2022 年 10 月 18 日に開催される Firebase Summit に、直接会場で、またはオンラインでご参加ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速させ、自信を持ってアプリをリリースし、簡単にスケールする方法をご紹介します。 今すぐ登録

Apple プラットフォームで Facebook ログインを使用して認証する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Facebook ログインまたは Facebook 制限付きログインをアプリに統合することで、ユーザーは Facebook アカウントを使用して Firebase での認証を行えます。

始める前に

Swift Package Manager を使用して Firebase の依存関係のインストールと管理を行います。

  1. Xcode でアプリのプロジェクトを開いたまま、[File] > [Add Packages] の順に移動します。
  2. プロンプトが表示されたら、Firebase Apple プラットフォーム SDK リポジトリを追加します。
  3.   https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk
  4. Firebase Authentication ライブラリを選択します。
  5. 上記の作業が完了すると、Xcode は依存関係の解決とバックグラウンドでのダウンロードを自動的に開始します。

次に、以下の構成手順を行います。

  1. Facebook for Developers サイトで、アプリのアプリ IDアプリ シークレットを取得します。
  2. Facebook ログインを有効にします。
    1. Firebase コンソールで [Authentication] セクションを開きます。
    2. [Sign-in method] タブで [Facebook] を有効にし、Facebook から取得した [アプリ ID] と [アプリ シークレット] を指定します。
    3. 次に、Facebook for Developers サイトの [Product Settings] > [Facebook Login] 構成にある Facebook アプリ設定ページで、OAuth リダイレクト URImy-app-12345.firebaseapp.com/__/auth/handler など)が [OAuth redirect URIs] のうちの一つとしてリストされていることを確認します。

Facebook ログインを実装する

「クラシック」Facebook ログインを使用するには、次の手順を行います。または、Facebook 制限付きログインを使用することもできます。次のセクションをご覧ください。

  1. デベロッパー向けドキュメントに沿って Facebook ログインをアプリに統合します。FBSDKLoginButton オブジェクトを初期化するときに、ログイン イベントとログアウト イベントを受信するようにデリゲートを設定します。次に例を示します。

    Swift

    let loginButton = FBSDKLoginButton()
    loginButton.delegate = self
    

    Objective-C

    FBSDKLoginButton *loginButton = [[FBSDKLoginButton alloc] init];
    loginButton.delegate = self;
    
    デリゲートで didCompleteWithResult:error: を実装します。

    Swift

    func loginButton(_ loginButton: FBSDKLoginButton!, didCompleteWith result: FBSDKLoginManagerLoginResult!, error: Error!) {
      if let error = error {
        print(error.localizedDescription)
        return
      }
      // ...
    }
    

    Objective-C

    - (void)loginButton:(FBSDKLoginButton *)loginButton
        didCompleteWithResult:(FBSDKLoginManagerLoginResult *)result
                        error:(NSError *)error {
      if (error == nil) {
        // ...
      } else {
        NSLog(error.localizedDescription);
      }
    }
    
  2. UIApplicationDelegateFirebaseCore モジュールと、アプリのデリゲートが使用する他の Firebase モジュールをインポートします。たとえば、Cloud Firestore と Authentication を使用するには、次のようにします。

    Swift

    import FirebaseCore
    import FirebaseFirestore
    import FirebaseAuth
    // ...
          

    Objective-C

    @import FirebaseCore;
    @import FirebaseFirestore;
    @import FirebaseAuth;
    // ...
          
  3. FirebaseApp 共有インスタンスを構成します。通常は App のイニシャライザまたはアプリのデリゲートの application(_:didFinishLaunchingWithOptions:) メソッドで構成します。

    Swift

    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];
  4. ユーザーがログインに成功したら、didCompleteWithResult:error: の実装で、ログインしたユーザーのアクセス トークンを取得して Firebase 認証情報と交換します。

    Swift

    let credential = FacebookAuthProvider
      .credential(withAccessToken: AccessToken.current!.tokenString)
    

    Objective-C

    FIRAuthCredential *credential = [FIRFacebookAuthProvider
        credentialWithAccessToken:[FBSDKAccessToken currentAccessToken].tokenString];
    

Facebook 制限付きログインを実装する

「クラシック」Facebook ログインの代わりに Facebook 制限付きログインを使用するには、次の手順を行います。

  1. デベロッパー向けドキュメントに沿って Facebook 制限付きログインをアプリに統合します。
  2. ログイン リクエストごとに一意の文字列「ノンス」を生成します。ノンスは、取得した ID トークンが、アプリの認証リクエストへのレスポンスとして付与されたことを確認するために使用されます。この手順は、リプレイ攻撃の防止に重要です。SecRandomCopyBytes(_:_:_) を使用すると、暗号的に安全なノンスを生成できます。次に例を示します。

