集約クエリ

Cloud Firestore の高度なクエリを使用すると、大規模なコレクション内のドキュメントをすばやく見つけることができます。コレクションのプロパティ全体を確認する場合には、コレクションを集約する必要があります。

Cloud Firestore は、ネイティブの集約クエリに対応していません。ただし、クライアント側のトランザクションや Cloud Functions を使用すると、データに関する集約情報を簡単に管理できます。

操作を続ける前に、クエリと Cloud Firestore データモデルの説明をご確認ください。

解決方法: クライアント側でトランザクションを実行する

人気のレストランを検索できるローカルのおすすめアプリについて考えてみましょう。次のクエリは、特定のレストランの評価をすべて取得します。

ウェブ

db.collection("restaurants")
  .doc("arinell-pizza")
  .collection("ratings")
  .get()

Swift

db.collection("restaurants")
    .document("arinell-pizza")
    .collection("ratings")
    .getDocuments() { (querySnapshot, err) in

        // ...

}

Android

db.collection("restaurants")
        .document("arinell-pizza")
        .collection("ratings")
        .get();

すべての評価を取得して集約するのではなく、この情報をレストランのドキュメントに保存します。

ウェブ

var arinellDoc = {
  name: 'Arinell Pizza',
  avgRating: 4.65,
  numRatings: 683
}

Swift

struct Restaurant {

    let name: String
    let avgRating: Float
    let numRatings: Int

    init(name: String, avgRating: Float, numRatings: Int) {
        self.name = name
        self.avgRating = avgRating
        self.numRatings = numRatings
    }

}

let arinell = Restaurant(name: "Arinell Pizza", avgRating: 4.65, numRatings: 683)

Android

public class Restaurant {
    String name;
    double avgRating;
    int numRatings;

    public Restaurant(String name, double avgRating, int numRatings) {
        this.name = name;
        this.avgRating = avgRating;
        this.numRatings = numRatings;
    }
}

Restaurant arinell = new Restaurant("Arinell Pizza", 4.65, 683);

集約の整合性を保つため、新しい評価がサブコレクションに追加されるたびに更新を行う必要があります。整合性を保つ方法の 1 つは、単一のトランザクションで追加と更新の両方を行うことです。

ウェブ

function addRating(restaurantRef, rating) {
    // Create a reference for a new rating, for use inside the transaction
    var ratingRef = restaurantRef.collection('ratings').doc();

    // In a transaction, add the new rating and update the aggregate totals
    return db.runTransaction(transaction => {
        return transaction.get(restaurantRef).then(res => {
            if (!res.exists) {
                throw "Document does not exist!";
            }

            // Compute new number of ratings
            var newNumRatings = res.data().numRatings + 1;

            // Compute new average rating
            var oldRatingTotal = res.data().avgRating * res.data().numRatings;
            var newAvgRating = (oldRatingTotal + rating) / newNumRatings;

            // Commit to Firestore
            transaction.update(restaurantRef, {
                numRatings: newNumRatings,
                avgRating: newAvgRating
            });
            transaction.set(ratingRef, { rating: rating });
        })
    });
}

Swift

func addRatingTransaction(restaurantRef: DocumentReference, rating: Float) {
    let ratingRef: DocumentReference = restaurantRef.collection("ratings").document()

    db.runTransaction({ (transaction, errorPointer) -> Any? in
        do {
            let restaurantDocument = try transaction.getDocument(restaurantRef).data()
            guard var restaurantData = restaurantDocument else { return nil }

            // Compute new number of ratings
            let numRatings = restaurantData["numRatings"] as! Int
            let newNumRatings = numRatings + 1

            // Compute new average rating
            let avgRating = restaurantData["avgRating"] as! Float
            let oldRatingTotal = avgRating * Float(numRatings)
            let newAvgRating = (oldRatingTotal + rating) / Float(newNumRatings)

            // Set new restaurant info
            restaurantData["numRatings"] = newNumRatings
            restaurantData["avgRating"] = newAvgRating

            // Commit to Firestore
            transaction.setData(restaurantData, forDocument: restaurantRef)
            transaction.setData(["rating": rating], forDocument: ratingRef)
        } catch {
            // Error getting restaurant data
            // ...
        }

        return nil
    }) { (object, err) in
        // ...
    }
}

Android

private Task<Void> addRating(final DocumentReference restaurantRef, final float rating) {
    // Create reference for new rating, for use inside the transaction
    final DocumentReference ratingRef = restaurantRef.collection("ratings").document();

