Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

カスタム認証システムを使用してAndroid上のFirebaseで認証する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
ユーザーが正常にサインインしたときにカスタムの署名付きトークンを生成するように認証サーバーを変更することで、Firebase Authentication をカスタム認証システムと統合できます。アプリはこのトークンを受け取り、それを使用して Firebase で認証します。

あなたが始める前に

  1. まだ行っていない場合は、 Firebase を Android プロジェクトに追加します
  2. モジュール (アプリ レベル) の Gradle ファイル(通常は<project>/<app-module>/build.gradle ) で、Firebase Authentication Android ライブラリの依存関係を追加します。ライブラリのバージョン管理には、 Firebase Android BoMを使用することをお勧めします。

    Java

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:31.1.0')
    
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth'
    }
    

    Firebase Android BoMを使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (代替) BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を追加する

    Firebase BoM を使用しないことを選択した場合は、依存関係の行で各 Firebase ライブラリ バージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数のFirebase ライブラリを使用する場合は、BoM を使用してライブラリ バージョンを管理することを強くお勧めします。これにより、すべてのバージョンに互換性が確保されます。

    dependencies {
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth:21.1.0'
    }
    

    Kotlin+KTX

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:31.1.0')
    
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth-ktx'
    }
    

    Firebase Android BoMを使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (代替) BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を追加する

    Firebase BoM を使用しないことを選択した場合は、依存関係の行で各 Firebase ライブラリ バージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数のFirebase ライブラリを使用する場合は、BoM を使用してライブラリ バージョンを管理することを強くお勧めします。これにより、すべてのバージョンに互換性が確保されます。

    dependencies {
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth-ktx:21.1.0'
    }
    
  3. プロジェクトのサーバー キーを取得します。
    1. プロジェクトの設定で [サービス アカウント]ページに移動します。
    2. [ Service Accounts]ページの [ Firebase Admin SDK ] セクションの下部にある [ Generate New Private Key ] をクリックします。
    3. 新しいサービス アカウントの公開鍵と秘密鍵のペアは、コンピューターに自動的に保存されます。このファイルを認証サーバーにコピーします。

Firebase で認証する

  1. サインイン アクティビティのonCreateメソッドで、 FirebaseAuthオブジェクトの共有インスタンスを取得します。

    Java

    private FirebaseAuth mAuth;
    // ...
    // Initialize Firebase Auth
    mAuth = FirebaseAuth.getInstance();

    Kotlin+KTX

    private lateinit var auth: FirebaseAuth
    // ...
    // Initialize Firebase Auth
    auth = Firebase.auth
  2. アクティビティを初期化するときに、ユーザーが現在サインインしているかどうかを確認します。

    Java

    @Override
    public void onStart() {
        super.onStart();
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        FirebaseUser currentUser = mAuth.getCurrentUser();
        updateUI(currentUser);
    }

    Kotlin+KTX

    public override fun onStart() {
        super.onStart()
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        val currentUser = auth.currentUser
        updateUI(currentUser)
    }
  3. ユーザーがアプリにサインインするときに、サインイン資格情報 (ユーザー名とパスワードなど) を認証サーバーに送信します。サーバーは資格情報を確認し、有効な場合はカスタム トークンを返します。
  4. 認証サーバーからカスタム トークンを受け取ったら、それをsignInWithCustomTokenに渡してユーザーをサインインさせます。

    Java

    mAuth.signInWithCustomToken(mCustomToken)
            .addOnCompleteListener(this, new OnCompleteListener<AuthResult>() {
                @Override
                public void onComplete(@NonNull Task<AuthResult> task) {
                    if (task.isSuccessful()) {
                        // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                        Log.d(TAG, "signInWithCustomToken:success");
                        FirebaseUser user = mAuth.getCurrentUser();
                        updateUI(user);
                    } else {
                        // If sign in fails, display a message to the user.
                        Log.w(TAG, "signInWithCustomToken:failure", task.getException());
                        Toast.makeText(CustomAuthActivity.this, "Authentication failed.",
                                Toast.LENGTH_SHORT).show();
                        updateUI(null);
                    }
                }
            });

    Kotlin+KTX

    customToken?.let {
        auth.signInWithCustomToken(it)
                .addOnCompleteListener(this) { task ->
                    if (task.isSuccessful) {
                        // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                        Log.d(TAG, "signInWithCustomToken:success")
                        val user = auth.currentUser
                        updateUI(user)
                    } else {
                        // If sign in fails, display a message to the user.
                        Log.w(TAG, "signInWithCustomToken:failure", task.exception)
                        Toast.makeText(baseContext, "Authentication failed.",
                                Toast.LENGTH_SHORT).show()
                        updateUI(null)
                    }
                }
    }
    サインインが成功すると、 AuthStateListenergetCurrentUserメソッドを使用して、ユーザーのアカウント データを取得できます。

次のステップ

ユーザーが初めてサインインすると、新しいユーザー アカウントが作成され、サインインに使用したユーザーの資格情報 (ユーザー名とパスワード、電話番号、または認証プロバイダー情報) にリンクされます。この新しいアカウントは Firebase プロジェクトの一部として保存され、ユーザーのサインイン方法に関係なく、プロジェクト内のすべてのアプリでユーザーを識別するために使用できます。

  • アプリでは、ユーザーの基本的なプロフィール情報をFirebaseUserオブジェクトから取得できます。ユーザーの管理を参照してください。

  • Firebase Realtime Database と Cloud Storageセキュリティ ルールでは、サインインしているユーザーの一意のユーザー ID をauth変数から取得し、それを使用してユーザーがアクセスできるデータを制御できます。

認証プロバイダーの資格情報を既存のユーザー アカウントにリンクすることで、ユーザーが複数の認証プロバイダーを使用してアプリにサインインできるようにすることができます。

ユーザーをサインアウトするには、 signOutを呼び出します。

Java

FirebaseAuth.getInstance().signOut();

Kotlin+KTX

Firebase.auth.signOut()