情報を取得するには、 FIRUserのインスタンスのプロパティを使用します。例えば:

迅速

let user = Auth.auth().currentUser
if let user = user {
  // The user's ID, unique to the Firebase project.
  // Do NOT use this value to authenticate with your backend server,
  // if you have one. Use getTokenWithCompletion:completion: instead.
  let uid = user.uid
  let email = user.email
  let photoURL = user.photoURL
  var multiFactorString = "MultiFactor: "
  for info in user.multiFactor.enrolledFactors {
    multiFactorString += info.displayName ?? "[DispayName]"
    multiFactorString += " "
  }
  // ...
}

Objective-C

FIRUser *user = [FIRAuth auth].currentUser;
if (user) {
  // The user's ID, unique to the Firebase project.
  // Do NOT use this value to authenticate with your backend server,
  // if you have one. Use getTokenWithCompletion:completion: instead.
  NSString *email = user.email;
  NSString *uid = user.uid;
  NSMutableString *multiFactorString = [NSMutableString stringWithFormat:@"MultiFactor: "];
  for (FIRMultiFactorInfo *info in user.multiFactor.enrolledFactors) {
    [multiFactorString appendString:info.displayName];
    [multiFactorString appendString:@" "];
  }
  NSURL *photoURL = user.photoURL;
  // ...
}

ユーザーのプロバイダー固有のプロファイル情報を取得する

ユーザーにリンクされているサインインプロバイダーから取得したプロファイル情報を取得するには、 providerDataプロパティを使用します。例えば:

迅速

let userInfo = Auth.auth().currentUser?.providerData[indexPath.row]
cell?.textLabel?.text = userInfo?.providerID
// Provider-specific UID
cell?.detailTextLabel?.text = userInfo?.uid

Objective-C

id<FIRUserInfo> userInfo = [FIRAuth auth].currentUser.providerData[indexPath.row];
cell.textLabel.text = [userInfo providerID];
// Provider-specific UID
cell.detailTextLabel.text = [userInfo uid];

ユーザーのプロファイルを更新する

FIRUserProfileChangeRequestクラスを使用して、ユーザーの基本的なプロファイル情報(ユーザーの表示名とプロファイル写真のURL)を更新できます。例えば:

迅速

let changeRequest = Auth.auth().currentUser?.createProfileChangeRequest()
changeRequest?.displayName = displayName
changeRequest?.commitChanges { error in
  // ...
}

Objective-C

FIRUserProfileChangeRequest *changeRequest = [[FIRAuth auth].currentUser profileChangeRequest];
changeRequest.displayName = userInput;
[changeRequest commitChangesWithCompletion:^(NSError *_Nullable error) {
  // ...
}];

ユーザーのメールアドレスを設定する

updateEmail:completion:メソッドを使用してユーザーのメールアドレスを設定できます。例えば:

迅速

Auth.auth().currentUser?.updateEmail(to: email) { error in
  // ...
}

Objective-C

[[FIRAuth auth].currentUser updateEmail:userInput completion:^(NSError *_Nullable error) {
  // ...
}];

ユーザーに確認メールを送信する

sendEmailVerificationWithCompletion:メソッドを使用して、アドレス確認メールをユーザーに送信できます。例えば:

迅速

Auth.auth().currentUser?.sendEmailVerification { error in
  // ...
}

Objective-C

[[FIRAuth auth].currentUser sendEmailVerificationWithCompletion:^(NSError *_Nullable error) {
  // ...
}];

Firebaseコンソールの[認証]セクションで使用されるメールテンプレートは、[メールテンプレート]ページでカスタマイズできます。 Firebaseヘルプセンターのメールテンプレートをご覧ください。

確認メールを送信するときに、続行URLを介して状態を渡し、アプリにリダイレクトすることもできます。

さらに、電子メールを送信する前にAuthインスタンスの言語コードを更新することにより、検証電子メールをローカライズできます。例えば:

迅速

Auth.auth().languageCode = "fr"
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// Auth.auth().useAppLanguage()

Objective-C

[FIRAuth auth].languageCode = @"fr";
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// [[FIRAuth auth] useAppLanguage];

ユーザーのパスワードを設定する

updatePassword:completion:メソッドを使用してユーザーのパスワードを設定できます。例えば:

迅速

Auth.auth().currentUser?.updatePassword(to: password) { error in
  // ...
}

Objective-C

[[FIRAuth auth].currentUser updatePassword:userInput completion:^(NSError *_Nullable error) {
  // ...
}];

パスワードリセットメールを送信する

sendPasswordResetWithEmail:completion:メソッドを使用して、パスワードリセットメールをユーザーに送信できます。例えば:

迅速

Auth.auth().sendPasswordReset(withEmail: email) { error in
  // ...
}

Objective-C

[[FIRAuth auth] sendPasswordResetWithEmail:userInput completion:^(NSError *_Nullable error) {
  // ...
}];

Firebaseコンソールの[認証]セクションで使用されるメールテンプレートは、[メールテンプレート]ページでカスタマイズできます。 Firebaseヘルプセンターのメールテンプレートをご覧ください。

パスワードリセットメールを送信するときに、続行URLを介して状態を渡し、アプリにリダイレクトすることもできます。

さらに、電子メールを送信する前にAuthインスタンスの言語コードを更新することにより、パスワードリセット電子メールをローカライズできます。例えば:

迅速

Auth.auth().languageCode = "fr"
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// Auth.auth().useAppLanguage()

Objective-C

[FIRAuth auth].languageCode = @"fr";
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// [[FIRAuth auth] useAppLanguage];

Firebaseコンソールからパスワードリセットメールを送信することもできます。

ユーザーを削除する

deleteWithCompletionメソッドを使用してユーザーアカウントを削除できます。例えば:

迅速

let user = Auth.auth().currentUser

user?.delete { error in
  if let error = error {
    // An error happened.
  } else {
    // Account deleted.
  }
}

Objective-C

FIRUser *user = [FIRAuth auth].currentUser;

[user deleteWithCompletion:^(NSError *_Nullable error) {
  if (error) {
    // An error happened.
  } else {
    // Account deleted.
  }
}];

Firebaseコンソールの[認証]セクションの[ユーザー]ページからユーザーを削除することもできます。

ユーザーを再認証する

アカウントの削除、メインのメールアドレスの設定、パスワードの変更など、セキュリティ上重要なアクションの中には、ユーザーが最近サインインしている必要があるものがあります。これらのアクションのいずれかを実行し、ユーザーがサインインするのが非常に長い場合は、アクションはFIRAuthErrorCodeCredentialTooOldエラーで失敗します。これが発生した場合は、ユーザーから新しいサインインクレデンシャルを取得し、クレデンシャルを渡して再認証することにより、ユーザーをreauthenticateします。例えば:

迅速

let user = Auth.auth().currentUser
var credential: AuthCredential

// Prompt the user to re-provide their sign-in credentials

user?.reauthenticate(with: credential) { error in
  if let error = error {
    // An error happened.
  } else {
    // User re-authenticated.
  }
}

Objective-C

FIRUser *user = [FIRAuth auth].currentUser;
FIRAuthCredential *credential;

// Prompt the user to re-provide their sign-in credentials

[user reauthenticateWithCredential:credential completion:^(NSError *_Nullable error) {
  if (error) {
    // An error happened.
  } else {
    // User re-authenticated.
  }
}];

ユーザーアカウントをインポートする

Firebase CLIのauth:importコマンドを使用して、ファイルからFirebaseプロジェクトにユーザーアカウントをインポートできます。例えば:

firebase auth:import users.json --hash-algo=scrypt --rounds=8 --mem-cost=14