Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

アプリを Cloud Functions エミュレータに接続する

アプリを Cloud Functions エミュレータに接続する前に、Firebase Local Emulator Suite の全体的なワークフローを理解し、Local Emulator Suite をインストールして構成してください。

アプリをインストルメント化してエミュレータと通信する

呼び出し可能関数用にアプリをインストルメント化する

プロトタイプとテストのアクティビティに呼び出し可能なバックエンド関数が含まれる場合、Cloud Functions for Firebase エミュレータとのやり取りを次のように構成します。

Android
        // 10.0.2.2 is the special IP address to connect to the 'localhost' of
        // the host computer from an Android emulator.
        FirebaseFunctions functions = FirebaseFunctions.getInstance();
        functions.useEmulator("10.0.2.2.", 5001);
iOS - Swift
Functions.functions().useFunctionsEmulator(origin: "http://localhost:5001")
ウェブ
firebase.functions().useEmulator("localhost", 5001);

HTTPS 関数のエミュレーション用にアプリをインストルメント化する

コード内の各 HTTPS 関数は、次の URL 形式を使用してローカル エミュレータから実行されます。

http://$HOST:$PORT/$PROJECT/$REGION/$NAME

たとえば、デフォルトのホストのポートとリージョンが指定された単純な helloWorld 関数は、次の場所で実行されます。

https://localhost:5001/$PROJECT/us-central1/helloWorld

バックグラウンドでトリガーされる関数のエミュレーション用にアプリをインストルメント化する

Cloud Functions エミュレータは、次のソースからバックグラウンドでトリガーされる関数をサポートします。

  • Realtime Database エミュレータ
  • Cloud Firestore エミュレータ
  • Authentication エミュレータ
  • Pub/Sub エミュレータ

バックグラウンド イベントをトリガーするには、お使いのプラットフォーム用の SDK を使用してアプリまたはテストコードをエミュレータに接続します。

次のステップ