    Swift

    // Adapted from https://auth0.com/docs/api-auth/tutorials/nonce#generate-a-cryptographically-random-nonce
    private func randomNonceString(length: Int = 32) -> String {
      precondition(length > 0)
      let charset: [Character] =
        Array("0123456789ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz-._")
      var result = ""
      var remainingLength = length
    
      while remainingLength > 0 {
        let randoms: [UInt8] = (0 ..< 16).map { _ in
          var random: UInt8 = 0
          let errorCode = SecRandomCopyBytes(kSecRandomDefault, 1, &random)
          if errorCode != errSecSuccess {
            fatalError(
              "Unable to generate nonce. SecRandomCopyBytes failed with OSStatus \(errorCode)"
            )
          }
          return random
        }
    
        randoms.forEach { random in
          if remainingLength == 0 {
            return
          }
    
          if random < charset.count {
            result.append(charset[Int(random)])
            remainingLength -= 1
          }
        }
      }
    
      return result
    }
    
            

    Objective-C

    // Adapted from https://auth0.com/docs/api-auth/tutorials/nonce#generate-a-cryptographically-random-nonce
    - (NSString *)randomNonce:(NSInteger)length {
      NSAssert(length > 0, @"Expected nonce to have positive length");
      NSString *characterSet = @"0123456789ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz-._";
      NSMutableString *result = [NSMutableString string];
      NSInteger remainingLength = length;
    
      while (remainingLength > 0) {
        NSMutableArray *randoms = [NSMutableArray arrayWithCapacity:16];
        for (NSInteger i = 0; i < 16; i++) {
          uint8_t random = 0;
          int errorCode = SecRandomCopyBytes(kSecRandomDefault, 1, &random);
          NSAssert(errorCode == errSecSuccess, @"Unable to generate nonce: OSStatus %i", errorCode);
    
          [randoms addObject:@(random)];
        }
    
        for (NSNumber *random in randoms) {
          if (remainingLength == 0) {
            break;
          }
    
          if (random.unsignedIntValue < characterSet.length) {
            unichar character = [characterSet characterAtIndex:random.unsignedIntValue];
            [result appendFormat:@"%C", character];
            remainingLength--;
          }
        }
      }
    
      return [result copy];
    }
            
    ログイン リクエストでノンスの SHA-256 ハッシュを送信します。Facebook は、変更を加えることなく、レスポンスでこのノンスを渡します。Firebase では、元のノンスをハッシュ化し、Facebook から渡された値と比較することで、レスポンスを検証します。

    Swift

    @available(iOS 13, *)
    private func sha256(_ input: String) -> String {
      let inputData = Data(input.utf8)
      let hashedData = SHA256.hash(data: inputData)
      let hashString = hashedData.compactMap {
        String(format: "%02x", $0)
      }.joined()
    
      return hashString
    }
    
            

    Objective-C

    - (NSString *)stringBySha256HashingString:(NSString *)input {
      const char *string = [input UTF8String];
      unsigned char result[CC_SHA256_DIGEST_LENGTH];
      CC_SHA256(string, (CC_LONG)strlen(string), result);
    
      NSMutableString *hashed = [NSMutableString stringWithCapacity:CC_SHA256_DIGEST_LENGTH * 2];
      for (NSInteger i = 0; i < CC_SHA256_DIGEST_LENGTH; i++) {
        [hashed appendFormat:@"%02x", result[i]];
      }
      return hashed;
    }
            
  3. FBSDKLoginButton をセットアップする際に、ログイン イベントとログアウト イベントを受信するようにデリゲートを設定し、トラッキング モードを FBSDKLoginTrackingLimited に設定して、ノンスをアタッチします。次に例を示します。

    Swift

    func setupLoginButton() {
        let nonce = randomNonceString()
        currentNonce = nonce
        loginButton.delegate = self
        loginButton.loginTracking = .limited
        loginButton.nonce = sha256(nonce)
    }
            

    Objective-C

    - (void)setupLoginButton {
      NSString *nonce = [self randomNonce:32];
      self.currentNonce = nonce;
      self.loginButton.delegate = self;
      self.loginButton.loginTracking = FBSDKLoginTrackingLimited
      self.loginButton.nonce = [self stringBySha256HashingString:nonce];
    }
            
