Unity を使用して Firebase 匿名認証を行う

Firebase で認証する一時的な匿名アカウントを、Firebase Authentication で作成して使用できます。一時的な匿名アカウントを使用すると、アプリに登録していないユーザーが、セキュリティ ルールで保護されているデータを使用できるようになります。匿名ユーザーがアプリへ登録する場合、ログイン認証情報を匿名アカウントにリンクして、以後のセッションでも引き続き、保護されているデータを使用可能にできます。

準備

    Firebase Authentication を使用するには、その前に Firebase プロジェクトを作成して、Firebase Unity SDK パッケージを Unity プロジェクトに追加する必要があります。

    設定:

    前提条件

    Android

    iOS

    • Unity 5.0 以降
    • Xcode 7.0 以降

    Unity プロジェクトをまだ用意していない場合は、いずれかのクイックスタート サンプルをダウンロードし、特定の Firebase 機能をお試しいただけます。クイックスタートを使用する場合は、次のステップでバンドル識別子が必要になるため、プロジェクト設定からバンドル識別子を忘れずに取得してください。

    Firebase コンソールでアプリを設定する

    アプリに Firebase を追加するには、Firebase プロジェクトと、アプリ用の Firebase 設定ファイルが必要です。

    Firebase プロジェクトをまだ用意していない場合は、Firebase コンソールで Firebase プロジェクトを作成します。モバイルアプリと関連付けられた既存の Google プロジェクトがある場合は、[Google プロジェクトをインポート] をクリックします。それ以外の場合は、[プロジェクトを追加] をクリックします。

    Android

    1. [Android アプリに Firebase を追加] をクリックし、設定手順に沿って操作します。既存の Google プロジェクトをインポートする場合、このステップは自動的に行われることがあります。その場合は、設定ファイルをダウンロードするだけでかまいません。
    2. ダイアログが表示されたら、アプリのパッケージ名を入力してください。必ずアプリで使用しているパッケージ名を入力してください。パッケージ名を設定できるのは、アプリを Firebase プロジェクトに追加するときだけです。
    3. 指示されたら google-services.json ファイルをダウンロードします。このファイルはいつでも再ダウンロードできます。
    4. このファイルを、プロジェクトのアセット フォルダ内の任意の場所にコピーします。

    iOS

    1. [iOS アプリに Firebase を追加] をクリックし、設定手順に沿って操作します。既存の Google プロジェクトをインポートする場合、このステップは自動的に行われることがあります。その場合は、設定ファイルをダウンロードするだけでかまいません。
    2. ダイアログが表示されたら、アプリのバンドル ID を入力してください。必ずアプリで使用しているバンドル ID を入力してください。バンドル ID を設定できるのは、アプリを Firebase プロジェクトに追加するときだけです。
    3. 指示されたら GoogleService-Info.plist ファイルをダウンロードします。このファイルはいつでも再ダウンロードできます。
    4. プロジェクトに GoogleService-Info.plist ファイルを追加します。

    5. Firebase コンソールからダウンロードした GoogleService-Info.plist を、Unity プロジェクトの任意のフォルダにドラッグします。

    アプリに Firebase Unity SDK を追加する

    1. Firebase Unity SDK をダウンロードします。
    2. [Assets] > [Import Package] > [Custom Package] メニュー項目を選択します。
    3. ダウンロードしておいた Firebase Unity SDK から FirebaseAuth.unitypackage パッケージをインポートします。
    4. [Import Unity Package] ウィンドウが表示されたら [Import] ボタンをクリックします。

    アプリをビルドする

    Android

    1. [File] > [Build Settings] メニュー項目を選択します。
    2. [Platform] リストから [Android] を選択します。
    3. [Switch Platform] をクリックし、ターゲット プラットフォームとして [Android] を選択します。
    4. Unity ステータスバーの右下隅にあるスピナー(コンパイル中)アイコンが停止するまで待ちます。
    5. [Build and Run] をクリックします。

    iOS

    1. [File] > [Build Settings] メニュー項目を選択します。
    2. [Platform] リストから [iOS] を選択します。
    3. [Switch Platform] をクリックし、ターゲット プラットフォームとして [iOS] を選択します。
    4. Unity ステータスバーの右下隅にあるスピナー(コンパイル中)アイコンが停止するまで待ちます。
    5. [Build and Run] をクリックします。

  1. アプリを Firebase プロジェクトにまだ接続していない場合は、Firebase コンソールで接続します。
  2. 匿名認証を有効にします。
    1. Firebase コンソールで [Auth] セクションを開きます。
    2. [ログイン方法] ページで [匿名] を有効にします。

Firebase 匿名認証を行う

ログアウトしたユーザーが Firebase での認証が必要なアプリ機能を使用する場合は、次の手順に沿って匿名でのユーザーのログインを行います。

すべての API 呼び出しは FirebaseAuth クラスを使用して行われます。このクラスには FirebaseAuth.DefaultInstance を通じてアクセスできます。
Firebase.Auth.FirebaseAuth auth = Firebase.Auth.FirebaseAuth.DefaultInstance;
1. Firebase.Auth.FirebaseAuth.SignInAnonymouslyAsync を呼び出します。
auth.SignInAnonymouslyAsync().ContinueWith(task => {
  if (task.IsCanceled) {
    Debug.LogError("SignInAnonymouslyAsync was canceled.");
    return;
  }
  if (task.IsFaulted) {
    Debug.LogError("SignInAnonymouslyAsync encountered an error: " + task.Exception);
    return;
  }

  Firebase.Auth.FirebaseUser newUser = task.Result;
  Debug.LogFormat("User signed in successfully: {0} ({1})",
      newUser.DisplayName, newUser.UserId);
});

匿名アカウントを永久アカウントに変換する

匿名ユーザーがアプリへ登録した後、新しいアカウントの下で引き続き従来の作業を行えるようにしなければならない場合があります。たとえば、アプリへの登録前にユーザーがショッピング カートに追加したアイテムを、新しいアカウントのショッピング カートにも入れておく、といったケースです。手順は次のとおりです。

  1. ユーザーがアプリに登録したら、ユーザーの認証プロバイダのログインフローを行います(ただし、いずれかのメソッドを呼び出す手前まで)。たとえば、ユーザーの Google ID トークン、Facebook アクセス トークン、メールアドレスとパスワードを取得します。
  2. 新しい認証プロバイダの AuthCredential を取得します。

  3. ログイン ユーザーのメソッドにオブジェクトを渡します。

呼び出しが成功したら、ユーザーの新しいアカウントが匿名アカウントの Firebase データにアクセスできるようになります。

次のステップ

これで、ユーザーが Firebase で認証できるようになったため、Firebase ルールを使用して、Firebase データベースのデータに対するユーザーのアクセス権を制御できます。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。