Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Firebaseでユーザーを管理する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ユーザーを作成する

Firebaseプロジェクトで新しいユーザーを作成するには、 createUserWithEmailAndPasswordメソッドを呼び出すか、 GoogleサインインFacebookログインなどのフェデレーションIDプロバイダーを使用してユーザーに初めてサインインします。

また、 Firebaseコンソールの[認証]セクション、[ユーザー]ページ、またはAdmin SDKを使用して、パスワードで認証された新しいユーザーを作成することもできます。

現在サインインしているユーザーを取得する

現在のユーザーを取得するための推奨される方法は、Authオブジェクトにオブザーバーを設定することです。

Web version 9

import { getAuth, onAuthStateChanged } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
onAuthStateChanged(auth, (user) => {
  if (user) {
    // User is signed in, see docs for a list of available properties
    // https://firebase.google.com/docs/reference/js/firebase.User
    const uid = user.uid;
    // ...
  } else {
    // User is signed out
    // ...
  }
});

Web version 8

firebase.auth().onAuthStateChanged((user) => {
  if (user) {
    // User is signed in, see docs for a list of available properties
    // https://firebase.google.com/docs/reference/js/firebase.User
    var uid = user.uid;
    // ...
  } else {
    // User is signed out
    // ...
  }
});

オブザーバーを使用することにより、現在のユーザーを取得するときに、Authオブジェクトが初期化などの中間状態にないことを確認します。 signInWithRedirectを使用する場合、 onAuthStateChangedオブザーバーは、 getRedirectResultが解決されるまで待機してからトリガーします。

currentUserプロパティを使用して、現在サインインしているユーザーを取得することもできます。ユーザーがサインインしていない場合、 currentUserはnullです。

Web version 9

import { getAuth } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
const user = auth.currentUser;

if (user) {
  // User is signed in, see docs for a list of available properties
  // https://firebase.google.com/docs/reference/js/firebase.User
  // ...
} else {
  // No user is signed in.
}

Web version 8

const user = firebase.auth().currentUser;

if (user) {
  // User is signed in, see docs for a list of available properties
  // https://firebase.google.com/docs/reference/js/firebase.User
  // ...
} else {
  // No user is signed in.
}

ユーザーのプロファイルを取得する

ユーザーのプロファイル情報を取得するには、 Userのインスタンスのプロパティを使用します。例えば:

Web version 9

import { getAuth } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
const user = auth.currentUser;
if (user !== null) {
  // The user object has basic properties such as display name, email, etc.
  const displayName = user.displayName;
  const email = user.email;
  const photoURL = user.photoURL;
  const emailVerified = user.emailVerified;

  // The user's ID, unique to the Firebase project. Do NOT use
  // this value to authenticate with your backend server, if
  // you have one. Use User.getToken() instead.
  const uid = user.uid;
}

Web version 8

const user = firebase.auth().currentUser;
if (user !== null) {
  // The user object has basic properties such as display name, email, etc.
  const displayName = user.displayName;
  const email = user.email;
  const photoURL = user.photoURL;
  const emailVerified = user.emailVerified;

  // The user's ID, unique to the Firebase project. Do NOT use
  // this value to authenticate with your backend server, if
  // you have one. Use User.getIdToken() instead.
  const uid = user.uid;
}

ユーザーのプロバイダー固有のプロファイル情報を取得する

ユーザーにリンクされているサインインプロバイダーから取得したプロファイル情報を取得するには、 providerDataプロパティを使用します。例えば:

Web version 9

import { getAuth } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
const user = auth.currentUser;

if (user !== null) {
  user.providerData.forEach((profile) => {
    console.log("Sign-in provider: " + profile.providerId);
    console.log("  Provider-specific UID: " + profile.uid);
    console.log("  Name: " + profile.displayName);
    console.log("  Email: " + profile.email);
    console.log("  Photo URL: " + profile.photoURL);
  });
}

Web version 8

const user = firebase.auth().currentUser;

if (user !== null) {
  user.providerData.forEach((profile) => {
    console.log("Sign-in provider: " + profile.providerId);
    console.log("  Provider-specific UID: " + profile.uid);
    console.log("  Name: " + profile.displayName);
    console.log("  Email: " + profile.email);
    console.log("  Photo URL: " + profile.photoURL);
  });
}

ユーザーのプロファイルを更新する

updateProfileメソッドを使用して、ユーザーの基本的なプロファイル情報(ユーザーの表示名とプロファイル写真のURL)を更新できます。例えば:

Web version 9

import { getAuth, updateProfile } from "firebase/auth";
const auth = getAuth();
updateProfile(auth.currentUser, {
  displayName: "Jane Q. User", photoURL: "https://example.com/jane-q-user/profile.jpg"
}).then(() => {
  // Profile updated!
  // ...
}).catch((error) => {
  // An error occurred
  // ...
});

Web version 8

const user = firebase.auth().currentUser;

user.updateProfile({
  displayName: "Jane Q. User",
  photoURL: "https://example.com/jane-q-user/profile.jpg"
}).then(() => {
  // Update successful
  // ...
}).catch((error) => {
  // An error occurred
  // ...
});  

ユーザーのメールアドレスを設定する

updateEmailメソッドを使用してユーザーの電子メールアドレスを設定できます。例えば:

Web version 9

import { getAuth, updateEmail } from "firebase/auth";
const auth = getAuth();
updateEmail(auth.currentUser, "user@example.com").then(() => {
  // Email updated!
  // ...
}).catch((error) => {
  // An error occurred
  // ...
});