    // In a transaction, add the new rating and update the aggregate totals
    return db.runTransaction(new Transaction.Function<Void>() {
        @Override
        public Void apply(Transaction transaction) throws FirebaseFirestoreException {
            Restaurant restaurant = transaction.get(restaurantRef).toObject(Restaurant.class);

            // Compute new number of ratings
            int newNumRatings = restaurant.numRatings + 1;

            // Compute new average rating
            double oldRatingTotal = restaurant.avgRating * restaurant.numRatings;
            double newAvgRating = (oldRatingTotal + rating) / newNumRatings;

            // Set new restaurant info
            restaurant.numRatings = newNumRatings;
            restaurant.avgRating = newAvgRating;

            // Update restaurant
            transaction.set(restaurantRef, restaurant);

            // Update rating
            Map<String, Object> data = new HashMap<>();
            data.put("rating", rating);
            transaction.set(ratingRef, data, SetOptions.merge());

            return null;
        }
    });
}

トランザクションを使用すると、集約データとコレクションの整合性が維持されます。Cloud Firestore でのトランザクションの詳細については、トランザクションと一括書き込みをご覧ください。

制限事項

上記の解決策では、Cloud Firestore クライアント ライブラリを使用してデータを集約していますが、次の制限事項があることに注意してください。

  • セキュリティ - クライアント側でトランザクションを実行するには、データベースで集約データを更新する権限をクライアントに付与する必要があります。高度なセキュリティ ルールを作成することでリスクを軽減できますが、この方法が適切でない場合もあります。
  • オフライン サポート - ユーザーの端末がオフラインの場合、クライアント側のトランザクションは失敗します。アプリでこのケースに対応し、適切なタイミングで再試行を行う必要があります。
  • パフォーマンス - トランザクションで複数の読み取り、書き込み、更新オペレーションが実行される場合、Cloud Firestore バックエンドに対して複数のリクエストが必要になる可能性があります。モバイル端末の場合、処理に時間がかかることがあります。

解決方法: Cloud Functions

クライアント側のトランザクションがアプリケーションに適していない場合、Cloud Functions を利用することでレストランに新しい評価が追加されるたびに集約情報を更新できます。

Node.js

exports.aggregateRatings = firestore
  .document('restaurants/{restId}/ratings/{ratingId}')
  .onWrite(event => {
    // Get value of the newly added rating
    var ratingVal = event.data.get('rating');

    // Get a reference to the restaurant
    var restRef = db.collection('restaurants').document(event.params.restId);

    // Update aggregations in a transaction
    return db.runTransaction(transaction => {
      return transaction.get(restRef).then(restDoc => {
        // Compute new number of ratings
        var newNumRatings = restDoc.data('numRatings') + 1;

        // Compute new average rating
        var oldRatingTotal = restDoc.data('avgRating') * restDoc.data('numRatings');
        var newAvgRating = (oldRatingTotal + ratingVal) / newNumRatings;

        // Update restaurant info
        return transaction.update(restRef, {
          avgRating: newAvgRating,
          numRatings: newNumRatings
        });
      });
    });
});

この解決策の場合、ホスト側の関数に作業がオフロードされます。つまり、モバイルアプリが評価を追加する際にトランザクションの完了を待つ必要がなくなります。Cloud Function で実行されるコードにはセキュリティ ルールが適用されないため、集約データへの書き込みアクセス権をクライアントに与える必要はありません。

制限事項

集約に Cloud Functions を使用すると、クライアント側でトランザクションを実行する場合の問題がいくつか解消されますが、いくつかの制限事項が存在します。

  • コスト - 評価が追加されるたびに Cloud Functions が呼び出されるため、コストが増加する可能性があります。詳細については、Cloud Functions の料金体系をご覧ください。
  • レイテンシ - 集約作業を Cloud Functions にオフロードするため、Cloud Functions の実行が完了し、クライアントに新しいデータが通知されるまで、更新されたデータは表示されません。Cloud Functions の処理速度によっては、トランザクションをローカルで実行する場合よりも時間がかかることがあります。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。