Cloud Functions for Firebaseplat_iosplat_androidplat_webplat_cppplat_unity

Cloud Functions for Firebase を使用すると、Firebase 機能や HTTPS リクエストによってトリガーされたイベントに応じて、バックエンド コードを自動的に実行できます。コードは Google のクラウドに保存され、マネージド環境で実行されます。独自のサーバーを管理およびスケーリングする必要はありません。

Google Cloud Platform で Cloud Functions をすでにご利用の場合は、 Firebase がどのように適合するかについてご確認ください

はじめに 使用例

主な機能

Firebase プラットフォームを統合 記述する関数は、以下のような他の Firebase および Google Cloud 機能によって生成されたイベントに応答できます。

Admin SDK を Cloud Functions とともに使用して、Firebase のさまざまな機能を統合したり、独自の webhook を作成してサードパーティのサービスと統合したりすることができます。Cloud Functions はボイラープレート コードを最小限に抑え、関数内で Firebase と Google Cloud を使いやすくします。
メンテナンス不要 コマンドラインから 1 つのコマンドで、コードをサーバーにデプロイします。その後は Firebase によって、ユーザーの使用パターンに合わせてコンピューティング リソースが自動的にスケーリングされます。認証情報、サーバー設定、新規サーバーのプロビジョニング、古いサーバーのデコミッションを気にする必要はありません。
ロジックの機密性と安全性を維持 多くの場合、デベロッパーはクライアント側での不正行為を防ぐために、サーバー上でアプリケーション ロジックを制御することを好みます。また、そのコードをリバース エンジニアリングできるようにすることは望ましくない場合もあります。Cloud Functions はクライアントから完全に隔離されているため、非公開であり、常に必要とするとおりに動作します。

仕組み

関数を記述してデプロイすると、Google のサーバーはすぐに関数の管理を開始し、イベントをリッスンして、トリガーされたときに関数を実行します。負荷が増減すると、Google は関数の実行に必要な仮想サーバー インスタンスの数を迅速にスケーリングすることで対応します。

関数のライフサイクル

  1. デベロッパーは、新しい関数のコードを記述し、イベント プロバイダ(Realtime Database など)を選択し、関数の実行条件を定義します。
  2. デベロッパーは関数をデプロイし、Firebase はそれを選択されたイベント プロバイダに接続します。
  3. イベント プロバイダによって関数の条件に一致するイベントが生成されると、コードが呼び出されます。
  4. 関数が多くのイベントの処理でビジー状態の場合、Google はより多くのインスタンスを作成して作業を迅速に処理します。関数がアイドル状態の場合、インスタンスはクリーンアップされます。
  5. デベロッパーが更新されたコードをデプロイすることで関数を更新すると、古いバージョンのすべてのインスタンスはクリーンアップされ、新しいインスタンスに置き換えられます。
  6. デベロッパーが関数を削除すると、すべてのインスタンスはクリーンアップされ、関数とイベント プロバイダ間の接続は削除されます。

実装のプロセス

Cloud Functions の設定 Firebase CLI をインストールし、Firebase プロジェクトで Cloud Functions を初期化します。
関数の記述 Firebase サービス、Google Cloud サービス、または他のイベント プロバイダからのイベントを処理するための JavaScript コードを記述します。
デプロイとモニタリング Firebase CLI を使用して関数をデプロイします。Firebase コンソールを使用して、ログを表示および検索できます。

次のステップ

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。