ウェブでストレージ参照を作成する

ファイルは Google Cloud Storage バケットに保存されます。このバケット内のファイルは、ローカル ハードディスク上のファイル システムや Firebase Realtime Database 内のデータと同様の階層構造で表されます。アプリからファイルにアクセスするには、そのファイルへの参照を作成します。作成した参照を使うと、データのアップロードやダウンロード、メタデータの取得や更新、ファイルの削除などを行うことができます。参照は特定のファイルまたは階層内の上位ノードをポイントします。

Firebase Realtime Database を使用したことがある場合は、これらのパスになじみがあると思いますが、ファイルデータの格納場所は Realtime Database ではなく Google Cloud Storage になります。

参照を作成する

ファイルをアップロード、ダウンロード、または削除したり、メタデータを取得または更新したりするには、操作を行うファイルへの参照を作成する必要があります。参照はクラウド内のファイルへのポインタと考えることができます。参照は軽量なので、必要なだけいくつでも作成でき、複数の操作で再利用することもできます。

参照は Firebase アプリの storage() サービスから作成します。 この参照は Cloud Storage バケットのルートをポイントします。

// Get a reference to the storage service, which is used to create references in your storage bucket
var storage = firebase.storage();

// Create a storage reference from our storage service
var storageRef = storage.ref();

既存の参照で child() メソッドを使用することにより、ツリーの下位('images/space.jpg' など)への参照を作成することができます。

// Create a child reference
var imagesRef = storageRef.child('images');
// imagesRef now points to 'images'

// Child references can also take paths delimited by '/'
var spaceRef = storageRef.child('images/space.jpg');
// spaceRef now points to "images/space.jpg"
// imagesRef still points to "images"

parent プロパティや root プロパティを使用してファイル階層を上に移動することもできます。parent は 1 つ上のレベルに移動し、root は最上位に移動します。

// Parent allows us to move to the parent of a reference
var imagesRef = spaceRef.parent;
// imagesRef now points to 'images'

// Root allows us to move all the way back to the top of our bucket
var rootRef = spaceRef.root;
// rootRef now points to the root

child()parentroot を複数つなげて参照を返すことができます。例外は rootparent で、これは null になります。

// References can be chained together multiple times
var earthRef = spaceRef.parent.child('earth.jpg');
// earthRef points to 'images/earth.jpg'

// nullRef is null, since the parent of root is null
var nullRef = spaceRef.root.parent;

参照のプロパティ

fullPathnamebucket プロパティを使用して参照を調べ、参照がポイントしているファイルを詳しく知ることができます。これらのプロパティは、ファイルの完全なパス、ファイル名、ファイルが格納されているバケットを取得します。

// Reference's path is: 'images/space.jpg'
// This is analogous to a file path on disk
spaceRef.fullPath;

// Reference's name is the last segment of the full path: 'space.jpg'
// This is analogous to the file name
spaceRef.name;

// Reference's bucket is the name of the storage bucket where files are stored
spaceRef.bucket;

参照の制約事項

参照のパスと名前には、有効な Unicode 文字を任意の順序で含めることができますが、次のような一定の制約があります。

  1. UTF-8 でエンコードされる場合は、reference.fullPath の全体の長さを 1~1,024 バイトにする必要があります。
  2. キャリッジ リターン文字またはラインフィード文字は使用できません。
  3. #[]*? の使用は避けてください。これらの文字は、Firebase Realtime Databasegsutil など、他のツールでうまく機能しません。

// Points to the root reference
var storageRef = firebase.storage().ref();

// Points to 'images'
var imagesRef = storageRef.child('images');

// Points to 'images/space.jpg'
// Note that you can use variables to create child values
var fileName = 'space.jpg';
var spaceRef = imagesRef.child(fileName);

// File path is 'images/space.jpg'
var path = spaceRef.fullPath

// File name is 'space.jpg'
var name = spaceRef.name

// Points to 'images'
var imagesRef = spaceRef.parent;

次に、Cloud Storage にファイルをアップロードする方法を学習しましょう。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。