Google Cloud Functions と Firebase

Google Cloud Functions は、イベント駆動型アプリケーションを作成するための Google のサーバーレス コンピュート ソリューションです。Google Cloud Platform チームと Firebase チーム共同のプロダクトです。

Google Cloud Platform デベロッパー: Cloud Functions はイベントをリッスンしてレスポンスする接続層として機能します。これにより、Google Cloud Platform(GCP)サービス間でロジックを構築できるようになります。

Firebase デベロッパー: Cloud Functions for Firebase はサーバー側コードを追加することによって、Firebase の動作を拡張し、Firebase の機能を統合します。

どちらのソリューションでも、サーバーの管理やインフラストラクチャのプロビジョニングについて心配する必要のない完全に管理された環境で、関数を迅速かつ確実に実行できます。

Cloud Functions for Firebase

モバイルまたはモバイル ウェブアプリを構築するデベロッパーは、Cloud Functions for Firebase を使ったほうが便利です。Firebase により、モバイル デベロッパーは、アナリティクス、認証、Realtime Database など、完全に管理されたモバイル中心のサービスの全範囲にアクセスできます。Cloud Functions は、サーバー側コードの追加により Firebase 機能の動作を拡張させて接続する方法を提供することで、サービスを向上させます。

Firebase デベロッパーは、支払いの処理や SMS メッセージの送信などのタスクについて、外部サービスと簡単に統合できます。また、処理が重すぎてモバイル端末には含められないカスタム ロジックや、サーバー上に置いてセキュリティを確保する必要があるカスタム ロジックでも含めることができます。一般的な統合の事例については、Cloud Functions で可能な処理を参照してください。フル機能のバックエンドを必要とする場合は、Google Cloud Platform の強力な機能へのゲートウェイとして Cloud Functions を利用できます。

Cloud Functions for Firebase は、Firebase デベロッパー向けに最適化されています。

  • コードによって関数を設定する Firebase SDK
  • Firebase コンソールおよび Firebase CLI との統合
  • Google Cloud Functions と同じトリガーに加えて、Firebase Realtime Database、Firebase Authentication、Firebase 向け Google アナリティクスの各トリガー

Google Cloud Platform 向けの Cloud Functions

デベロッパーは、Cloud Function の形式でコードを記述することで、GCP サービスを接続させて拡張できます。Cloud Functions は接続層として機能し、イベントをリッスンして応答することで、GCP サービス間でロジックを組み立てることができます。数行のコードを使用するだけで、デベロッパーがサーバーのプロビジョニングや管理を行うことなく、GCP サービスをより便利に、高度に組み合わせて使用できるようになります。詳細については、Google Cloud Functions のドキュメントを参照してください。

相互運用性に関する既知の制限事項

Google Cloud Functions と Firebase SDK for Cloud Functions には、完全な相互運用性があるわけではありません。

  • Firebase SDK for Cloud Functions を使用して記述された Cloud Functions は、gcloud コマンドライン ツールを使用してデプロイすることはできず、その逆も同じです。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。