Unity でパスワード ベースのアカウントを使用して Firebase 認証を行う

Firebase Authentication を使用することで、ユーザーが Firebase での認証にメールアドレスとパスワードを使用できるようにし、アプリのパスワード ベースのアカウントを管理できます。

始める前に

Firebase Authentication を使用するには、次の作業が必要です。

  • Firebase を使用するように Unity プロジェクトを登録して構成する。

    • Unity プロジェクトですでに Firebase を使用している場合、この登録と構成はすでに行われています。

    • Unity プロジェクトがない場合は、サンプルアプリをダウンロードできます。

  • Unity プロジェクトに Firebase Unity SDK(具体的には FirebaseAuth.unitypackage)を追加する。

Firebase を Unity プロジェクトに追加するには、Firebase コンソールと開いている Unity プロジェクトの両方でタスクを行う必要があります(コンソールから Firebase 構成ファイルをダウンロードし、それを Unity プロジェクトに移動するなど)。

Firebase.Auth.FirebaseAuth クラスにアクセスする

すべての API 呼び出しは FirebaseAuth クラスを使用して行われます。このクラスには、FirebaseAuth.DefaultInstance を通じてアクセスできます。
Firebase.Auth.FirebaseAuth auth = Firebase.Auth.FirebaseAuth.DefaultInstance;

パスワード ベースのアカウントを作成する

パスワードを使用して新しいユーザー アカウントを作成するには、アプリのログインコードで次の手順に沿って操作します。

  1. 新しいユーザーがアプリの登録フォームを使用して登録したら、アプリで必要な新しいアカウントの検証手順(新しいアカウントのパスワードが正しく入力されていることや、パスワードの複雑さの要件を満たしていることの確認など)を行います。
  2. 新しいユーザーのメールアドレスとパスワードを FirebaseAuth.CreateUserWithEmailAndPassword に渡して、新しいアカウントを作成します。
    auth.CreateUserWithEmailAndPasswordAsync(email, password).ContinueWith(task => {
      if (task.IsCanceled) {
        Debug.LogError("CreateUserWithEmailAndPasswordAsync was canceled.");
        return;
      }
      if (task.IsFaulted) {
        Debug.LogError("CreateUserWithEmailAndPasswordAsync encountered an error: " + task.Exception);
        return;
      }
    
      // Firebase user has been created.
      Firebase.Auth.FirebaseUser newUser = task.Result;
      Debug.LogFormat("Firebase user created successfully: {0} ({1})",
          newUser.DisplayName, newUser.UserId);
    });
    

メールアドレスとパスワードを使用してユーザーのログインを行う

パスワードを使用したユーザーのログイン手順は、新しいアカウントの作成手順と似ています。アプリのログイン機能で、次の手順に沿って操作します。

  1. ユーザーがアプリにログインしたら、そのユーザーのメールアドレスとパスワードを FirebaseAuth.SignInWithEmailAndPassword に渡します。
    auth.SignInWithEmailAndPasswordAsync(email, password).ContinueWith(task => {
      if (task.IsCanceled) {
        Debug.LogError("SignInWithEmailAndPasswordAsync was canceled.");
        return;
      }
      if (task.IsFaulted) {
        Debug.LogError("SignInWithEmailAndPasswordAsync encountered an error: " + task.Exception);
        return;
      }
    
      Firebase.Auth.FirebaseUser newUser = task.Result;
      Debug.LogFormat("User signed in successfully: {0} ({1})",
          newUser.DisplayName, newUser.UserId);
    });
    
  2. また他のワークフローと同様に、認証情報を作成してログインを行うこともできます。
    Firebase.Auth.Credential credential =
        Firebase.Auth.EmailAuthProvider.GetCredential(email, password);
    auth.SignInWithCredentialAsync(credential).ContinueWith(task => {
      if (task.IsCanceled) {
        Debug.LogError("SignInWithCredentialAsync was canceled.");
        return;
      }
      if (task.IsFaulted) {
        Debug.LogError("SignInWithCredentialAsync encountered an error: " + task.Exception);
        return;
      }
    
      Firebase.Auth.FirebaseUser newUser = task.Result;
      Debug.LogFormat("User signed in successfully: {0} ({1})",
          newUser.DisplayName, newUser.UserId);
    });
    

次のステップ

ユーザーが初めてログインすると、新しいユーザー アカウントが作成され、ユーザーがログインに使用した認証情報(ユーザー名とパスワード、電話番号、または認証プロバイダ情報)にアカウントがリンクされます。この新しいアカウントは Firebase プロジェクトの一部として保存され、ユーザーのログイン方法にかかわらず、プロジェクトのすべてのアプリでユーザーを識別するために使用できます。

  • アプリでは、Firebase.Auth.FirebaseUser オブジェクトからユーザーの基本的なプロフィール情報を取得できます。

    Firebase.Auth.FirebaseUser user = auth.CurrentUser;
    if (user != null) {
      string name = user.DisplayName;
      string email = user.Email;
      System.Uri photo_url = user.PhotoUrl;
      // The user's Id, unique to the Firebase project.
      // Do NOT use this value to authenticate with your backend server, if you
      // have one; use User.TokenAsync() instead.
      string uid = user.UserId;
    }
    
  • Firebase Realtime Database と Cloud Storage のセキュリティ ルールでは、ログイン済みユーザーの一意のユーザー ID を auth 変数から取得し、それを使用してどのデータをユーザーからアクセス可能にするかを制御できます。

既存のユーザー アカウントに認証プロバイダの認証情報をリンクすることで、ユーザーが複数の認証プロバイダを使用してアプリにログインできるようになります。

ユーザーのログアウトを行うには、SignOut() を呼び出します。

auth.SignOut();

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。