Firebase コンソールでの Cloud Firestore の管理

Cloud Firestore を管理するには、Firebase コンソールで次の操作を行います。

  • データの追加、編集、削除
  • Cloud Firestore セキュリティ ルールの作成と更新
  • インデックスの管理

データ管理

Cloud Firestore では、データをドキュメントに格納し、ドキュメントをコレクションとして整理します。データの追加を開始する前に、Cloud Firestore データモデルをご覧ください。

Firebase コンソールでドキュメントやコレクションの追加、編集、削除を行うには、[Database] セクションの [データ] タブを開きます。

データの追加

  1. [コレクションを追加] をクリックし、コレクション名を入力して [次へ] をクリックします。
  2. 特定のドキュメント ID を入力するか、[自動 ID] をクリックしてドキュメントにデータ用のフィールドを追加します。
  3. [保存] をクリックします。新しいコレクションとドキュメントがデータビューアに表示されます。
  4. コレクションにドキュメントを追加するには、[ドキュメントを追加] をクリックします。

データの編集

  1. コレクションをクリックしてドキュメントを表示したら、ドキュメントをクリックしてそのフィールドとサブコレクションを表示します。
  2. フィールドをクリックしてフィールド値を編集します。選択したドキュメントにフィールドまたはサブコレクションを追加するには、[フィールドを追加] または [コレクションを追加] をクリックします。

データの削除

コレクションを削除するには:

  1. 削除するコレクションを選択します。
  2. ドキュメント列の上部にあるメニュー アイコンをクリックし、[コレクションを削除] をクリックします。

ドキュメント列のメニューから [コレクションを削除] をクリックします

ドキュメントまたはすべてのフィールドを削除するには:

  1. 削除するドキュメントを選択します。
  2. ドキュメントの詳細列の上部にあるメニュー アイコンをクリックします。[ドキュメントを削除] または [ドキュメント フィールドを削除] を選択します。

ドキュメントを削除すると、サブコレクションを含むそのドキュメント内のネストされたデータがすべて削除されます。ただし、ドキュメントのフィールドを削除してもサブコレクションは削除されません。

ドキュメントの詳細列のコンテキスト メニューから [ドキュメントを削除] または [ドキュメント フィールドを削除] をクリックします

ドキュメント内の特定のフィールドを削除するには:

  1. ドキュメントを選択してフィールドを表示します。
  2. 削除するフィールドの横にある削除アイコンをクリックします。

削除アイコンをクリックし、ドキュメントからフィールドを削除します

Cloud Firestore セキュリティ ルールの管理

Firebase コンソールで Cloud Firestore セキュリティ ルールの追加、編集、削除を行うには、[Database] セクションの [ルール] タブに移動します。詳しくは、ルールの設定とカスタマイズの方法をご覧ください。

インデックスの管理

Firebase コンソールでクエリの新しいインデックスを作成したり、既存のインデックスを管理したりするには、[Database] セクションの [インデックス] タブに移動します。詳しくは、インデックスの管理方法をご覧ください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。