サイトをデプロイする

Firebase Hosting では、高速で安全性と信頼性の高い方法で、アプリの静的アセット(HTML、CSS、JavaScript、メディア ファイルなど)をホストできます。本番環境レベルのホスティングはグローバル CDN を基盤としており、コンテンツはデフォルトで SSL 経由で提供され、独自のカスタム ドメインと firebaseapp.com のサブドメインのどちらでも利用できます。

始める

Firebase Hosting を使用するには、プロジェクトの [Firebase Hosting] ページを開き、[使ってみる] をクリックします。

次に、Firebase CLI(コマンドライン ツール)をインストールして、サイトを初期化してデプロイできるようにします。

Firebase CLI をインストールする

Firebase CLI(コマンドライン インターフェース)には Node.jsnpm が必要です。どちらも https://nodejs.org/ に記載されている手順に沿ってインストールできます。Node.js をインストールすると npm もインストールされます。

Node.js と npm をインストールしたら、npm を使用して Firebase CLI をインストールします。

npm install -g firebase-tools

これにより、グローバルに使用できる firebase コマンドがインストールされます。同じコマンドを再実行するだけで、最新バージョンに更新できます。

Firebase プロジェクトにアクセスする

ローカルマシンを Firebase アカウントに接続し、Firebase プロジェクトへのアクセスを取得するには、次のコマンドを実行します。

firebase login

サイトを初期化する

プロジェクトのディレクトリのルートから、次のコマンドを実行します。

firebase init

firebase init コマンドを実行すると、プロジェクト ディレクトリのルートに firebase.json 構成ファイルが作成されます。このファイルは、CLI を使用してサイトをデプロイするために必要です。firebase.json ファイルで Hosting の構成をカスタマイズできます。

サイトをデプロイする

サイトをデプロイするには、プロジェクトのルート ディレクトリから次のコマンドを実行します。

firebase deploy

このコマンドは、Firebase プロジェクトのデフォルトの Hosting サイト firebase-project-name.firebaseapp.com と、Hosting サイトに接続された任意のカスタム ドメインにリリースをデプロイします。

デプロイの管理とロールバック

プロジェクトの [ホスティング] ページで、デプロイのすべての履歴を見ることができます。Hosting サイトが複数ある場合は、目的のサイトの [表示] をクリックして、デプロイ履歴を表示します。

前回のデプロイにロールバックするには、リストで該当するエントリにカーソルを合わせてオーバーフロー メニュー アイコンをクリックし、[ロールバック] をクリックします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。