    デリゲートで didCompleteWithResult:error: を実装します。

    Swift

    func loginButton(_ loginButton: FBSDKLoginButton!, didCompleteWith result: FBSDKLoginManagerLoginResult!, error: Error!) {
      if let error = error {
        print(error.localizedDescription)
        return
      }
      // ...
    }
            

    Objective-C

    - (void)loginButton:(FBSDKLoginButton *)loginButton
        didCompleteWithResult:(FBSDKLoginManagerLoginResult *)result
                        error:(NSError *)error {
      if (error == nil) {
        // ...
      } else {
        NSLog(error.localizedDescription);
      }
    }
            
  4. UIApplicationDelegateFirebaseCore モジュールと、アプリのデリゲートが使用する他の Firebase モジュールをインポートします。たとえば、Cloud Firestore と Authentication を使用するには、次のようにします。

    Swift

    import FirebaseCore
    import FirebaseFirestore
    import FirebaseAuth
    // ...
          

    Objective-C

    @import FirebaseCore;
    @import FirebaseFirestore;
    @import FirebaseAuth;
    // ...
          
  5. FirebaseApp 共有インスタンスを構成します。通常は App のイニシャライザまたはアプリのデリゲートの application(_:didFinishLaunchingWithOptions:) メソッドで構成します。

    Swift

    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];
  6. ユーザーがログインに成功したら、didCompleteWithResult:error: の実装で、Facebook のレスポンスの ID トークンと、ハッシュ化していないノンスを組み合わせて使用し、Firebase 認証情報を取得します。

    Swift

    // Initialize a Firebase credential.
    let idTokenString = AuthenticationToken.current?.tokenString
    let nonce = currentNonce
    let credential = OAuthProvider.credential(withProviderID: "facebook.com",
                                              idToken: idTokenString!,
                                              rawNonce: nonce)
            

    Objective-C

    // Initialize a Firebase credential.
    NSString *idTokenString = FBSDKAuthenticationToken.currentAuthenticationToken.tokenString;
    NSString *rawNonce = self.currentNonce;
    FIROAuthCredential *credential = [FIROAuthProvider credentialWithProviderID:@"facebook.com"
                                                                        IDToken:idTokenString
                                                                       rawNonce:rawNonce];
            

Firebase で認証する

最後に、Firebase 認証情報を使用して Firebase での認証を行います。

Swift

Auth.auth().signIn(with: credential) { authResult, error in
    if let error = error {
      let authError = error as NSError
      if isMFAEnabled, authError.code == AuthErrorCode.secondFactorRequired.rawValue {
        // The user is a multi-factor user. Second factor challenge is required.
        let resolver = authError
          .userInfo[AuthErrorUserInfoMultiFactorResolverKey] as! MultiFactorResolver
        var displayNameString = ""
        for tmpFactorInfo in resolver.hints {
          displayNameString += tmpFactorInfo.displayName ?? ""
          displayNameString += " "
        }
        self.showTextInputPrompt(
          withMessage: "Select factor to sign in\n\(displayNameString)",
          completionBlock: { userPressedOK, displayName in
            var selectedHint: PhoneMultiFactorInfo?
            for tmpFactorInfo in resolver.hints {
              if displayName == tmpFactorInfo.displayName {
                selectedHint = tmpFactorInfo as? PhoneMultiFactorInfo
              }
            }
            PhoneAuthProvider.provider()
              .verifyPhoneNumber(with: selectedHint!, uiDelegate: nil,
                                 multiFactorSession: resolver
                                   .session) { verificationID, error in
                if error != nil {
                  print(
                    "Multi factor start sign in failed. Error: \(error.debugDescription)"
                  )
                } else {
                  self.showTextInputPrompt(
                    withMessage: "Verification code for \(selectedHint?.displayName ?? "")",
                    completionBlock: { userPressedOK, verificationCode in
                      let credential: PhoneAuthCredential? = PhoneAuthProvider.provider()
                        .credential(withVerificationID: verificationID!,
                                    verificationCode: verificationCode!)
                      let assertion: MultiFactorAssertion? = PhoneMultiFactorGenerator
                        .assertion(with: credential!)
                      resolver.resolveSignIn(with: assertion!) { authResult, error in
                        if error != nil {
                          print(
                            "Multi factor finanlize sign in failed. Error: \(error.debugDescription)"
                          )
                        } else {
                          self.navigationController?.popViewController(animated: true)
                        }
                      }
                    }
                  )
                }
              }
          }
        )
      } else {
        self.showMessagePrompt(error.localizedDescription)
        return
      }
      // ...
      return
    }
    // User is signed in
    // ...
}
    

