バーコード スキャンplat_iosplat_android

ML Kit のバーコード スキャン API を使用すると、標準的なバーコード形式でエンコードされたデータを読み取ることができます。

バーコードは、現実世界からアプリに情報を渡すのに便利な手段です。特に、QR コードなどの 2D 形式を使用すると、連絡先情報や Wi-Fi ネットワークの認証情報などの構造化データをエンコードすることができます。ML Kit はこのデータを自動的に認識して解析できるため、ユーザーがバーコードをスキャンした時点で、アプリはインテリジェントに対応することができます。

iOS Android

主な機能

標準的な形式の読み取り
  • 線形形式: Codabar、Code 39、Code 93、Code 128、EAN-8、EAN-13、ITF、UPC-A、UPC-E
  • 2D 形式: Aztec、Data Matrix、PDF417、QR コード
自動形式検出 対象の形式を指定しなくても、サポートされているバーコード形式を一度にすべてスキャンします。また、検出器を対象の形式のみに制限すると、スキャン速度が向上します。
構造化データの抽出 サポートされている 2D 形式のいずれかを使用して保存されている構造化データは、自動的に解析されます。サポートされている情報の種類には、URL、連絡先情報、カレンダー イベント、メールアドレス、電話番号、SMS メッセージ プロンプト、ISBN、Wi-Fi 接続情報、地域、AAMVA 標準ドライバ情報などがあります。
どの方向でも対応 バーコードは、方向に関係なく(上下左右で向きがずれていても)認識、スキャンされます。

検索結果の例

結果
(49,125), (172,125), (172,160), (49,160)
Raw 値 2404105001722
結果
(87,87) (612,87) (612,612) (87,612)
Raw 値 WIFI:S:SB1Guest;P:12345;T:WEP;;
Wi-Fi 情報
SSID SB1Guest
パスワード 12345
種類 WEP

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。