Firebase Hosting を使ってみる

サイトの静的アセット(HTML、CSS、JavaScript など)のデプロイとホストを、本番環境レベルのホスティング サービスで簡単に行うことができます。すべてのコンテンツは HTTPS 経由で配信され、グローバル CDN を基盤としています。

Firebase Hosting を使用するには、Firebase プロジェクトが作成されていて、プロジェクトの Firebase Hosting ページで [使ってみる] ウィザード完了していることを確認します。

Firebase CLI をインストールする

Firebase CLI(コマンドライン インターフェース)には Node.jsnpm が必要です。どちらも https://nodejs.org/ に記載されている手順に沿ってインストールできます。Node.js をインストールすると npm もインストールされます。

Node.js と npm をインストールしたら、npm を使用して Firebase CLI をインストールします。

npm install -g firebase-tools

これにより、グローバルに使用できる firebase コマンドがインストールされます。同じコマンドを再実行するだけで、最新バージョンに更新できます。

Firebase プロジェクトにアクセスする

ローカルマシンを Firebase アカウントに接続し、Firebase プロジェクトへのアクセスを取得するには、次のコマンドを実行します。

firebase login

サイトを初期化する

プロジェクトのディレクトリのルートから、次のコマンドを実行します。

firebase init

firebase init コマンドを実行すると、プロジェクト ディレクトリのルートに firebase.json 構成ファイルが作成されます。このファイルについて詳しくは、このガイドのホスティング動作のカスタマイズのセクションをご覧ください。

公開ルート ディレクトリを選択する

サイトを初期化すると、公開ルートとして使用するディレクトリの入力が求められます(デフォルトは "public" です)。その時点で公開ルート ディレクトリに有効な index.html ファイルがない場合、自動的にファイルが作成されます。

サイトをデプロイする

サイトをデプロイするには、プロジェクトのルート ディレクトリから次のコマンドを実行します。

firebase deploy

コンテンツは、Firebase プロジェクトのデフォルトの Hosting サイト firebase-project-name.firebaseapp.com にデプロイされます。

次のステップ

これでサイトを公開する準備が整いました。ホスティング動作をカスタマイズする方法やカスタム ドメインに接続する方法を学習します。また、Firebase CLI のすべてのマニュアルを参照します。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。