Objective-C

[[FIRAuth auth] signInWithCredential:credential
                          completion:^(FIRAuthDataResult * _Nullable authResult,
                                       NSError * _Nullable error) {
    if (isMFAEnabled && error && error.code == FIRAuthErrorCodeSecondFactorRequired) {
      FIRMultiFactorResolver *resolver = error.userInfo[FIRAuthErrorUserInfoMultiFactorResolverKey];
      NSMutableString *displayNameString = [NSMutableString string];
      for (FIRMultiFactorInfo *tmpFactorInfo in resolver.hints) {
        [displayNameString appendString:tmpFactorInfo.displayName];
        [displayNameString appendString:@" "];
      }
      [self showTextInputPromptWithMessage:[NSString stringWithFormat:@"Select factor to sign in\n%@", displayNameString]
                           completionBlock:^(BOOL userPressedOK, NSString *_Nullable displayName) {
       FIRPhoneMultiFactorInfo* selectedHint;
       for (FIRMultiFactorInfo *tmpFactorInfo in resolver.hints) {
         if ([displayName isEqualToString:tmpFactorInfo.displayName]) {
           selectedHint = (FIRPhoneMultiFactorInfo *)tmpFactorInfo;
         }
       }
       [FIRPhoneAuthProvider.provider
        verifyPhoneNumberWithMultiFactorInfo:selectedHint
        UIDelegate:nil
        multiFactorSession:resolver.session
        completion:^(NSString * _Nullable verificationID, NSError * _Nullable error) {
          if (error) {
            [self showMessagePrompt:error.localizedDescription];
          } else {
            [self showTextInputPromptWithMessage:[NSString stringWithFormat:@"Verification code for %@", selectedHint.displayName]
                                 completionBlock:^(BOOL userPressedOK, NSString *_Nullable verificationCode) {
             FIRPhoneAuthCredential *credential =
                 [[FIRPhoneAuthProvider provider] credentialWithVerificationID:verificationID
                                                              verificationCode:verificationCode];
             FIRMultiFactorAssertion *assertion = [FIRPhoneMultiFactorGenerator assertionWithCredential:credential];
             [resolver resolveSignInWithAssertion:assertion completion:^(FIRAuthDataResult * _Nullable authResult, NSError * _Nullable error) {
               if (error) {
                 [self showMessagePrompt:error.localizedDescription];
               } else {
                 NSLog(@"Multi factor finanlize sign in succeeded.");
               }
             }];
           }];
          }
        }];
     }];
    }
  else if (error) {
    // ...
    return;
  }
  // User successfully signed in. Get user data from the FIRUser object
  if (authResult == nil) { return; }
  FIRUser *user = authResult.user;
  // ...
}];
    

次のステップ

ユーザーが初めてログインすると、新しいユーザー アカウントが作成され、ユーザーがログインに使用した認証情報(ユーザー名とパスワード、電話番号、または認証プロバイダ情報)にアカウントがリンクされます。この新しいアカウントは Firebase プロジェクトの一部として保存され、ユーザーのログイン方法にかかわらず、プロジェクトのすべてのアプリでユーザーを識別するために使用できます。

  • アプリでは、FIRUser オブジェクトからユーザーの基本的なプロフィール情報を取得できます。ユーザーを管理するをご覧ください。

  • Firebase Realtime Database と Cloud Storage のセキュリティ ルールでは、ログイン済みユーザーの一意のユーザー ID を auth 変数から取得し、それを使用して、ユーザーがアクセスできるデータを管理できます。

既存のユーザー アカウントに認証プロバイダの認証情報をリンクすることで、ユーザーは複数の認証プロバイダを使用してアプリにログインできるようになります。

ユーザーのログアウトを行うには、signOut: を呼び出します。

Swift

    let firebaseAuth = Auth.auth()
do {
  try firebaseAuth.signOut()
} catch let signOutError as NSError {
  print("Error signing out: %@", signOutError)
}
  

Objective-C

    NSError *signOutError;
BOOL status = [[FIRAuth auth] signOut:&signOutError];
if (!status) {
  NSLog(@"Error signing out: %@", signOutError);
  return;
}

さまざまな認証エラーに対応できるようにエラー処理コードを追加することもできます。エラーの処理をご覧ください。