ウェブで使ってみる

Firebase Storage では、ユーザーが生成した画像や動画などのコンテンツをアップロードして共有できるため、リッチメディア コンテンツをアプリ内に構築することができます。Firebase Storage はこのデータを Google Cloud Storage バケットに格納します。これはペタバイト スケールのオブジェクト ストレージ ソリューションで、高い可用性とグローバルな冗長性を備えます。Firebase Storage を使うと、モバイル端末やウェブブラウザから直接ファイルを安全にアップロードすることができ、不安定なネットワークからでも簡単に操作できます。

事前準備

  1. アプリに Firebase SDK を追加して設定します。

Firebase Storage を設定する

バケットを Firebase SDK の構成に追加する必要があります。

ファイル ビューアのヘッダーで、Firebase console の [Storage] ページの [FILES] タブの下にある Storage バケット URL が必要です。次に、storageBucket 属性を config オブジェクトに追加します。

  // Set the configuration for your app
  // TODO: Replace with your project's config object
  var config = {
    apiKey: '<your-api-key>',
    authDomain: '<your-auth-domain>',
    databaseURL: '<your-database-url>',
    storageBucket: '<your-storage-bucket>'
  };
  firebase.initializeApp(config);

  // Get a reference to the storage service, which is used to create references in your storage bucket
  var storage = firebase.storage();

これで Firebase Storage を使えるようになりました。最初に、Firebase Storage の参照を作成する方法を学習しましょう。

フィードバックを送信...