Web version 8

const user = firebase.auth().currentUser;

user.updateEmail("user@example.com").then(() => {
  // Update successful
  // ...
}).catch((error) => {
  // An error occurred
  // ...
});

ユーザーに確認メールを送信する

sendEmailVerificationメソッドを使用して、アドレス確認メールをユーザーに送信できます。例えば:

Web version 9

import { getAuth, sendEmailVerification } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
sendEmailVerification(auth.currentUser)
  .then(() => {
    // Email verification sent!
    // ...
  });

Web version 8

firebase.auth().currentUser.sendEmailVerification()
  .then(() => {
    // Email verification sent!
    // ...
  });

Firebaseコンソールの[認証]セクションで使用されるメールテンプレートは、[メールテンプレート]ページでカスタマイズできます。 Firebaseヘルプセンターのメールテンプレートをご覧ください。

確認メールを送信するときに、続行URLを介して状態を渡し、アプリにリダイレクトすることもできます。

さらに、電子メールを送信する前にAuthインスタンスの言語コードを更新することにより、検証電子メールをローカライズできます。例えば:

Web version 9

import { getAuth } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
auth.languageCode = 'it';
// To apply the default browser preference instead of explicitly setting it.
// firebase.auth().useDeviceLanguage();

Web version 8

firebase.auth().languageCode = 'it';
// To apply the default browser preference instead of explicitly setting it.
// firebase.auth().useDeviceLanguage();

ユーザーのパスワードを設定する

updatePasswordメソッドを使用してユーザーのパスワードを設定できます。例えば:

Web version 9

import { getAuth, updatePassword } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();

const user = auth.currentUser;
const newPassword = getASecureRandomPassword();

updatePassword(user, newPassword).then(() => {
  // Update successful.
}).catch((error) => {
  // An error ocurred
  // ...
});

Web version 8

const user = firebase.auth().currentUser;
const newPassword = getASecureRandomPassword();

user.updatePassword(newPassword).then(() => {
  // Update successful.
}).catch((error) => {
  // An error ocurred
  // ...
});

パスワードリセットメールを送信する

sendPasswordResetEmailメソッドを使用して、パスワードリセットの電子メールをユーザーに送信できます。例えば:

Web version 9

import { getAuth, sendPasswordResetEmail } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
sendPasswordResetEmail(auth, email)
  .then(() => {
    // Password reset email sent!
    // ..
  })
  .catch((error) => {
    const errorCode = error.code;
    const errorMessage = error.message;
    // ..
  });

Web version 8

firebase.auth().sendPasswordResetEmail(email)
  .then(() => {
    // Password reset email sent!
    // ..
  })
  .catch((error) => {
    var errorCode = error.code;
    var errorMessage = error.message;
    // ..
  });

Firebaseコンソールの[認証]セクションで使用されるメールテンプレートは、[メールテンプレート]ページでカスタマイズできます。 Firebaseヘルプセンターのメールテンプレートをご覧ください。

パスワードリセットメールを送信するときに、続行URLを介して状態を渡し、アプリにリダイレクトすることもできます。

さらに、電子メールを送信する前にAuthインスタンスの言語コードを更新することにより、パスワードリセット電子メールをローカライズできます。例えば:

Web version 9

import { getAuth } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
auth.languageCode = 'it';
// To apply the default browser preference instead of explicitly setting it.
// firebase.auth().useDeviceLanguage();

Web version 8

firebase.auth().languageCode = 'it';
// To apply the default browser preference instead of explicitly setting it.
// firebase.auth().useDeviceLanguage();

Firebaseコンソールからパスワードリセットメールを送信することもできます。

ユーザーを削除する

deleteメソッドを使用してユーザーアカウントを削除できます。例えば:

Web version 9

import { getAuth, deleteUser } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
const user = auth.currentUser;

deleteUser(user).then(() => {
  // User deleted.
}).catch((error) => {
  // An error ocurred
  // ...
});

Web version 8

const user = firebase.auth().currentUser;

user.delete().then(() => {
  // User deleted.
}).catch((error) => {
  // An error ocurred
  // ...
});

Firebaseコンソールの[認証]セクションの[ユーザー]ページからユーザーを削除することもできます。

ユーザーを再認証する

アカウントの削除、メインのメールアドレスの設定、パスワードの変更など、セキュリティ上重要なアクションの中には、ユーザーが最近サインインしている必要があるものがあります。これらのアクションのいずれかを実行し、ユーザーがかなり前にサインインした場合は、アクションはエラーで失敗します。これが発生した場合は、ユーザーから新しいサインインクレデンシャルを取得し、そのクレデンシャルをreauthenticateWithCredentialに渡すことにより、ユーザーを再認証します。例えば:

Web version 9

import { getAuth, reauthenticateWithCredential } from "firebase/auth";

const auth = getAuth();
const user = auth.currentUser;

// TODO(you): prompt the user to re-provide their sign-in credentials
const credential = promptForCredentials();

reauthenticateWithCredential(user, credential).then(() => {
  // User re-authenticated.
}).catch((error) => {
  // An error ocurred
  // ...
});

Web version 8

const user = firebase.auth().currentUser;

// TODO(you): prompt the user to re-provide their sign-in credentials
const credential = promptForCredentials();

user.reauthenticateWithCredential(credential).then(() => {
  // User re-authenticated.
}).catch((error) => {
  // An error occurred
  // ...
});

ユーザーアカウントをインポートする

Firebase CLIのauth:importコマンドを使用して、ファイルからFirebaseプロジェクトにユーザーアカウントをインポートできます。例えば:

firebase auth:import users.json --hash-algo=scrypt --rounds=8 --mem-cost=14